今日の一言 過去ログ

2010年のログです。

歴史の中に存在すること (2010年12月31日)

時間的余裕があったので、数学的には縁か所縁があるかも知れない人たちのお墓(古墳)を見学してきました。埋葬された人たちの名前すら知りませんが、彼らは歴史のどこかに必ず存在していたはずです。現代に生きる私たちもきっと千年後には名前すら忘れられているでしょう。でも、私たちも彼らと同様に歴史の中のどこかに確かに存在しています。

このように考えているので「後世に金を残さねばならない」とは思ってないし「名を残さねばならない」とも思っていません。でも、「人を残したい」とは思ってます。遺伝子を残すという意味ではなく、私の価値観と共通する何かを知る人たちが存在し続けてほしいと思ってます。

みなさまもどうぞよいお年を。

もういくつ寝るとお正月♪お正月には餅たべて♪ (2010年12月31日)

「常識で考えれば事故は防げるはずだ」と批判するだけで事故を予防できるなら、いくらでも批判だけします。でも現実的には、常識に欠ける人たちが後を絶ちません。だから、常識に欠けることを批判するだけでなく、常識を広く啓蒙したりフェールセーフを講じることが必要になります。

コンニャクゼリーについてもフェールセーフが有効だと考えてます。ただし、それはコンニャクゼリーの存在意義を失わせない範囲でなければなりません(自動車事故を予防するためにエンジンを取り外すのは自動車の存在意義を失わせます)。コンニャクゼリーのサイズが大きくなる分には構わないと考えてます。

また、お餅についても多くの事故が発生しているので何らかの規制が必要だと思います。「コンニャクゼリーと違ってお餅は常識的に危険性が十分に知られている」というのは昔の話です。今では、常識に欠ける人たちの比率が増えてます。

武術における『隙』とは何か? (2010年12月28日)

「隙」の定義〜武術関係者必読というお題があったので、ざっと考えてみました。

一般に『隙』とは何か?

まずは『隙』を一般化してみます。武術に限定せずとも、アクションゲーム(テレビゲームや子供の遊びなど)やスポーツ(格闘技だけでなく球技など)にも『隙』の概念があります。動的なものだけでなくシミュレーションゲームや軍事や企業戦略などにも『隙』の概念はあります。そもそも相手が人間であるとは限らないです(動物かもしれないし組織かもしれないし機械的あるいは論理的なプログラムかもしれないです)。

このように考えると、『隙』とは「阻止システムが適切に対応しない状態」であると思います。

『隙』の構造

『隙』には以下の3段階があると思います。

武術にフィードバック

これを武術にフィードバックしてみると以下のようになります。

武術における『隙』の多くは、最後の「身体パーツが素早く反応しない状態」を指し示していることが多いように思います。具体的には、過大に重い武器を持っている状態や、ダメージや疲労によって必要な筋力が足りない場合や、適切な構えでないので素早く対応できない状態(逆に言えば、構えとは素早く対応するための体勢です)や、身体パーツの慣性あるいは慣性モーメントが多大であって筋力や重力によって適切にベクトルの向きや速さを変化させることができない状態や、身体パーツの剛性が高いので適切に変形させることができない状態などです。

このように考えれば、「対人格闘ロボットに『隙』を狙わせるにはどうしたらいいか?」だけでなく「対人格闘ロボットに『隙』を持たせるにはどうしたらいいか?」にまで回答することができそうです。< というか、格闘ゲームでは人工的な『隙』が既にプログラムされてます。

まとめ

『隙』を具体的に定義するのは複雑すぎて困難です。「『隙』の概念は抽象的なものであり、さまざまな形で出現する」と考えればいいと思います。

また詰まらぬモノを折ってしまった (2010年12月28日)

私の価値観を理解してない女性から恋されるのは、ちょっと面倒くさいです。そして、その女性を好きな男性に嫉妬されたくもないし嫉妬させたくもないです。だからフラグはさっさと折ってます(簡単な方法は私の価値観を理解させるように誘導です)。良いお友達でありたいものです。

週末はずっとゲームしてたmemo < で、大掃除と年賀状は? (2010年12月28日)

土曜日は「まーぶるまっどねす」セッションです。必ずしもゲームに限定されませんが(旅行や食事や雑談などなど)このメンバーとはもう二十年以上も交友が続いてます。たぶん数十年後も続いているでしょう。『AD&D2』『アクワイア』など。

日曜日は「バンガードミッション」特例会です。『もっとホイップを』、『おばけカボチャ』、『アクワイア』(3回)、『世界の七不思議』(2回)、『ふぃぶふぁぶ』、『ギフトトラップ』、『スニーク&スニッキーズ』、『オイルマネー』など。

ラーメンの評価基準を自覚すること (2010年12月20日)

ラーメンの評価基準は人によって様々だと思います。値段にかかわらず味が良いか否かだけで評価する人もいれば、コストパフォーマンスを重視する人もいます。待ち時間や雰囲気や交通の便まで考慮する人もいるでしょう。

ここで、ラーメン屋Aではラーメンが500円で、ラーメン屋Bではラーメンが800円とします。もちろん、AのラーメンよりBのラーメンの方が質&量ともに優れてます。でも、Aのラーメンに300円分のトッピングを追加するとBのラーメンより質&量ともに優れます。

あなたは審査員です。待ち時間や雰囲気などの店舗側条件は全く互角であったとして、どちらのラーメン屋のラーメンをより高い評価としますか?

私だったらAをより高く評価します。だって、昼食のラーメンに800円も出すつもりないですから。

ラーメンの待ち時間などに考えてみてください。自分の評価基準を自覚することはきっと有意義なことだと思います。

信号無視における政治決断 (2010年12月20日)

赤信号の交差点をあちら側に渡った幼児がいたとします。その幼児を叱ることは必要ですが、赤信号中にこちら側に呼び戻すのは危険なことです。そして、幼児を戻らせる意見と戻させない意見との間をとって、幼児を交差点のど真ん中で待たせることにするのはもっと危険なことです。

最善策でなくともいったん選択した以上は(よほどの理由がない限り)ブレさせるべきではありません。

政治決断とは、誰かが必ず損害を被る問題において誰にどの程度の損害を割り当てるか決断することです。そして、必ず損害を被った誰かから厳しく批判されます。でも、当事者らからの批判を抑えるために中途半端に妥協すると「交差点の真ん中で待たせる」のような結果になることがあります。

バンガードミッション@杜のホールはしもと (2010年12月20日)

19日(日)は「杜のホールはしもと」でボードゲームサークル「バンガードミッション」の月例会(要するに、不特定多数が適当に集まって朝から夜までボードゲームに興じる会)を催してきました。今日の参加者は31人でした。みなさま、おつかれさまでした。またよろしくです。

命の価値と命の価格 (2010年12月18日)

残念ながら今の日本社会は「人命は地球よりも重い」と言う余裕などありません。ものすごく勇気がいることかも知れませんが、命の価値と命の価格に正面から向き合わなければなりません。

例えば「高価格で高効果の医療」だけでなく「低価格で中効果の医療」を併用して役割分担することで、医療抑制を防ぐだけでなく医者の機会費用を効率化できます。結果的により多くの人命を助けることができると考えます。

会話するときは会話がメインに (2010年12月18日)

スカイプ用デバイスもあえて大きなものを用いてます。昨今のヘッドセットのようにハンズフリーとはいきませんが、「話している」という気分を実感することができます。他の作業を並行させるにしても「ながら会話」ではなく「会話しながら」でありたいです。実際に使うことは少ないかも知れませんが、コンタクト追加(the_arai)しておいて下さるとありがたいです。

座って半畳、寝て一畳 (2010年12月18日)

先日に買い換えたケータイ『Type-X』は昨今の機種としてはかなり大型のものです。しかし実際に通話してみると、このサイズはとても使いやすいです。技術が進化しても人間のサイズはそう変わらないのです。

余談ですが、ケータイの裏蓋を黒のものに買い換えました。雰囲気が落ち着いただけでなく、使用時に滑りにくくなりました(Type-Xの黒モデルだけは表面塗装が異なっているのです)。

愛、叫んでますか? (2010年12月18日)

世界の中心を決めることは、球体の表面のいずこが中心であるかを決めるようなものです(基準にした場所が中心になります)。だから、世界の中心で愛を叫ぶのは簡単です。叫んだ場所を世界の中心とすればいいのです。

キミの物語の中ではキミが主人公です。

包丁規制 (2010年12月18日)

取手駅の刃傷事件の凶器は「包丁」であったように、日本における刃傷沙汰の大多数が「包丁」によるものです。

ロジックとしては「刃物があるから刃傷事件が発生する」ではなく「刃傷事件を起こすときに刃物が用いられる」です。例外は、試し斬りを目的とする辻斬りぐらいです。だから、刀剣類が所持規制されたところで刃傷事件はほとんど減りません。ただ、刀剣以外の刃物(包丁など)が用いられるだけです。もし「刃物があるから」が正しいのであれば包丁を所持規制しなければならなくなります。

義務あることを行わせる (2010年12月18日)

害意を告げて「法律をちゃんと守れ」と政治家や公務員に要求した場合は、脅迫罪(刑222)は成立するにしても果たして強要罪(刑223)は成立するだろうか?

社会のフェールセーフ (2010年12月18日)

なにかトラブルが発生したときに根拠もなく全てを個人の責任にしたりあるいは全てを社会の責任にするのは不適切です。特に、社会的責任を負う者はこれらの割合をしっかり見定めなければなりません。

交通事故が発生するたびに「不注意な運転者に全責任がある」で処理していると、いつまでたっても犠牲者はたいして減りません。犠牲者を効率的に減らすためには、フェールセーフを講じたり、交通システムを改善する必要もあります。

事件が発生したときに「犯人が悪い」だけで処理するのも同様です。犯行が発生したときに被害が少なくなるようあらかじめ講じたり、そもそも犯罪が発生しにくいような社会を作っていく必要があります(もちろん、すべて社会が悪いと主張するのも不適切です)。< ぶっちゃけて言えば、景気がよくなれば通り魔は減ります。

求人が多い状況においては、頑張ればほぼ必ず就職できました。しかし、求人が少ない状況においては、頑張っても就職できるとは限りません。状況の違いを無視して「頑張れば就職できる」と言うのは、個々人が言う分には激励になりえますが、社会的責任がある立場にいる者が言うべき台詞ではありません。

牧場の冬 (2010年12月18日)

奴隷制度があった時代には人間の交配が行われていただろうと思ってます。現代日本であっても、移植用臓器の為の妊娠ぐらいならひそかに行われているかもしれません。もしかしたら奥地や離島などにはまだ一般に知られていない民俗的風習が残っているかもしれません。「ありえない」と信じる根拠がない限り、どんなことでもありえると思ってます。

四次元ポケットが欲しい (2010年12月18日)

人は服を着ることで有袋類になれます。武器を手にすれば猛獣にもなれます。アクアラングを装備すれば水棲生物にもなれます。人間はオプション選択次第でさまざまな生物になれます。

【M01】not Code but Chord. (2010年12月17日)

空いた時間にDS用シンセ『KORG M01』(detune)で遊んでます。マニュアルや解説動画を参照しながらなんとか全機能を一通り試してみました。

カオスパッドというものに初めて触れましたが、なかなか面白いです。喩えればアナログ鍵盤とでもいいましょうか。タッチパッドの叩く位置が左側ほど低い音が、右側ほど高い音が鳴ります。パッドの上側ほど長い音が、下側ほど短い音になります。またパーカッションモードだと、左側ほど単調なリズムが、右側ほど複雑なリズムになり、上側ほど激しいリズムになり、下側ほど穏やかなリズムになります。頭の中で数式が乱舞している気分になれます。

まともに作曲の経験があるわけでもないので、適当に楽譜から打ち込むことにしました。もっとも、たいした楽譜なんて持っておりません。

ふと、アルバム『微少女宇宙(松永夏代子/1986年)』の楽譜集(数十部限定の非売品らしい?)を当時に関係者から頂いたことを思い出し、ストックから引っ張り出しました。コードの解説を参照しながら『天使の休日』(作曲・小室哲哉)を頑張って打ち込みました。いろいろな楽器で演奏させてます。

コードとは「Code(文字符号)」ではなく「Chord(和音)」だと知ったばかりの近況です。さすがに「Cord(ケーブル)」ではないとは知ってましたが…(笑) < 若い頃はずっと音楽や芸能を捨ててたんだってばささ。だから、パーカス以外は本当にド素人ですがなにか?

「初心者がもっとも愉しい時期」を堪能してます。

『境界のRINNE(6巻)』(高橋留美子/小学館) (2010年12月17日)

『境界のRINNE(6巻)』(高橋留美子/小学館)が発売されました。第49話「聖石の呪い」から第58話「裁きの輪」まで掲載されてます。

『境界のRINNE』は女性レギュラーが必要最小限しかおりません。作品解説などを見ても分かるように、あえて非ラブコメを志向した作品になってます。

女性レギュラーが少ない代わりに女性ゲストは豊富です。女性ゲストはそれぞれの属性を持つ一般人ですが、キャラデザ的にはレギュラーであってもおかしくないレベルばかりです。

第6巻では、優木ナオミ(生徒会長)の伯母で故人のラン子(昭和不良)が、なかなかユニークだと思います。

アニメ化はまだまだ先でしょうが、のんびり待ちたいと思ってます。私にとって1年や2年などは既に誤差の範囲です。

むしろ食べる季節の問題かと (2010年12月17日)

夏野菜カレーは辛口がいい。冬野菜カレーは甘口がいい。

【都条例】その他の論点について (2010年12月16日)

文章を簡略化するために、「刑罰法規に触れるあるいは婚姻を禁止されている近親者間における性交もしくは性交類似行為が不当に賛美し又は誇張するように描写された作品」を鉤括弧付で【作品】と表記します。

【都条例】意見を理解(not支持)しあうこと (2010年12月16日)

この日記の主張は「議論の当事者にならなければ納得できないのは当たり前」です。これを「改正青少年健全育成条例」問題に適用してみます。

例えばこんな話

ある町で大手チェーンが激安販売を仕掛けたので、地元の商店は経営危機に陥りました。住民たちは大手チェーンを批判し、政治家は大手チェーンに激安販売をやめるように指導しました。そして、激安商品を入手できなくなった住民たちは政治家を批判し始めました。

この問題の最善解はおそらく「ほどほどの値段で共存する」です。そして、共存を図ると共倒れになる場合や利害調整できなかった場合には「いずれか片方を犠牲にする」が選択可能な最善解になります。

誰もが妥協できる解が常に存在するとは限りませんが、その解を求めようとしないのは悲劇的です。だからこそ、双方は自分の意見を公開するだけでなく相手に通知したり、相手の意見を理解(not支持)することが必要になります。いきなり第三者に仲裁を任せるといつまでもたっても納得も妥協もできず結果的に共存の道が閉ざされがちです。

昨日の「規制範囲を明確にすべき」に適用

このロジックを昨日の「規制範囲を明確にすべき」に適用すると以下の構図が見えてきます。

双方とも「そうは見えないらしい」な状態の人が多いです。自分の意見を主張するだけで相手の意見を理解(not支持)しなければ、いつまでたっても納得できる利害調整はできません。規制賛成者は恣意的運用による影響がどのようなものかを理解すべきだし、規制反対者は現場での影響がどのようなものか理解すべきです。

たしかに、プラス面もマイナス面もいずれも数値的に立証できるものではないので、相手に納得させるのは困難でしょう。それでも、この努力をすることで対立構造を緩和しより具体的な基準を作成することに近づけます。方法の違いはあれど、私たちの住むこの社会を少しでも良いものにするために相互理解が大切です。

【都条例】規制範囲を明確にすべき (2010年12月15日)

先に書いておきますが、私は「頒布規制の目的は支持するが、明確な基準なき頒布規制には反対」の立場です。

さて、いかなる自由も公共の福祉に著しく反するのであれば権利として認めるべきではありません。だから「創作物に関する諸行為のどれがどれだけ公共の福祉に反するかあるいは反しないか」を具体的に考えなければなりません。

表現の自由と公共の福祉

実写と異なりマンガ&アニメにおいては撮影対象となる青少年は実在しません(ただしモデルが実在する場合は実写に準ずるものとして考えます)。すなわち創作段階においては公共の福祉に反するとは言えませんので、公共の福祉を理由として表現の自由を制限するのは不当でしょう。「改正青少年健全育成条例」が創作そのものを禁じてないのは正当だと思います。

頒布の自由と公共の福祉

頒布段階においては実写であろうとマンガ&アニメであろうと同じタイプの影響を及ぼします(実写の影響力の方がより大きいです)。この影響には「ガス抜きによって違法な性行為が減少するプラス面」と「偏った知識によって違法な性行為が増加するマイナス面」があります。このマイナス面は有意に大きいので、適切な頒布規制は正当だと思います。 < ついでに言えば、同様にプラス面も有意に大きいです。

青少年への頒布にはプラス面だけでなくマイナス面もあるのですから、利害調整によって規制範囲を具体的に定める必要があります(余談だけど、実写はより厳しく定めるべき)。もしも規制範囲を具体的に定められなければ、ザル法となるかあるいは過剰規制になるだけでなく将来の恣意的な運用を招きかねません。 < ちなみに、具体的基準はやや緩めに作成する必要があります。なぜならば、将来にこの基準を適正に緩めるのはあまりに困難だからです(要するに、ガス抜き効果を立証するのはあまりに困難だからです)。

賛成者と反対者

この「青少年健全育成条例改正案」の賛成派は、現場の保護者や教育者だけではありません(もちろん彼らの中には彼らの利権のために賛成している人たちもいるでしょう。都知事さんはまた別の理由だろうけど)。彼らは「オタク」レッテルを利用して主権者や政治家に頒布規制をアピールしています。具体的なマイナス面しか想像できない主権者も少なからずいるでしょう。

一方、反対派は直接に経済的不利益を被るマンガ出版業界です。そして、出版業界が「改正案は頒布の規制ではなく表現の規制だ」と誇張して創作者らを煽る構図になってます。< だから創作者たちは実際の改正案の条文を読んで自分で判断しなければなりません。もちろん、読んだ上で頒布規制に反対するのは正当なことだと思いますし、具体的基準を定めて頒布規制に賛成するのも正当なことだと思います。

なお、賛成派も反対派も具体的基準を作成することには消極的でした。双方とも過剰に危機感を煽ることでそれぞれの支持者を得ていたからです。結果的にザル法あるいは過剰規制のリスクだけでなく将来の恣意的運用を招きかねなくなったことは、すべての国民が覚悟しておくべきでしょう。

双子座流星拳 (2010年12月15日)

男には自分のセカイがあります。喩えるなら空を翔る一筋の流れ星です。でも、短く燃え尽きる夜に男は星屑に変わります。私には見えないけど、たくさんの流星が降り注いでます。< …というか寒いのですぐに戻ってきた。

ほっとりんご (2010年12月14日)

寒い時期には焼きリンゴにもします。手抜くならレンジ加熱です。しんなり熱々が美味しいです。蜂蜜か楓蜜か桂皮で食べます。たまにバターでも食べます。お試しあれ。

灼熱の感情と冷静な理性 (2010年12月13日)

正負いずれの感情もエネルギーになります。だから、むやみに発散させず効果的に使いたいです。それが「感情を隠すことは感情を持つことと同様に大事なことだ」と私が思う理由です。

たまには日記っぽい日記など (2010年12月12日)

今朝は寒かったので、新しいダッフルコート『Classic512』(Gloverall)を下ろしました。遊びの日には、こういう若向きのデザインもなかなか良いものです。起毛仕上げの厚手のメルトン生地が寒風から体を守ってくれます。防寒服は人工臓器(皮膚あるいは毛皮)であると実感できます。

電車の中で新しいケータイをいじってました。ふとこの機種ならmixiできることを思い出しました(以前の機種ではmixiできない仕様だったのです)。これで外出先からもコミュ管理できます。地域コミュ(相模原市民コミュ)の管理人などしてますが、最近は近隣に悪質な荒らしがトピ立てしまくっているのでちょっと警戒しています。

東急ハンズでお買い物しました。主に文房具コーナーを物色してました。ついでに言えば、またサイコロが増えました。

お茶の水駅から湯島天神など見学しつつ秋葉原まで歩きます。「武器屋」に着くとちょうど目の前で『ツヴァイハンダー(両手剣)』(全長2m)が売れてました。さすがボーナス直後の無敵時間。そんな装備なら大丈夫です。プレゼントなど頂きました。欲しかったグッズなのでかなり嬉しいです。近いうちに仕返ししようと思います。女の子の顎を真下から間近に見上げる機会はあまりないです。30秒ほどまじまじと観察してました。人間の骨格構造は面白いです。

あいかわらずアキバはメイドさんが多いです。いろんな種を見かけました。来年1月には歩行者天国が再開されるそうです。歩行者の流れがどのように変化するのか興味あります。

池袋でゲームサークル『袋小路』の例会にお邪魔しました。私が到着したときには十数人ぐらい来てたかな。SPAM押しつけました。手作りのお菓子など頂きました。こういうのはけっこう嬉しいです。年末恒例『看板娘(Fische Fluppen Frikadellen)』3セット15人プレイに参加しました。夜の予定がないので遅くまで滞在してもよかったのですが、それでもアフターに参加する時間はありません。ちょっと考えてから、いつものように16時頃に会場を後にしました。< 昼飯を食べてなかったので空腹だったし。

せっかく新品のコートを着ているので、あまり汚したくありません。池袋のラーメン屋などを横に見つつ、新宿で何か食べることにしました。しかし、新宿駅ではちょうど快速急行に乗れてしまったので、昼食は町田か相模大野で食べることにしました。電車の中は蒸し暑かったです。体感温度でいえば摂氏25度ぐらいあったんじゃないかな。さすがにダッフルコートは脱ぎました。空腹だったので、頂いたマフィンをつまみ食い。美味しかったです。

マイミクさんが入院しているのでお見舞いに行きました。ずいぶんと退屈しているみたいです。次にお見舞いに行ったときには『うる星やつら』全巻を貸し付けます。「布教用」は伊達ではありません。

結局、昼食は摂れませんでした(苦笑)

さすがゴッグだ。なんともないぜ! (2010年12月11日)

5年ほど使ってた『G'zOne Type-R(A5513CA黒)』を機種変更してきました。新しい機種はもちろん『G'zOne Type-X (CAY01)』(CASIO/au)です。

私が使う携帯であるからには、水陸両用で頑丈なタイプであることが必須です。過去に使ってきた機種(C303CA黒,C412CA黒,A5513CA黒)もすべてこの条件を満たしてます。< できれば象が踏んでも壊れずガンダムハンマーをも受け止める装甲が望ましいです。

『Type-X』は先月末に発売されたばかりです。もうちょっと様子を見てからでもよかったのですが、不具合情報がほとんど出てないのでさっさと機種変更することにしました。

今回は珍しく黒以外を選びました。質感はマットな黒が好みだったのですが、ベゼル周の赤ラインがまったく好みじゃないのです。実機を手にとって3分ほど悩んで緑に決めました。

BlueToothやWI-FIが使えるのはありがたいです。

仲間関係と友人関係との境界 (2010年12月11日)

人間関係は、血縁や地域や学校や職場や趣味などさまざまな共通項があります。物理的な場の有無に関わらずそれらはある種の局所社会を構成しています。

単一の共通項でしかつながってない人間関係を「仲間関係」と私は呼んでます。その共通項(例えば趣味のサークル)から引退したらそこで縁が切れてしまうような関係です。卒業したらもう二度と会いそうにないクラスメートは仲間関係だと言えます。仲間関係は共通項の種類こそバラエティに富むものの基本的にシンプルな関係です。

そして、複数の独立した共通項で繋がっている人間関係を「友人関係」と呼んでます。友人関係とは、一つの共通項から引退しても人間関係がいきなり消滅しない関係のことだと思えば分かりやすいでしょう。卒業しても付き合いが継続しそうなクラスメートは友人関係だと言えます。友人関係は共通項の組み合わせによって非常に複雑なものとなります。組み合わせがユニークである友人関係もしばしばあります。

例えば『うる星』だけで繋がっている人間関係は『うる星』仲間ですし、『うる星』と『めぞん』とで繋がっている関係は友人関係ではなくルーミック仲間です。< さすがに古くからのそっちの関係者はとっくにルーミックから引退している人ばかりですが、お茶会など機会があればいつでも気軽に再会できますので友人関係にあたると思ってます。

ゲームサークル「バンガード」だけで繋がっている人はバンガード仲間ですし、「バンガード」と「袋小路」とで繋がっている人間関係は、友人関係ではなくボードゲーム仲間です。

地域社会だけで繋がっている人は地域仲間です。相模原市と神奈川県とで繋がっていても友人関係ではなく仲間関係です。いずれかが県外に引っ越しすれば人間関係は消滅しえます。消滅しない人たちは地域以外の共通項があるとみなせます。

相思相愛という関係は2人から構成される局所社会です。たいていは他の共通項もあるので友人関係でもあります。もしも他の共通項が恋愛を維持するための従属したものであれば、破局したら関係は消滅します。でも、その他の共通項が恋愛維持の為ではない独立したものであれば、人間関係は維持できます(もっとも気まずさが残るけどね)。

mixiだけで繋がっている関係はmixi仲間です。< ちなみに、mixiを退会しても人間関係が残るマイミクさんたちを仲良し設定しています。

私は、仲間関係よりも友人関係を重視しています。そして、どのような共通項の仲間関係であれ「人間として互いに尊敬できること」はたいてい新たな共通項になると思ってます。だから、自分の考え方や意見は積極的に示してますし、相手のさまざまな長所を見いだすように心がけています。こうすることで、例えば趣味から引退しても人間関係は維持できます。

現実的には時間的・金銭的・距離的などの制約もありますが、あわてず人間関係を紡ぎ発展させていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

今日も熱く語ってみた♪ (2010年12月09日)

太陽は地球を照らしてます。曇で隠れて見えないときもあるけど、雨戸を閉めてたら太陽は絶対に見えません。幸せを感じるココロがなければ幸せは通り過ぎるのです。

母親による虐待を減らす為に (2010年12月09日)

児童虐待の主因は、母親に対するリアルな子育て支援(not経済的)が不足していることにあると思ってます。

かつての日本社会では、ほとんどの母親が家族や近隣住民の誰かに相談することができ誰かに支援してもらえてました。しかるに、昨今では核家族化の進行と過剰なプライバシー概念(ネット内でのプライバシーポリシーをリアル全体にまで適用すること)ゆえに必ずしもそうはいきません。子育てを相談できる近隣住民はいわゆるママ友(相互にプライバシーを公開して子育てを相互支援する関係)などに限定されがちです。結果的に、誰にも相談できず誰にも支援してもらえない母親は昔より多く発生しえます。

児童虐待を減らす為の方策として「大家族制度への回帰」と「地域社会における緩やかなプライバシーポリシーの確立」が考えられます。

さすがに大家族制度への回帰はあまり現実的だとは言えません。それに、団塊の世代の中には前世代から支援を受けていたにもかかわらず次世代を支援しない人も少なくありません(支援を強制することもできませぬ)。

だから、地域プライバシーポリシーの確立の方が現実的です。ママ友の仕組みは、必要にせまられて確立した地域プライバシーポリシーの一種と言えましょう。このような価値観を啓蒙することで、児童虐待をいくらか減らすことができるはずです。また、地域社会が子育て支援しやすくするために…具体的にはモンスターペアレントによる言いがかりを防ぐために…「善きサマリア人の法」(訴える側が事故の責任を証明する制度)を制定することが必要だと思います。

この問題について言えば、残念ながら私にできることはつくづく少ないです。

開戦記念日 (2010年12月08日)

歴史について良い部分だけや悪い部分だけを強調するのは、教育ではなく宣伝です。誰かの受け売りではなく、事実を基に自分で判断するのが大事です。当時の日本が開戦した理由とこれからの日本がなすべきことを自分で考えて欲しいです。

この道はいつか来た道 (2010年12月07日)

私が子供の頃に歩いた道を数十年ぶりに歩きました。当時は長い距離だと思ってましたが、今ではどうということのない距離です。やはり基準となるサイズが違うことを実感します。

幼児の手を引いて歩く保護者は、幼児のペースにあわせてあげて下さい。

貧乏になることは貧乏に耐えることより難しい (2010年12月07日)

「過去に裕福で現在は貧乏になった人」は「過去も現在も貧乏な人」よりも貧困に耐える能力に欠けています。日本の社会は衰退しつつあるので、(まだ発展途上国よりもずっと裕福であるにもかかわらず)不幸に感じる人の比率はずっと多くなるだろうと予想しています。

ウサギとカメ (2010年12月07日)

中1の優等生よりも中3の劣等生の方が頭が良いことなぞいくらでもあります。同様に、一流大学を卒業した人よりも二流の大学院を卒業した人の方が知力は上かも知れません。そして、卒業後にサボっていた人は、社会人になってもこつこつ勉強し続けた人に既に追い抜かれているかも知れません。

不換紙幣 (2010年12月07日)

文具券が、表示されている有効期限に関わらず年末で使用不能になるそうです。このように、兌換義務のない金券類はいつでも発行者の都合で価値が変動します。だから(よほど信用ある発行者でない限り)むやみに溜め込まずさっさと物品に交換しておくのが良いと思ってます。

Amazon速すぎ (2010年12月07日)

昨夜(18時頃)に注文したDS用シーケンサー『KORG-M10』(detune)が昼に届きました。Amazon速すぎ(笑)

言い訳を与える為に (2010年12月06日)

なぜセックスがコミュニケーションの手段になるのかを考えるに、やはり「自分の恥ずかしい痴態や性癖を受け入れてくれた相手には、どんなことでも話せる」という心理によるからだろうと思います。だから、カラダのスキマを埋めることは(一時的にココロのスキマを埋めるだけでなく)永続的にココロのスキマを埋める為のきっかけになりえます。しかるに、セフレや出会い系のセックスの場合は「どんなことでも話せる」という心理が抑制されるので、結果的に一時的なカラダのスキマを埋め続ける依存が成立しやすくなります。

お酒も似たようなきっかけになります。「私は酔ってるからこんなこと話せるんだ」という心理もやはりコミュニケーションに有用です。同様に、ココロのスキマを埋めるきっかけにできなければ依存が成立しやすくなります。

もしかしたら一部の薬物も同じような働きを持っているかも知れません。対症療法で一時的に回復したときにちゃんと対因療法しないと結局は対症療法を繰り返すことになります。

ココロにスキマを抱えた人のほとんどはそれほどメンタル的に強くありません。自分自身に対する何らかの言い訳を用意しなければ言いにくいことをカミングアウトできません。だから、「呑みに誘う」などの形で彼らに言い訳を与えるのがアドバイザーのコツだと思います。< もちろん、攻略して救うという方法もあることはあります(笑)

私がしばしば与える言い訳は「あらいさんだから話せる」です。そのために、どんな赤裸々で恥ずかしいカミングアウトにも驚かずに受け入れてます。

例えばエッチな相談に対しては「キミの両親だってやることやったからキミが生まれてきたんだよ」と理性的に受け入れるし、「レイプされて感じてしまった」というカミングアウトに対してはアドレナリン分泌のメカニズムで解釈した上で「砂糖を口に詰め込まれたら甘く感じてしまうのと同様だよ」と優しく説明します(実例はもっとディープかも?)。

そもそも相談者だって勇気を出してカミングアウトしているのです。真面目に聞くのが正しい姿勢だと思います。誰からの長電話にもたいてい応じてます。< 伊達に短時間睡眠してないよ?

悩みに応えて共感を示すだけでは依存されてしまうので、悩みに答えて回答を示すようにしています。たしかに限界はありますしうまく行くとは限りませんが、私はこのやり方で誰かを少しだけ幸せにできると信じてます。

うまく負けることに適正な評価を (2010年12月06日)

得失点よりも勝敗数が重視されるケース(スポーツやゲームなど)では、大差で勝てたはずの状況において僅差で勝ったとしてもあまり批判されず、大差で負けるはずの状況において僅差で負けたとしてもあまり賞賛されません。リソースを上手く割り当てることで勝敗数を制御するのはプレイヤーの腕の見せ所です。

一方、勝敗数よりも得失点が重視されるケース(企業活動やギャンブルなど)では、大きな黒字になるはずの状況において小さな黒字しかあげられなければ批判され、大幅な赤字になるはずの状況において小さな赤字で済ますことができれば賞賛されます。

もしも得失点を重視すべきケースで勝敗数を重視すると、非常にバカバカしいことが発生しえます。例えば企業活動において「今月度は黒字か赤字か?」だけを重視したら、従業員は赤字を特定の月に集中させて他の月を黒字にするかもしれません。その従業員は1年でなんと11勝1敗という非常に優れた成績をおさめることができます。 < 評価基準にあわせてリソースをうまく割り当てる能力は確かに優れてるけどさ(笑)

目的に応じて適切な評価基準を採用することが大事だと思います。特に、日本ではあまり評価されにくい「うまく負ける」はもっと適正に評価されるべきだと思ってます。

『立喰師列伝』サントラ (2010年12月06日)

リサイクル店で『立喰師列伝』サントラCDを見かけ、1秒も迷わずに買いました。いつかマッハ軒で食い逃げしたいです。

微妙だが根源的な違い (2010年12月06日)

『もしドラッカーが高校野球の女子マネージャーなら?』

好かれるためにやってるわけじゃない (2010年12月05日)

友達が自分の殻を破ろうとしているなら暖かく見守るべきです。でも殻に籠もって泣いていたら、例え嫌われることになろうともお節介すべきだと思ってます。そんなケースでは暖かく見守るだけでじゃダメなのです。

また、誰か1人が手を差し伸べるのではなく、友達それぞれが少しずつ手を差し伸べるのが理想的です。

アクワイア大会@江東区 (2010年12月05日)

アクワイア大会に参加しました。3年連続で決勝卓に進出するのですが、なかなか優勝できません。結局は総合5位でした。また頑張ります。

最近は「強いアクワイア」ではなく「楽しいアクワイア」になるように心がけているのですが、微妙な加減が難かしいです。今日の一回戦の中盤で中央の要所(3E)にコンチネンタルを設立して、その次の自分の手番で独占15株ボーナスを頂きました。下家も対面も上家もそれぞれ最善手を打った結果がこうなるのですから、アクワイアは面白いです。

賞品の中に「ラムちゃんストラップ(京都と名古屋)」がありました。スタッフが私に宛てた賞品らしいので、それに応えるのが漢というもの。より希少あるいは高価な賞品を無視してストラップを頂きました。こんな自分が好きです。

滅私奉公は自分の為? (2010年12月02日)

「他者の為に生きたい」は「『他者の為に生きたいと思う自分』の為に生きたい」でもあります。滅私奉公における行動は確かに自分の為でないと言えますが、滅私奉公における意識は必ずしも自分の為でないとは言えません。

継続は力なり(筋力の意味で?) (2010年12月02日)

激しい運動を数日おきに繰り返せば筋肉が増えます。長時間(連続20分以上)の運動を毎日ちゃんと繰り返せば脂肪が減ります。

恋愛中毒患者に与えるクスリ (2010年11月29日)

ほどほどのスペックとチャンスが男の子にあれば、メンタルが不安定な女の子を自分に依存させるのはそれほど難しくないです。ぶっちゃけて言えば、女の子の不安に適切に応じて安心感を与え続ければ簡単に攻略できます。でも、そのやりかたを続けると攻略後に重い荷物を背負うことになります。その荷物を背負い続ける意志と実力があるならばそれも構わないでしょう。でも、それらが揃ってなければ結局は荷物を捨てるか荷物に押しつぶされることになります。

だから、もしその女の子の将来の幸せを願うのであれば、女の子の心のスキマを男の子が埋めるのではなく、最終的に女の子が自分自身でスキマを埋められるように手伝うのが望ましいです。具体的には、男の子は自分だけに女の子を依存させるのではなく、自分を含む大勢に少しずつ依存させる形に誘導するのが望ましいです(女の子の周囲の人たちと協調するのがコツです。必要なら女の子に新しい友達を作らせます)。このやりかたは、その女の子を攻略できる可能性は低くなりますが、背負う荷物は軽くなるので関係は長続きします。

「相手の悩みを解決しないことで依存させる」は攻略テクニックですが、「相手の悩みを解決できないことで依存されてしまう」は喜劇あるいは悲劇だと思います。だって、相手の幸せを願っているだけにも関わらず、自分が好かれて誰かが不幸になるのですから。

この話の構図は、中毒症状で苦しんでいる患者にモルヒネを与えるべきか否かに似ています。与えた方がいい場合もありますしそうでない場合もあります。周囲の人たちみんなが与えないように努力しているのに誰か1人が与えてしまうケースや、女の子の周囲に誰がいるか分からない状態で判断しないとならないケースなどは、思考実験のいいサンプルだと思います。

私には愛玩植物や愛玩鉱物で十分(笑) <二次元でも脳内でも可 (2010年11月28日)

ペット飼育放棄問題については、デポ制度がある程度の効果を持つと思います。ペット登録と一緒に一定額(金額は動物の種類に応じる)を支払い、その死亡証明証を合わせて提出することで一定額を戻して貰う制度です。それでも、飼育放棄問題を完全に解決することはできません(殖えた動物の遺棄など)。

ペットを可愛いと感じるのも可哀想だと感じるのも人間のエゴゆえだと思ってます。

「〜すべき」を強要するには? (2010年11月28日)

こちらが相手に対し「〜すべき」と主張したところで相手が実行してくれるとは限りません。単純に検討してもらうだけならいざしらず、相手に実行してもらうにはそれ相応の誘因が必要です。< これがなかなか難しいんだけどね。

比律賓 (2010年11月28日)

フィリピン政府は、朝鮮半島有事の際に5万人の在韓フィリピン人を韓国脱出させる際に日本を緊急避難場所にしたいと考えているようです。日本とフィリピンとでは釜山からの距離が10倍以上違うので、単位時間あたりの脱出人数も1桁違います。よって、この選択肢は彼らにとって妥当なものだと思います。

日本国としてはある程度の緊急避難は受け入れるべきですが、(不法残留とそれによる諸問題を予防する為に)フィリピンへの避難民輸送と現地で用いるテントや食料などの支援についてもしっかり考えておく必要があると思います。

理性的な人たち (2010年11月28日)

わずかに理性的な人たちは、感情的な人が理性的に行動するようになれば物事はうまくいくと理想的に考えます。理性的な人たちは、感情的な人たちが存在することを前提にして現実的に物事を考えます。いくとこまでいってしまった理性的な人たちは、自分自身が理性的であると思い込んでいる可能性まで考慮して幻想的に物事を考えます。

カレールゥ(50皿/1kg) (2010年11月28日)

近所のスーパーで売られているカレールゥ(50皿/1kg)に惹かれてます。じっくり時間をかけ巨大な鍋でカレーを作りたいです。でも、さすがにそのレベルになると食べてくれる人が足りません。

両手2倍でジャンプ2倍で回転3倍で (2010年11月28日)

北朝鮮の多連装ロケット砲の脅威を概算してみた。熱圧力弾1発で半径10m(314u)を破壊。20連装なら6280u。6回の斉射で37680u。700台なら26376000u(26平方km)。実際には薄く広く散布して延焼させるだろうので、おおよそ100平方kmを火の海にできます。稼働率はもっと小さいだろうとしても、ソウル市(600平方km)の都市部にとっては十分に脅威だと思います。

なお、米軍の火力はもっと圧倒的です。

人の噂も75日 (2010年11月28日)

ラジオでNHK総合をBGM代わりに流しっぱなしにしています。最近の夕方は大相撲が中継されてます。もうすっかり花札賭博の件は忘れられているかのようです。

自分の日記(ロ−カル)で「人の噂も75日」を検索してみました。確かにあのことはみんな忘れてるみたいだよ。よかったね(笑) > 75日以前な方々

ザクとは違います (2010年11月28日)

今日のおやつは白い鯛焼き(クリームチーズ味)です。一緒に鯛焼きのミミの部分も貰いました。これはこれでC級グルメを楽しめます。なお、鯛焼き(クリームチーズ味)はモチモチよりサクサクが好きです。

いつか私が裁判員になったら (2010年11月26日)

私は刑法の犯罪予防効果を重視しているので、私は死刑制度を支持しています。だから、いつか私が裁判員になったときに被告人を死刑にすることがあるかも知れません。そのときはマスコミの前に現れて例えば「未成年だからと言って死刑にならないとは考えないでください!」と強く主張したいです。これは被害者や遺族の為でもなく被告人の為でもなく社会の為です。年間1000件以上の殺人事件が発生するこの社会において、それを0.1%でも減らすことができるならそちらを優先したいです。

一方的に宣言された境界線 (2010年11月25日)

延坪島砲撃戦について、そもそもの直因は南北間の領海問題です。< 遠因はさまざまです。

さて、朝鮮戦争の休戦時に双方の合意のもとで軍事境界線(いわゆる38度線)が設定されました。しかし、海上の境界については設定されず、現在では「国連軍が一方的に宣言した北方限界線(NLL)」と「北朝鮮が一方的に宣言した海上軍事境界線」とがあります。これらの間の海域は韓国側が実効支配してますが、いつでも衝突が発生しえます。 < このように厳密に境界を設定しないまま休戦すると、結局は将来の戦争の火種になります。そして、休戦後に境界を設定することは非常に困難です。だから、私の考え方は「現在の戦争が長引いたとしても将来の戦争を予防すべき(ただし、国家の存亡が掛かっている場合は休戦が優先される)」です。

なお、日本人がこの問題について言及するときには、過去に韓国が一方的に宣言した李承晩ラインとの相違点に留意しなければなりません。韓国からみれば北朝鮮も日本も韓国の領海を侵す存在なのです。

今回の砲撃戦においては基本的に北朝鮮を非難すべきですが、それが日本へのブーメランにならないようにちゃんと整合性を保つよう理性的に批判すべきだと思います。< さもないと、竹島周辺で韓国が軍事演習を繰り返すようになったときに対応できなくなります。なお、独島駐留部隊(民間人を隣接させて駐留)への攻撃は韓国から見れば自国領土への攻撃であることを忘れずに。

それなら最初から見捨てておくべき (2010年11月25日)

「自分を見捨てたら自殺してやる」という脅迫に対抗するには「そんなこと言うならキミを見捨てる」が有効です。相手が本気で思い込む前にこのように対処しておかなきゃダメです。増長させておいてから「見捨てる」と言い出すと、相手は本当に実行しかねません。< それなら最初から見捨てておくべき。

美乳派と巨乳派の論争 (2010年11月23日)

乳については様々な評価項目が存在します。また、それぞれの評価項目について評価者ごとに独自の評価基準が存在します。

評価項目とは、例えば形状や重量や触感や色合や乳量やバランスなどそれぞれにウェイト付けしたものです。ここでは簡略化の為に「美しさ」と「大きさ」の2項目だけで考えます。この二つの項目は必ずしも従属関係にあるとは限りません(むしろ独立関係が強いです)。

評価基準とはそれぞれの項目についてどのように採点するか(例えばより色白を好む人もいればより色黒を好む人もいますし白でも黒でも極端な色を好む人もいます)などです。

「美しさ」と「大きさ」のいずれをどれだけ重視するかのウェイト付けは評価者ごとに異なります。また、それぞれの項目についての評価基準も評価者それぞれです。よって、美乳を好む人もいれば巨乳を好む人もいます。

さて、ここで健康的な乳を好む評価者がいるとします。「健康」と「美しさ」とはある程度に関連性があります(主に肌の触感や色合いなど)。一方で、「健康」と「大きさ」は極端なサイズでない限り関連性は弱いです。よって、この評価者は美乳をより好むだろうと考えられます。

また、乳量を重視する酪農業者は、生産性に強く関連する「大きさ」をより重視し、巨乳を好むだろうと考えられます。

いずれも正しいのですから、一概にいずれが好ましいかを決定することはできません。実利実害が絡む場合(例えば牛1頭を共同購入する場合など)を除き、互いに意見を尊重しあって議論を愉しむのがよいと思います。

配偶者が死亡してる場合は「既婚者」か? (2010年11月22日)

たぶん、【既婚】でいいんじゃないかな。

というのは、配偶者の死亡は離婚ではないからです。配偶者が死亡しても戸籍上の婚姻関係は継続します。具体的な法律効果としては婚族関係が継続しています。音無家の人たちと離婚するには役所に届けなければなりません。

もっと簡単に言うと、音無響子が五代裕作と結婚する為には、音無惣一郎(故人)と離婚して千草響子に戻る必要があります。

第728条

1.姻族関係は、離婚によって終了する。

2.夫婦の一方が死亡した場合において、生存配偶者が姻族関係を終了させる意思を表示したときも、前項と同様とする。

相模原フェスタ (2010年11月22日)

この週末(20日〜21日)は相模総合補給廠で潤水都市さがみはらフェスタが催されてました。内容は、ラーメンコンテスト、相模原物産展、JAXA展示、ステージパフォーマンス、講演会、打ち上げ花火などです。

いろいろ義理もあるので、時間をやりくりして顔を出してきました。予想よりもずっと賑わってました。

フォースの導き (2010年11月22日)

掲示板に「FXライトセイバーを売りたい」という投稿があったので、さっそく土曜夜にメールで問い合わせました。たまたまその人がうちの徒歩圏まで来る用事があったということで、いきなり日曜の昼に『Anakin,ROTS(SW-208)』(やや難あり)と『Obi-Wan,ROTS(SW-209)』(美品)を激安で入手できました。これで10本目です(もっとも4本は既にチャンバラで壊しましたが…)。

『Obi-Wan,ROTS』は、私が初めて装備したライトセーバーでもあるのでちょっと思い入れがあります。

盤ガード@橋本 (2010年11月22日)

21日(日)はボードゲームサークル「バンガードミッション」の月例会@橋本公民館に参加してきました(昼に2時間ほど抜けました)。今日の参加者は26人でした。あいかわらず『アクワイア』などプレイしています。

まーぶるまっどねすボドゲ特例会@相模原 (2010年11月20日)

朝食@ロイホ。『アクワイア』。昼食@中甚。ダチョウのカルパッチョ。『アクワイア』。間食はBLT。『アルハンブラ』。『イントリーゲ』。夕食@ロイホ。そんな一日でした。

薬とは (2010年11月20日)

薬とは、治療するためのものではなく症状を抑えるためのもの。このように考えれば宜しいかと。

ちょっとドキドキ♪ (2010年11月20日)

40年前に漬けたという梅干しを頂きました。

事実を確認し適切な処置を (2010年11月18日)

問題が発生したときに事実を確認した上で適切に対処するのは原則的に正しいことです(例外は緊急性のある場合など)。だからこそ、事実を確認できる能力が必要です。その捜査能力もないのに「事実を確認し適切な対処を」と言うだけでは、結果的に静観するしかありません。

潤水都市・相模原 (2010年11月18日)

神奈川県相模原市は、地形的なバリエーションにあふれる都市です。さまざまな産業がありますが、逆に言えば産業的な特徴に欠けるとも言えます。従って、特産品で町おこしするにはあまり向いてません。よって、文化的な意味で何か新しい名物を考えるのが効率的だと思います(さすがに聖地にはならんだろう)。スポーツでもいいし芸能やゲームのようなものでもいいと思います。

内心の自由と言論の自由 (2010年11月18日)

思想は制限すべきでないしそもそも制限しようがありません。しかし、言論や表現は制限すべきこともあります。例えば公序良俗に反する言論や表現は一定の制限が課せられるべきです。また、公務員の地位にあるものが職務に関連する事項について一定の制限を課せられるのも当然です。

これもまた二つの中国 (2010年11月18日)

中華人民共和国(約13億人)はその内部で都市部と農村部とで乖離しています。これらの関係はあたかも宗主国と植民地との関係に似ています。都市部の住人はある意味で支配階級にあるので、中国共産党への支持率が高いのは当たり前です。

報道される中国人民の民意は、そのほとんどが都市部の富裕層のものであることに留意しなければなりません。

今週の『境界のRINNE』 (2010年11月18日)

サブタイトルは「五名様ご案内」です。久しぶりに「ちゅどーん!」を見ました。ちなみに、高橋留美子作品独特の効果音としては「ちゅどーん(爆発)」「かぽーん(風呂場)」「ぴゅー(逃走)」などがあります。

本当に肉だけ(笑) (2010年11月18日)

夕食は『純正肉まん』(50番)など。餡に筍も椎茸も白菜も入っていません。

味覚は面白い (2010年11月18日)

熱いワサビも冷たいカラシもあまり美味しくない。

食塩の備蓄 (2010年11月18日)

日本の食塩備蓄が10万トンから4万トンに減るらしいです。

確かに食塩そのものを調理で使わなくても、通常の食事で生存に十分な塩分は摂取できます。だからと言って、食塩備蓄が不要なわけでもありません。食塩が不足すると、食塩を材料に含む食品の多くも作れなくなります。だから、他の食料だけで十分に塩分を摂取できるかどうかはちゃんと検証しないとなりません。

そして、発生しえる状況とそのときに必要な備蓄量とそのコストもちゃんと算出しなければなりません。ついでに言えば、塩化ナトリウムという科学物質は建設や工業でも必要な物資ですので、ある程度の備蓄は必須です。

例えば「小麦不足でパスタやパンが食べられなくなったならうどんやケーキを食べればいいじゃない?」が破綻することはすぐに分かると思います。

説得者の心得 (2010年11月17日)

夫婦仲が悪い人に「一緒にいるから仲良くなれるのではなく、仲が良いから一緒にいられる」と説得すればたいてい納得してもらえます。しかし、まれに「納得できない」と言う人もいます。なせ納得してくれないかを察するに、どうやら「頭では納得できてるけどそれを認めるのが怖い」みたいです。悲劇的なことに、そのように言う人ほど夫婦仲が破綻し危機的状況にあることが多いです。

説得の目的は、危機的状況への対策を講じる手伝いです。説得者は正論を述べるだけで自己満足してはいけません。相手が納得しないことまでも(非常に稀なケースでは逆恨みまでも)前提にしなければなりません。

もちろん、それほど親しくない相手にまで(頼まれてもないのに)余計なお節介すべきではありません。< そもそも、お節介すれば仲良くなれるのではなく、仲良しだからお節介するのですから。

Try not. Do or do not. (2010年11月14日)

夕方はぽっかり時間が空いたので(そして農業祭@淵野辺に行くには遅かったので)某所でFXライトセーバーで遊んできました。

いつかライトセーバーが実用化されたときの為の稽古という位置づけで愉しんでます。…と言っても、今はまだ剣術や棒術の型を応用している段階です。

撮影や観客は想定してないので、基本的に相手を斬る軌跡で打ち合ってます(このあたりはいろんなスタイルがあっていいと思ってます)。ゴーグルや革手袋など装備したりパワーも加減して、怪我や破損を予防してます。

設定によれば、フォースを用いて互いの攻撃を読み合うとなぜか相手の身体を目標にした軌跡ではなく互いにライトセイバーを打ち合う軌跡になります。ビジュアル的に見栄えの良い戦闘になるのは、あくまで結果です(笑)

公園などで遊んでいると、それなりにギャラリーや乱入者もおります。彼らと話すのも楽しいです。

悩むなら理性的に (2010年11月13日)

悩むべきことだけ悩めばいいです。悩むべきでないことまで悩まなくていいです。論理的かつ能動的に考えることで、余計な悩みまで背負うことは避けられます。

思考の手伝いぐらいならいつでもやりますよ。幸福は増やしてあげられないだろうけど、不幸は少しだけ減らしてあげられます。

掌を太陽に♪ (2010年11月13日)

太陽の領有権を論じるのはあまり意味がないことです。

ところで、手のひらはなかなか太陽光線が当たらない部分です。たまには太陽に当ててあげましょう。

とまとジャム (2010年11月13日)

地元に『トマトジャム』があるらしいので、近いうちに試してみる予定です。美味しかったらレポートします。レポートがなかった場合は察するように。

愛国無罪 (2010年11月13日)

犯罪者であるか否かは、愛国者であるか否かではなく、その行為が犯罪にあたるか否かで判断すべきです。それでもなお、件のビデオ流出は犯罪にあたらないだろうと思ってます。

本来の紳士協定の意味 (2010年11月13日)

「紳士協定」とは互いに相手が履行することを信用して非公式に結ぶ協定のことです。本来の意味は「彼氏持ちの女には手を出さない」という暗黙の了解だったり?(笑)

はやぶさ…憶えてますか? (2010年11月13日)

数ヶ月前に「熱しやすく冷めやすい国民性だから、数ヶ月後にはみんな忘れているだろうなあ」と思っていたことがあります。そんわけで「はやぶさ」日記検索してみました。

いろいろと考えること多いです。またJAXA見学してきます。

脱ゆとり (2010年11月13日)

いろいろ事情があるとは言え、ゲームが簡単になりました。

果たして昨今の平均的なゲーマーの能力で例えば『デゼニランド』や『南青山アドベンチャー』を(彼らにとって面白いか否かはともかく)ノーヒントで解くことはできるだろうか?

一芸に通じる者は… (2010年11月13日)

骨董屋で自分の専門分野の品物を見れば、その店の信頼度を推し量ることができます。同様に、自分の専門分野に関連する記事を読めば、そのメディアの信頼度を推し量ることが出来ます。ひとつでも専門分野を持っていればおおよその推測が可能になります。

初等数学の問題 (2010年11月13日)

生徒に向かって「頑張れば全員が進学できます」と言う教師は、どのようにすれば3リットルの水が2リットル容器に入れられるかを説明しなければなりません。

なお、水の量を減らせないなら容器を大きくするしかありません。だから、頑張るべきは生徒だけに限りません。

嫉妬対策 (2010年11月13日)

その人を批判したり、ほどほどに敬遠して住み分けるだけなら簡単なのですが、残念ながらそういう人とも共存しなければならないこともしばしばです。「露骨に嫉妬しないで欲しい」と言ったところで嫉妬されなくなるわけでもないのだから、嫉妬されることを前提に交流するのが現実的だと思います。

具体的には「嫉妬されることなんて慣れてるよ(あっさり)」という態度でいればいいと思う。嫉妬を気にしている態度を見せちゃうと、ますます相手は自分を惨めに感じちゃうだろうからね。

その人の長所が活きるようなシチュエーションがあれば良いと思います。その長所に嫉妬することなくそれを学ぶ姿勢でいれば、その人もいくらか満足できるだろうと思います。

公開しても勝利する条件 (2010年11月12日)

以下のような状況は、外交においてしばしば発生します(個人間にだって企業同士にだってありえます)。

それぞれの国家は「配慮」「強硬」のいずれかを選べます。

もし「相手が必ず配慮を選ぶ」と事前に分かっていれば、当方が配慮を選ぶ理由はありません。「もしかしたら相手は強硬を選ぶかも知れない」と疑うからこそ、当方も配慮を選ぶ理由ができます。これが機密が存在する理由のひとつです。

だから互恵関係を望むなら、一方的な譲歩を確定させてはいけません。配慮するにしても不言実行こそが望ましいです(不言実行ならいつでも配慮をやめることができますから)。

手札をオープンにしてなおかつプラスになることは、圧倒的に有利な状況でしか発生しません。例えば潜水艦の現在位置や探知能力を全てオープンにしてかつ戦闘に勝利するには、潜水艦の数が今の100倍ぐらい必要になります。これが機密の存在意義です。

逆にいえば、現在の100倍ぐらい富国強兵すれば正々堂々と戦うことも出来ましょう。それが「王の道」です。実力のない者が自己を過信して「王の道」を選ぶのは自滅行為でしかありません。

隠す必要がない条件

巨乳皇帝(エンペラー)は誰にも負けナイ!だから恥じる必要も隠す必要もないのデース!」 < 少し違います

衣・食・住 (2010年11月12日)

人間とって「衣・食・住」は生命活動の基礎です。一般の動物と異なるのが「衣」の重要性です。単純に衣服(cloth)と解釈するのではなく、人としての生き様(style)と解釈すると、その重要性を実感できるだろうと思います。

調理実験 (2010年11月12日)

調理実験という語句は自分の造語のつもりだったのですが、既に書籍名でも使われてました。内容を読んでみたところ、考えることは似たようなものでした(笑)

私が愛する日本とは? (2010年11月12日)

基本的には私は愛国者です。ただし、国家主義者でも民族主義者でもありません。愛しているのは「日本の文化(日本の伝統的な精神性を含む)」です。その文化を維持し伝統するために日本(国家や民族や言語など)を守りたいと思ってます。

そして、「日本の文化」を理解する者は、例え外国人であろうと異民族であろうと敵対者であろうと尊敬します。逆に、日本人であろうと大和民族であろうと味方であろうと「日本の文化」を理解しようとしない者は、それほど守りたいとも思わないです。

かおすふれーむ (2010年11月12日)

社会の情報化が進むと「情報不足ゆえの安定」から「情報過多による不安定」にシフトしやすいです。結果的に、与野党バランスは急激に変化しやすくなります。だから、私たちはマスコミから与えられる情報のバランスだけでなく、自分が取捨選択する情報のバランスにも留意しなければなりません。

当たらなければ… (2010年11月12日)

責任者は「うまくいけば…」だけでなく「うまくいかなくても…」も考えなければなりません。ただし、必ずしもそれを部下に言う必要はありません。もしかしたら、部下にビームが当たっても少佐にとってはどうという事ないのかも知れません。

『Cost of Galaxy Fleets』(仮称) (2010年11月12日)

『Cost of Galaxy Fleets』は、銀河の覇権を争う戦略級ボードゲーム(2人用)です。プレイヤーは、戦費を調達し敵艦隊を撃破します。軍拡すれば戦争は有利になりますが、銀河帝国内の不満が溜まります。

用具と準備

カード全て(51枚)をシャッフルして山札にします。

適当な方法で先手後手を決めてください。

プレイ

自分の手番には「戦費調達」と「戦略行動」を行います。

戦費調達フェイズ
手札から任意のカードを捨てて、手札が5枚になるまで山札からカード補充します。カードに書いてある戦力値が収入に相当します。
ボード上の自艦隊の維持費(裏向き艦隊はコスト1、表向き艦隊は戦力値がコスト)を手札から支払います。払いきれない場合(内政問題発生を意味します)は、手札1枚を相手得点として差し出し、ボード上の任意の1枚を裏向きに戻し、戦略行動フェイズではパスを選ばねばなりません。
戦略行動フェイズ(以下のいずれか1つ)
・配備 … 手札から何枚でも手前の母星宙域エリアに裏向きに置く。
・移動 … いずれかのエリアの艦隊1枚以上を隣接エリアに移動します。ただし、要塞は母星宙域から移動できません。また、敵艦隊がいるエリアには移動できません。
・艦隊戦 … 隣接エリアに艦隊戦を仕掛けます(空母は参加できません)。まず、攻撃に参加させる艦隊を表向きにします。戦力値合計だけサイコロを振ります。1の目の数だけ敵艦隊を撃破します(このカード枚数が得点になります)。防御側が損害担当艦隊を決定します。
・空撃 … 隣接エリアに航空攻撃を仕掛けます(空母と要塞のみが参加できます)。艦隊戦と同様の処理ですが、攻撃側が損害担当艦隊を決定します。
・パス … なにもしません。

その他のルール

自分の手札は相手に見せてはいけません。捨て札と得点の内容はいつでも参照できます。

支払いに費やしたカードは捨て札として脇にまとめて置きます。山札が無くなった場合は捨て札をシャッフルして新たな山札にしてください。

ゲーム終了

「相手艦隊が全滅」か「得点10枚」か「双方が連続して支払不能」でゲーム終了です。

得点の多い側が銀河の覇権を得て勝利します。同点の場合は、後手番のプレイヤーが勝利します。

ネコの首に鈴を付ける (2010年11月12日)

ネズミの長老は「魔法の鈴」を持ってます。この鈴を付けられたネコはネズミに居場所を知られてしまうのです。

かつて千遭一遇の絶好の機会がありましたが長老は躊躇してしまいした。その後のネコは警戒していて、鈴を付けるのはもはや不可能です。

長老はその鈴のことを仲間のネズミたちに隠してました。鈴のことが知られると、誰かがネコの首に鈴を付けにいかねばならなくなるからです(鈴を付けることに失敗したら、怒ったネコによってネズミみんなが重大な危険に晒されます)。

ある日、その鈴のことがみんなにバレてしまいました。秘密にしていた長老はみんなから吊るし上げを食らいました。

ネズミ会議が開催されました。

仲間の半分ぐらいは「誰かが鈴を付けにいくべき」と主張し、残りの半分ぐらいが「重大な危険に晒されたくない」と主張して、いつまでたっても埒があきません。

やがてネズミのひとりが「俺が犠牲になってネコに鈴を付けてくる。邪魔するヤツはネコの仲間と見なす!」と言って鈴を持って出撃しようとしています。このままではみんなが危険に晒されます。そこで他のネズミが「お前の行動はネコの攻撃を呼びこむだけだ。お前はネコと同様に危険なヤツだ!」と言いました。

ところで、あなたはネズミの一員です。

あなただったら、どうしますか?

解説

この寓話は7日の「国民の正義と国家の正義」の解説用寓話です。具体的には「ネコに鈴を付けること(領土と資源)」と「群れ全体の安全(経済と人命)」と「ネコに立ち向かう勇気(日本人の誇り)」のトレードオフを説明します。

政府がビデオ公開して船長釈放しなければ、「経済と人命」を犠牲にして「領土と資源」と「日本人の誇り」を得ることができました。

しかし政府と経済界はレアアース禁輸とフルタ社員を重視し、「領土と資源」と「日本人の誇り」を犠牲にして「経済と人命」を得ようとしました。「国民の生活が第一」という台詞がこのことを象徴しています。

そして、船長釈放後は「経済と人命」を犠牲にしても「日本人の誇り」が得られるだけになってしまいました。< これは、韓国人が「独島は我が領土。こんな資料もあるニダ!」(彼らの主張する資料には説得力のないものが多いですが、まれに説得力のある資料もあります)と叫ぶことがまさに、民族の誇りの為に、日本人の反韓感情を刺激して経済上のデメリットを招き、せっかくの実効支配を自ら危うくしているのと同様です。

いずれの立場も「国益の為に」による行動です。だから、互いに「お前のやり方は国益に反している!」と批判するのではなく「その政策よりもこの政策の方がマシです。なぜなら…」や「その国益を優先するならもっとマシな方法があります」と建設的に議論しなければなりません。< 私が民主党を支持しない理由は、彼らが売国だからというよりもむしろ無能ゆえの売国だからです。

個人的意見

個人的に私は「誇り」重視の思想です。それでも、「逮捕権を実行できることを実証して領土の主権を守るため」ならともかく、「中国側が悪いと自他に証明するため」だけに経済を犠牲にしたくはありません。< 私だって、ビデオ公開して再逮捕できるならそれを主張するさ(苦笑)

勝ち目が無くなった戦いにいくら予備兵力を追加投入しても損害が増えるだけです。たとえ敵や味方に無理攻めを煽られても、今は堪え忍んで次の戦いに備えるべき。尖閣諸島の領有権を守るにはビデオではなく制海権が必要だと考えてます。

よって、私だったら「そんなことをしても危険は減らない。本当に危険を減らしたいなら、今は我慢してネコに鈴を付ける方法を考えていこう。この鈴があると知られただけで、ネコも近寄りにくくなってるかも知れない。ついでに言えば、長老には引退してもらいたい」として今すぐの出撃を阻止します。

勝ち目がなくなった後のプレイ (2010年11月11日)

例えばボードゲ−ム『カタンの開拓者たち』のルールでは、最初に自分の手番で10点以上に達したプレイヤーが勝利します。ところで、『カタン』プレイ中に、あるプレイヤーがどうやっても10点に達することができないと論理的に確定したとします。彼はどのようなプレイをすべきでしょうか?

私の考えはおおよそ以下のあたり。

あきらめが肝心? (2010年11月11日)

「諦めない人は成功する人」と「成功した人は諦めなかった人」とは少し違います。実際に、引き際をわきまえずに失敗した人も諦めなかった人です。大事なのは、手段は諦めてもいいから目的を諦めないことだと思います。がんばっ☆

魔王は討伐されるべきだが魔王を討伐すべきでない? (2010年11月07日)

魔王の陰謀の証拠を国王が領民たちに示すと、正義感あふれる領民たちは今すぐの魔王盗伐を国王に強います。その結果として、低レベルの戦士たちは全滅し、魔王軍の反撃で町は滅ぼされてしまいます。 < 国王の選択としては「魔王が未熟なうちに証拠を示して討伐する」がベストで、「領民の正義感を抑えつつ勇者に経験値を稼がせる」が次善で、「問題を先送り」がそれに次ぎ、「領民の要求に従って自殺的攻撃を掛ける」がワーストです。

「魔王は討伐されるべき」は常に正論ですが、「魔王を討伐すべき」が常に正論であるとは限りません。後者が正論であるためには、魔王を討伐できるだけの経験値が必要です。

満腹と満足 (2010年11月06日)

私の感覚では、飲食店で支払う金銭は食物の対価ではなく食事の対価です。だから、「料理の出来さえ良ければいい」という店だと、満腹できても満足できないことがあります。

国民の正義と国家の正義 (2010年11月05日)

11月3日にロシアの大統領がいわゆる北方領土の国後島を訪問しました。これは現地住民や対日強行派の正義感を満たすためのロシア国内事情によるものと思われます。しかし、長年ずっと実効支配下にある上に日本による返還要求運動も形骸化している現在に、ロシア政府がヤブをつついてヘビを出す外交的メリットなどほとんどありません。むしろ、日本の対露強行派に燃料を与える外交的デメリットの方がずっと大きいです。

この構図はこのケースに限りません。国力差を知らない国民が正義の名の下に自国政府を煽って強攻策を採らせるケースなどいくらでもあります。それはしばしば戦争と言う形になることもあります。自分の正義感を満たすために自分達に自殺行為を強要することはとても悲劇的だと思います。

さて、「国家にとって最善な選択肢」と「国民の一部にとって最善な選択肢」とはたいてい一致しますが、ときとして相反します。だから国民が政府に何かを要求するときは、この両者の相違をしっかり考慮しなければなりません。

尖閣ビデオを公開させる目的

いわゆる尖閣ビデオの意義は、船長拘束の正当性を示す為です。そして船長拘束の意義は、尖閣諸島に日本の主権が及ぶことを内外に示す為です。よって、船長が釈放された後にビデオ公開したところでたいして国益に繋がりません(釈放前に公開した場合と同様に、日本国民の正義感を満たす為に過剰なまでの対中強攻策を日本政府に強いるだけです)。

尖閣ビデオは船長釈放前(デメリットよりもメリットがずっと大きかった時期)にすみやかに公開すべきでした。船長釈放後はメリットがずっと小さくなったので、せいぜい弱い外交カードとして賞味期限いっぱいまで手元に残しておくぐらいしか使い道がありません。< 私が「尖閣ビデオを公開すべき」と船長釈放後にほとんど言わなくなったのはこういうわけです。

釈放後にもビデオ公開を求め続ける声は、いまや国益の為というよりももっぱら政権交代の為のものになったかのように見えます。もちろん政権交代こそが国益の為だというロジックは理解できますが、責めるべきは「釈放後でもビデオを公開しない保身」ではなく「釈放前にビデオ公開できなかった無能」だと思います。

尖閣ビデオが流出

誰かが流出させたわけですが、さまざまな可能性が考えられます。

いずれにせよ、流出した現状において私たちは理性的に最善を考えなければなりません。最善でもマイナスかも知れませんが、それでも他の選択肢よりマシならそれを選ぶべきです。辛い選択かも知れないけど、未来のためにみんなで頑張ろうよ。

コンビニの立ち読み問題 (2010年11月01日)

見本誌を用意するのが現実的な対応だと思います。その見本誌は一冊まるごと完全なものである必要はなく、各作品ごとに数ページほど切り取ってあっても構いません。

ところで、もし著作者が「集客や防犯を目的として店舗が著作権者に無断で雑誌を立ち読み可能状態にすることは、著作権法に抵触する」として店舗を訴えたらどうなるのだろう?

ちゃんと栄養を摂れてます? (2010年10月31日)

統計によれば、「βカロチン・B6・葉酸・パントテン酸・Ca・Mg・Fe」の7種類を天然素材で十分に摂れる献立は、他のビタミン&ミネラルもちゃんと摂れます。< 簡易な判定方式として有用です。

悪戯されたくなければ菓子を受け取れ♪ (2010年10月31日)

ハロウィンについてはクリスマスやバレンタインや雛祭りなどと同様に、伝統的な祭事と共存する形で日本に定着したら面白いと思ってます。< ちなみに、雛祭りは江戸時代の人形業界によるキャンペーンだという説を支持してます(このあたりはバレンタインと同様かと)。

でも、現代日本にあってハロウィンがバレンタインほど一般家庭あるいは地域社会に定着するには、かなり時間がかかるかも知れません。< なぜならば、防犯意識が高まっているがゆえに、近隣をめぐってお菓子をねだるのも近隣住民を集めてのホームパーティの類も難しくなってます。また、少子化でトリックオアトリートする子供が減っていることもあり、ハロウィンが大人のイベントになりつつあります。そのハロウィン好きな大人たちは簡単に連絡をとりあって集まることができるがゆえに、一般家庭や地域社会と隔離したコミュニティを形成しやすいです。

別に、一般家庭や地域社会に普及させなければならないものでもありませんが、過大な期待はしない方がいいと思ってます。

性教育の責任 (2010年10月30日)

責任のなすりつけばかりでは、いつまで経っても子供たちは無知なままです。それは社会にとっての悲劇です。

保護者へのアドバイス (2010年10月30日)

幼児に童謡「ぞうさん」を歌い聞かせるなら、たまには動物園で象を見せてあげるべき。

アフターヌーンティ@銀座 (2010年10月29日)

今日の午後はベノア(松坂屋銀座店)で紅茶を愉しんでました。

紅茶(Black Tea)

スコーン

サンドイッチ

その他のメモ

韓国文化の特徴のひとつ (2010年10月27日)

パンの起源が古代エジプトにあったとしても、クロワッサンはオーストリーで考案されてフランスで発展したフランス料理だし、ナンはインド料理だし、あんパンは日本で考案された日本料理です。

肉を焼く調理法は世界各地にあります。日本風の焼肉は日本料理だし、韓国風の焼肉は韓国料理だと思います。

「起源を重視するから起源を主張する」は、韓国文化の特徴のひとつみたいです。

保護者の責任 (2010年10月27日)

もともと子供たちは幼児期に家庭や地域で小さな社会経験(小さな喧嘩や実害の少ない悪戯など)を積み重ねることで「他者の気持ちを察する能力」を身につけていくものです。しかるに、そのような経験を積み重ねる機会が減少した社会にあっては、なかなか加減を憶えることができないでしょう。

悲劇的なことですが、数十年前と比べて「悪気はないけど実害が大きい交流」が激増しています。親や教師らはこの観点に留意して子供たちと接するべきだと思います。

暖かく見守るだけが保護者の仕事じゃありません。イジメであろうとなかろうと結果的に子供たちを保護しているのが保護者の責任です。「保護者の目の届く場における子供を保護すること」だけでなく「保護者の目の届かない場における子供たちを保護すること」も保護者の責任です。

そのために躾けや教育が大事だと思います。幼児期に経験を積み重ねていない子供が多いのが現実である以上、自分の目の届く場における小さな喧嘩はある程度に容認しつついろいろ経験を積ませていくことが大事だと思ってます。

私たちが前の世代から受け継いだ世の中をちょっとだけマシにして次の世代に引き渡したいというのは私の行動原理の一つです。

ひゅーほほほほほ (2010年10月26日)

全ての男が「胸が大きくて痩せている女」が好きだとは限りません。「胸が大きい女」が好きかもしれないし「痩せている女」が好きかも知れないし「胸が小さく太っている女」が好きかも知れません。あるいは、体型にかかわらず「顔か性格か能力か相性が良い女」が好きかもしれません。

これは、全ての女性が必ずしも男性の体型や外見ばかりにこだわっているわけではないのと同様です。

分数の割り算は難しいのです (2010年10月26日)

「分数の割り算は、逆数を用いて全て掛け算にしてから計算する」と教えれば間違いが減るはず。例「1/4÷3=1/4×1/3=(1×1)/(4×3)=1/12」のように。下手に教えると混乱するみたいです。

栗ぃむソーダ (2010年10月26日)

噂の『ペプシモンブラン』を飲みました。『あずきペプシ』よりも破壊力がありました。「これはコーラじゃなくクリームソーダだ。クリームソーダだ」と自分に言い聞かせながら飲みました。

電子辞書『PW-AC929』(SHARP) (2010年10月26日)

最近の電子辞書の性能は私の予想以上です。確かに、今ではネット接続できれば何でも調べることができる世の中ではあります。しかし、思考の流れを堰き止めない検索速度はまだまだ電子辞書には及びません。なお、書籍『広辞苑』を持ち歩かずとも『たほいや』がプレイできます。

郵便箱 (2010年10月26日)

ネットもケータイも普及していなかった時代のこと。帰宅するとまず最初に郵便ポストを確認していました。遠方の友人から手紙が届いていると、すごく嬉しかったです。

いまではその代わりにメールソフトを起動しています。ワクワク感はありませんが、メールが届くのは嬉しいです。

愛があれば幸せか? (2010年10月22日)

愛情と金銭は自動車と燃料の如し。燃料なき自動車は走らないし、いくら燃料があっても自動車がなければまた同様。「愛があれば」なんてのは幻想にすぎないと自覚しろっ(苦笑)

『Intrige(イントリーゲ)』 (2010年10月21日)

今日は『Intrige(イントリーゲ)』(Amigo社/Stefan Dorra)という交渉ゲームを買ってきました。深淵なる陰謀を図るプレイヤーとパーティゲームとして愉しむプレイヤーとが同居できるゲームの一つだと思ってます。そして中途半端なプレイヤーは人間関係を壊します(笑)

「あの人強いけどまた戦いたい」と思わせるには? (2010年10月21日)

「あの人強いけどまた戦いたい」と思わせる方法として、「場を仕切ってみんなを愉しませられるほどの高度なゲ−ムコントロール技術」を見せつけるのはすごく効果的だと思ってます。ただ、うまくコントロールしないと「手加減してくれて勝たされた」と思われたり「手加減してくれたのに負けた」と思われたり(苦笑)

交流の道具で勝利を目指す意味 (2010年10月21日)

「スポーツやボードゲームは交流の為の道具である」と言っても、その意味は大きく二つあると思います。

例えばテニスのダブルスで手抜かれたら面白くないです。勝利そのものが大事なのではなく勝利を目指し合う姿勢が大事だと思います。勝利を目指そうとしないプレイヤーとはアフターで一緒したくないです。

逆に、混合ビーチバレーでマジになって勝利を目指されると興冷めです。勝利そのものが大事なのではなく体を動かして愉しむことが大事だと思います。勝利だけを目指すプレイヤーとは一緒にプレイしたくないです。

要するに、ゲームの種類ないし性質によって異なるのです。

いずれを重視すべきかはケースバイケースです。重要なのは、プレイヤーたちが共通認識を持つことだと思います。

一番じゃなきゃダメですか? (2010年10月19日)

ボードゲーム(n人プレイ)の『カタンの開拓者たち』や『アクワイア』などは、1位のみが勝者となり2位以下は等しく敗者になるルールです。従って、選択肢A「100%で2位になる選択肢」よりも選択肢B「10%で1位になり90%で4位になる選択肢」が常に優先されるべきです。そしてまた、「2位3回のプレイヤーA」よりも「1位1回で棄権2回のプレイヤーB」や「1位1回でn位2回のプレイヤーC」の方が上位であるべきです。

よって、例えば参加者全員がm回のプレイをする大会(ド素人だけは予選で落とした上で、組み合わせは全てランダム)においては、1位の得点は2位の得点のm倍以上であるべきしょう。また、2位以下の得点差については(もともと「等しく敗者」なので)できるだけ少ないのが望ましいです。ただし、「2位m-1回で棄権1回」よりも「n位m回」の方が上位であるべきとは思います。

例えば「n=4;m=3」の場合には「1位22点;2位7点;3位6点;4位5点」のような得点配分が望ましくなります。参加人数が数十人ぐらいならば実用的に「1位10点;2位3点;3位2点;4位1点」でも問題ないと思います。この配分ならば本来のゲームルール「1位のみが勝者」に則ってプレイするのが最善手になります。

刀剣に対する護身 (2010年10月18日)

護身という観点においては、刀剣に対する戦闘技術は基本的な防御技術だけで十分だと思ってます。というのは、刀剣による高度な戦闘技術を習得した人はむやみに他人を襲わないからです(確かにレアケースはありますが、それに備える稽古の時間はもっと他の稽古(例えば包丁に対する防御など)に使ったほうが効率いいと思います)。

むしろ、素人や初心者による犯行の可能性の方が高いといえましょう。彼らはしばしば捨て身で攻撃してきます(本人はその攻撃が捨身技だとは認識していないでしょうが)。単純だがパターン外の攻撃に対し確実に防御できるようになることが大事だと思ってます。

なお、木剣に対する防御方法は、真剣に対する防御方法と少し異なります。稽古パターンのまま防御していると、棒や杖として攻撃されたときに不覚をとります。< ついでに言うと、自分が木刀を使うときは、接近戦で武器が捕まれるリスクを忘れずに。

平和ボケを相手に戦うときは (2010年10月18日)

『将棋』や『チェス』などのゲームでは、詰まされたことが確定してからいくら頑張っても無駄です。だから、王手(チェック)が掛けられてから対応を考えるような平和ボケさんに対しては、わざと王手を掛けずに戦って、詰みが確定するときに初めて王手を掛けるのがいいです。『麻雀』で黙聴を採る作戦も同様でしょう。

『孫子』には「善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり」と書かれてます。勝ち易き状況を整えてから決戦に挑むのが理想です。< だから、攻められる側はそのような状況にならないようにちゃんと備えておく必要があります。

# 領土紛争に限った話じゃないよ?(長手数な詰将棋に入ったっぽいけどさ)。もっと一般論です。

信州安曇野の旬穫りりんごジュース (2010年10月18日)

りんごジュース限定で要求水準が高いことは自覚してますが、久しぶりに美味しいと実感できるリンゴジュース(白濁タイプ)を飲みました。たまたまだったのかも知れませんが、こういう発見はちょっと幸せです。

報道されないデモ (2010年10月18日)

先日の中国大使館包囲デモは日本ではほとんど報道されていません。そして、中国における今回の反日デモも中国国内ではほとんど報道されていないらしいです。

外国政府に対する示威運動は(すぐに効果が現れなければ)自国政府に対する批判に変化しやすいです。従って、(そのデモを政治的に利用できない限り)連鎖を予防するために報道管制を敷くのは政府側として当然の対応だろう…と推測します(報道管制についての批判の方がまだマイナスが少ないということ)。

デモに参加する人はそのような対応を想定にしておかねばなりません。

バンガードミッション@サンエール相模原 (2010年10月17日)

今日は「サンエールさがみはら」でバンガードミッションの月例会(要するに、いろんな人が適当に集まってボードゲームに興じる会です)がありました。会員制じゃないので誰でも参加できます。

今日の参加者は22人ぐらい。プレイされてたゲームは、『ふぉっぺん』『ばるば☆ろっさ』『かるかそんぬ』『さむらいかーどげーむ』『ばとるらいん』『ぎゃらくしー』『じんろう』『けもぱに』『ふぁーすとふーどふらんちゃいず』『いのべーしょん』『まほうのぐんだん』『たんとくおーれ』『どみにおん』『へっくみっく』『かーどかたん』『かたんのかいたくしゃたち』『あくわいあ』『えどじだいのさきものとりひき』『れーすふぉーざぎゃらくしー』『しゃむ』『ふれすこ』『するたん』『ふぃぶふぁぶ』『どめも』『ぶらっくしーぷ』『とりっくまいすたー』『らみーきゅーぶ』『たーてんきゅう』『しかがり』などなどです。みなさま、おつかれさまでした。

私がプレイしたゲーム

『侍カードゲーム』 … 本日のヒット。追加テーブルが必要

『バトルライン』…終盤は詰め将棋のようになります

『人狼』…村人全員を美味しく頂きました

『けもぱに』…名探偵な密告者だったり(笑)

『ヘックミック』…ネギを集めるダイスゲーム

『カタンの開拓者たち』…鉄が薄い島でした

『アクワイア』…確実に2位になる作戦は確実に1位になれない?

『スルタン』…白5個と赤6個。安くても数が大事。

『ふぃぶふぁぶ』…10月です。ハロウィンです。

『ドメモ』…1と2と3が伏せ札にあるのはいかがなものか?

『ブラックシープ』…牛が1頭しか集荷されてません

『トリックマイスター』…トリックを取った人の右隣が得点したり

『打天九』…連荘するとハイリスクハイリターン

『鹿狩り』…赤い目を獲得するトリックポイントゲーム。

『アクワイア』新戦法の試案

ボードゲーム『アクワイア』は、最も資産を増やした人が勝者となり、それ以外のプレイヤーは等しく敗者となります。同程度の実力者4人でプレイした場合の各人の勝率は25%です。

そこで、実力UPさせることなくこの勝率を少しだけUPできそうな方法を考えてみました。それは、2人が組んでペア戦モード(つまり2対1対1の形)で戦うというものです(序盤の展開に応じて誰と組むか提案&交渉)。互いに相手がどこかの筆頭株主であるなら露骨にプレゼントしあうことになりましょう(もちろん自分が次席であっても!)。こうすることで中盤に現金不足になる可能性を減らし、結果的にそのペアで1位と2位を分け合うことが目標です。終盤には同盟解消となるでしょうが、結果的に2位以上になる確率は50%を超えます(つまり1位になる確率が25%を超えます)。大会などにおいて2位にも意味がある場合(あるいはあえて2位でも構わない場合)なら、なおさら有効な作戦だと思います。

残りの2人の対抗策はやはり同様にペアを組むことですが、この対抗策を知らないとペアを組むまでに数ラウンドが経過してしまいそれだけ不利になります。

この作戦を検証するには「ペアのメンバの最終資産はその平均値とする」というルールでプレイするのがいいと思います。

『Victory in the Pacific(太平洋の覇者)』(AH) (2010年10月15日)

思う処あって、十数年ぶりに『Victory in the Pacific』をプレイしてました(ユニットは拡大コピーしたものを使いました)。

Victory in the Pacific(太平洋の覇者)』(1977年/アバロンヒル)は「太平洋戦争」における制海権を扱った戦略級シミュレーションゲームです。プレイヤーは主に艦隊と基地航空隊を扱います。史実と同様に、序盤は日本軍(大日本帝国海軍)が有利ですが、終盤は米軍(アメリカ太平洋艦隊)が圧倒的物量で反撃してきます。ほぼ確実に日本本土は焦土となりましょう。

ゲームとしては、序盤に日本軍がどれだけポイントを稼げるかが重要になります。要するに、序盤の日本軍が積極的に米軍を駆逐しなければならないデザインになってます。

このあたりが「やはりアメリカ製だな」と感じます。たぶん、このゲームだけでは「なぜ日本軍が積極的に戦わなければならないのか?」が実感できないだろうと思います。

史実において当時の日本は、アメリカと積極的に戦うべき直接的理由は持ってませんでした。なぜならば、日本側が「大東亜戦争」と呼称していたように、日本の目的はアジアにおける日本の権益を保護することだったからです。ロジック的には、日本軍(大日本帝国海軍)はハルノートの横暴な要求から自国の権益を守るためにアメリカと戦い、アメリカと戦う為に西太平洋の制海権を得て南方資源(石油)を確保しようしたわけです。

そのあたりを理解した上で『VitP』をプレイすると、日本人の価値観とアメリカ人の価値観との差異を実感することができると思います。

日本の権益が保護されるには?

日本にとって悲劇的だったのは、アメリカと戦争しなければ日本はジリ貧となり、アメリカとの戦争が長引けば日本がドカ貧となる状況でした。日本はアメリカ太平洋艦隊を壊滅させた後はすみやかに講和工作しなければなりませんでしたが、当時のアメリカは講和に応じるつもりなど毛頭ありません。従って、「太平洋戦争」は開戦した時点でアメリカの勝利がほぼ確定してたと言えます。

そこで、米国ではなく英国と講和するプランを考えてみました。

まず史実通りにラバウルのあたりまで占領します。その後、太平洋方面は基地航空隊で防御に徹しつつ時間を稼ぎます。その間に艦隊の大部分をインド洋に展開してアッズからセイシェルまで占領します。これらの拠点に航空基地を作り戦艦を配置し、空母はシンガポールに戻して東西に睨みをきかせます。そして、援助ルート(喜望峰まわり→アレクサンドリア。連合国→イラン→ソ連。連合国→インド→蒋介石)を確保できなくなった英国に対し日本は単独で講和をもちかけます。期限は1943年夏ぐらいです。

帝国陸軍の動向にもよりますが、それなりに可能性があっただろうと思ってます。

戦争観について

ウォーゲームに興味があるからといって軍国主義者なわけでもありません。軍事については以下のように考えてます。

国家にとってより重要なことは、戦争しないことではなく国民の生命や財産を保護することです。そして国民生活は、経済封鎖や通商破壊や爆撃や占領などでいとも簡単に疲弊します。だから、国家は国民生活を守る為の軍事力を持たねばなりません(軍事力の不均衡はむしろ侵略を誘発します)。国民生活を守れなかった場合の責任は敵国ではなく自国にあります。私たちは主権者として国民生活を守る責任があるのです。

周辺諸国との関係については、互いに国民生活が保護されている状態が継続することを望みます。

ボードゲームのインストの目的 (2010年10月11日)

インストラクトの目的が「プレイヤーを増やすこと」にあるならば、「プレイを楽しんでもらう為にルールを説明する」というロジックになります。従って、ルール説明してもプレイを楽しんでもらえなければ目的を達成したとは言えません。

プレイを楽しんで貰うには、必ずしも勝ってもらうことではなく「こうすれば勝てるかも?」と期待してもらえることが大事だと思います。「手加減しないか?」「手加減して勝つか?」「手加減して負けるか?」のいずれが適切かはケースバイケースだと思います。

なお、「もう何プレイかしたい!」が認められてないゲーム会においては、ルール説明の一部として途中までお試しプレイすることが必要だろうと思います。

従業員の責任と経営者の責任 (2010年10月11日)

ある夫婦が、家事(炊事・洗濯・掃除)を分担することにした。

話し合いの結果、夫が洗濯を担当し、妻が炊事を担当することになった。双方ともそれぞれ自分の責任を果たしたが、いずれも掃除はしなかった。双方とも「掃除は自分の責任じゃない」と主張し続けたので、家はゴミ屋敷となった。

やがてどうしょうもなくなって、夫が洗濯と掃除を、妻が炊事と掃除を担当することにした。家は綺麗になったが、夫が掃除した直後に妻が掃除したりして無駄が多くなった。

さて、物事の分担の評価においては「責任の追及」だけでなく「原因の追求」も考慮せねばなりません。企業に例えれば、従業員は自分の責任だけ果たせばいいかも知れませんが、経営者および管理を委任された者はそうはいきません。よって、いつまでも自分の責任だけにこだわる従業員は、管理職には不向きだと思います(もちろん、管理職になるつもりがないなら自分の責任だけしっかり果たすという選択肢もあります)。

先ほどの夫婦に話を戻しましょう。夫も妻も家庭の従業員であると同時に家庭の経営者でもあります。だから、自分の責任は担当した家事だけでなく担当していない家事の調整にも及ぶと理解した方がいいです。

言うべきか言わざるべきか… (2010年10月11日)

社会の利害調整を担う責任者は、しばしば「社会全体にとっては言った方がマシなことであっても、責任者個人にとっては言わない方がマシなこと」というジレンマに悩まされます。そして、責任者になったことのない人の多くは、この仕組みをほとんど理解できません。辛いかもしれないけど、頑張ろうよ!

相模ねぶたカーニバル (2010年10月10日)

ジモティsと一緒に「相模ねぶたカーニバル」を見学してきました。

この祭りは、「子供たちの想い出・ふるさとづくり」をテーマに平成5年度に始まりました。私たちの世代にとっては伝統的な祭りではなくとも、相模原の子供たちの世代にとっては伝統的な祭りになりえるものだろうと思ってます。しかしながら、予算の関係でか、前回よりも規模が小さかったように思います。

いつものことながら、ねぶたパレードよりも飲む食う遊ぶがメインでした。今年もFXライトセーバーを3本ほど持ち込みました。通行人の乱入が愉しいです。さすがに動作異常やLED破損が多くなってきたので、そろそろまた追加しなければなりません(なお、公道で赤いライトセーバーを振ってはいけません)。

フライドチキンや唐揚げよりも竜田揚げが好きです。勝手にレモンを掛けるな。

鉄扇 … だいたーんふぁん (2010年10月09日)

ぼろくなったので鉄扇を黒に買い換えました。

個人的に思うに、剣術系の人は鉄扇を短い刀剣として受け流しや打突に用いる傾向があり、体術系の人は鉄扇を手の延長として当て身や関節技に使う傾向があります。理想を言えば、この両方のフォームを同時に使いこなせばいいのですが、なかなか思考ルーチンが剣術フォームから切り替わりません。

ところで、この類の武器が実用的であるためには「見た目が周囲に脅威を与えないこと」が望ましいです。しかし、現代の世の中にあって一般人が大きな扇子を持ち歩くのはいささか奇異に見られます。現実的には「それ鉄扇でしょ?」とバレバレです(しかもマンガなどの影響か、実際の戦闘力よりも過大に見積もられがちです)。現代においては、護身具というよりもむしろ心身の鍛錬具として用いられるものだと思ってます。

勝率と期待値は別 (2010年10月08日)

帰りに寄ったリサイクルショップで小さな金属製ルーレットを買いました。ずっしり重量感があり、ペーパーウェイトとして作られたものだと思います。作りも精巧で、実際に遊ぶことができます。

さて、ギャンブルで勝率を50%以上とするのはそれほど難しいことではありません。例えば「ルーレットで、赤か黒のマスにとまれば1000円を受け取り、緑(0か00)のマスにとまったら10万円を支払う」とするギャンブルが考えられます。このように、勝率が50%以上であっても期待値が1以上になるとは限りません。十分な資金を用意して「マーチンゲールの法則」を利用すれば、勝率99%以上も夢ではないでしょう(笑)

このようなギャンブルにも意味があります。例えば手持ち10万円の状態で今すぐ10万1千円が必要になった場合などです。一般には、期待値が1未満のギャンブルには手を出さないのが賢明です。

手札をプレイするタイミング (2010年10月06日)

経営や交渉や戦争やゲームなどにおいては「手札(リソース)は適量を適時に投入すべきもの」とされています。勝敗が決する要所に集中されるよう適切に投入していくのが効率的です。負けが確定した後もリソースを投入し続けたのでは、自分の傷を広げるだけです。

ところで、日本的民主主義の構造的な問題点の一つが「意志決定の遅さ」です。事前にドクトリン(基本原則)を作成しておかねば、しばしば時期を逸します。国家にとってプラスであっても政治家にとってマイナスな選択肢ならばなおさらです。

さて、尖閣諸島問題では既に中国側の得点が確定しました。中国側の実績を打ち消す手段はもうありません。したがって、日中関係を悪化させるメリットはもうほとんどありません。双方の国民の多くが不愉快と思っているかも知れませんが、双方ともにほどほどに国民を宥めながら修復を図るのが最善の形になりました。

日本側はさっさと衝突ビデオ公開をすべきでした。現在においては、公開による短期的あるいは長期的なメリットよりも日中関係悪化のデメリットの方が大きいです。日本にとって理想は「ビデオ公開してなおかつ反目を再燃させない」なのですが、そのような冷静な対応はこの国民気質からして難しいでしょう。もはやこのカードは、使う機会を逸してしまったのです。

日本は今回の教訓を忘れずにドクトリンを確立させることが大事だと思います。

ヒロインを安易に生き返らせるな (2010年10月05日)

しばしばクリエイターはその作品中でヒロインを死亡させます。

典型的な演出としては、序盤でヒロインへのファンを増やしてから中盤ないし終盤でそのヒロインを死亡させます。しかも、幸せの絶頂に至った直後(愛の告白や再会の直後など)に死亡させます。その死因は、物語のテーマに関わるものであり、そのシーンは丁寧に描写されることが多いです。この定跡ともいえる演出は、敵の非道さや物語の悲劇性を効果的に描写することができ、読者や観客を深く感情移入させることができます。

ところで、物語の最後にヒロインを復活させるか否かは非常に大きな問題です。読者や観客からの批判に応じたりあるいは続編を制作したりする為だけにヒロインを安易に復活させることは、しばしば作品を一気に陳腐なものにします。

作品が消耗品であるならば安易な復活もやむをえないでしょうが、作品が完結後も高く評価され続ける為には安易な復活は慎むべきだと思います。どうしてもヒロインを復活させたいのであれば、それ相応の苦労や理由を描写することが必要だと思います。

ところで明日発売の週刊少年サンデーの『神のみぞ知るセカイ』(若木民喜/小学館)の中川かのん(アポロ)がまさにこの演出です。この作品の主人公・桂木桂馬は以前に「お前らはいつもそうだ…思いつきの盛り上げや浅薄な話題作りのために簡単にヒロインを殺す!!」と言ってましたが、どのように展開させるのかちょっと興味あります。 < どこかで刺殺事件があってサンデーが回収されたり? < ないすぼーと

『星は千の顔』(高橋留美子/小学館) (2010年10月04日)

本日発売のスピリッツに掲載された『星は千の顔』は、泥酔した寒月プロデューサーによるセクハラが怖くて逃げた女優・星野カナの深夜ドラマです(少し違います)。テーマは「巨乳最高っす」です(違います)。主な登場人物は、巫女、めがね女学生、シスター、お嬢様、女王様、ナース、ネコミミメイド、怪盗、バニー、そしてソルジャーピンクです(とても違います)。

作品としては32ページと小粒ですが、軽く読むことが出来ます。刑事たちが追っていた殺人犯がまともに話に絡んでたらもっと良かったように思います。

信頼関係のあり方 (2010年10月04日)

大事なのは「根拠なき信頼」ではなく「信頼できる根拠」だと思ってます。

三笠記念館@横須賀 (2010年10月03日)

いくつか思うこともあり、今日は横須賀で戦艦「三笠」を見学してきました(ついでにフェリーで東京湾往復も)。

戦艦「三笠」は日本海海戦(ロシアでは対馬沖海戦と呼ばれてます)における連合艦隊の旗艦です。その購入にはさまざまなトラブルがありました。特に憲法違反にあたる国家予算不法流用が有名でしょう。結果的に見れば、この不法流用がなければ日本の領土の一部における権益や日本海の制海権はロシアに奪われていたでしょう。「憲法の遵守」と「国家の生存」との優先度を考えるテーマの一つだと思います。

先日の尖閣領有問題は、当時の国難に比べたらずっと小さなものですがその構造はよく似ています(リスクは適切に評価すべきです)。尖閣諸島の周辺はシーレーンの一部でもあり、制海権が確保できてなければ商船は拿捕されてしまいます。

「三笠」の中でいろいろ考えてきました。具体的には「国家は国民を守るための仕組み。より多くの国民を守る為に超法規的措置も必要(これは緊急避難に限らない)。超法規的措置は暴走しやすいので、それを予防する為に憲法改正や有事法制が必要」とか「現在の小さな国益のために将来の大きな国益を犠牲にしてはならない。現在の小さな犠牲すら耐えられないのであればその状況は既に負けフラグ」などなどと、いつもの価値観を確認してきました。

微妙に違うのです (2010年10月02日)

これはブラックスーツじゃなくて黒いダークスーツなんだってばさ。

信頼度 (2010年10月02日)

不正の比率や平均を考えるに、司法府に対する国民の信頼は、立法府や行政府に対する信頼よりもずっと高いと思います。そして、検察官や裁判官に対する信頼は、弁護士に対する信頼よりもずっと高いと思います。

フェールセーフ (2010年10月02日)

私も外出時にはたいてい財布やケータイやカギなどを持ち歩いてます。自宅のカギは小銭入れに付けてますが、小銭入れには名前や住所などが分かるものはいっさい付けてません。こうすることで、小銭入れ&カギを紛失時あるいは盗難時のリスクをいくらか減らしています。こういう用心は当たり前のことだと思ってたのですが、けっこう無防備な人が多いみたい?

タバコ増税 (2010年10月02日)

「増税すれば税収入が増えるか?景気悪化で税収が減るか?」はなかなか面白い問題です。その一例として「タバコの値上げによって税収入が増えるか、タバコの消費が減って税収が減るか」はとても分かりやすい問題だと思います。

タバコに限定して話をすすめれば、「肺癌が減って医療費補助は減少するが、延命によって年金給付は増加する」も面白い問題だと思います。

タバコの値上げは、富裕層にはそれほど影響ないかも知れませんが、貧困層…特に未成年…の喫煙を防止するにも効果的だと思ってます。

批判の矛先 (2010年10月02日)

中国政府と中国人とを混同して批判するのは日本の国益に反します。知日派や反政府勢力は味方に付けて、中国政府VS反政府勢力の構図に持ち込むべきです。< 中国側だって日本国民の批判を中国側ではなく日本政府に向けさせるよう工作しているでしょ?

ヤミ系と付き合うコツ (2010年10月02日)

いろんな意味でヤンでる人が多いです。自分のアイデンティティをしっかり確立させておかないと、ヤミ(病みも闇も)は感染しやすいです。だから、ヤミ系の人と交流するときには「自分は自分。他人は他人」としっかり分けることが必要だと思います。

将棋の歴史と人の歴史 (2010年09月30日)

ボードゲーム『将棋』は、下級者がなかなか上級者に勝てません。

なぜならば、このゲームにおける運の要素はせいぜい手番を決める振り駒ぐらいしかないからです。また、持ち駒ルールがあるので、有利になった側はますます有利になりやすいです。しかも、定跡研究が進んでいるので、手筋や戦法などの定跡をよく知っている側が確実に有利になります。

だから、このボードゲームはできるだけ実力が均衡している人と対戦するのが面白いです。

チェス類としての『将棋』の最大の特徴は、やはり「捕獲した敵駒を持ち駒として再利用できる」だと思います(このあたりは遊戯史学会でいろいろ論じられてます)。

持ち駒再利用ルールの導入に伴って「二歩」や「打ち歩詰め」などのルールが定められたのは自然な成り行きです。「二歩」はゲームバランスを崩しかねないほど強力な手筋ゆえに禁止されたみたいですが、「打ち歩詰め」はそこまで強力とも思えません。勝手な推測ですが、「伏兵で勝負を決するなど無礼千万!」ゆえと思ってます。

もう一つの特徴として「玉将(King駒)が取られたら負け」ではなく「玉将が詰められたら負け」を挙げたいです。興味深いことに「玉将を取られたら反則負け」になります。ちなみに、日本の将棋類の仲間である『中将棋』などでは「玉将を取られたら負け」になります。ざっと調べたところ、持ち駒を再利用できる将棋類だけの特徴みたいです。

いつごろからこのような「詰んだら負け」になったのかははっきりしませんが、もし持ち駒ルールの導入時に「打ち歩詰め」という用語が存在していたと仮定すると、その時点で「詰んだら負け」というルールも既に存在していたと推定できます。

私事になりますが、私が最初に『将棋』を習ったのは小学生の頃でした。私に将棋を教えてくれた人がプレゼントしてくれた『将棋は歩から(上・中・下)』は今でも部屋にあります。さすがに最初に使った将棋コマはもうありませんが…

その師匠も昨夜に亡くなったそうです。< 幸せな人生だったみたいだから、それほど悲しんでないけどね(むしろ祝ってやるべき)。

自分も次の世代にちゃんと伝えてるか、そんなことを考えます。

Re:Facebook (2010年09月29日)

私は「ネットとは別世界ではなく、リアルに私たちが住んでいるこの世界の一部に過ぎない」と考えているので、ネットは手紙や電話などと同じレベルのものと見なしてます。だから、縁があって知り合った人には名前(HNと同じ文字列らしいです(笑))も住所も電話番号も開示してます。互いの連絡先を知ることは交流の目的ではなく交流の手段だと思ってます。

何の為に生きてるかは人それぞれだから、自分のやりかたを他人に強制するつもりはないけどね。

ボードゲーム『キャッシュフロー』について (2010年09月27日)

しばしばキャッシュフローゲーム会の案内を見かけます。

『キャッシュフロー』というゲームは、ボードゲームとしてはたいして面白いものではないです(ある程度のボードゲーマーならシステムを見るだけでおおよその面白さが分かります)。だから、ボードゲームを趣味にしている人たちは『キャッシュフロー』に見向きもしないです。

ただ、このゲームは「勝ち組に入れれば楽ができる仕組み」を分かりやすく説明しています。その為、投資の勧誘の道具としてしばしば使われてます。現実的に、キャッシュフローゲーム会と呼ばれるもののほとんどが投資の勧誘です。

ボードゲームを勧誘の道具に使うことそのものは構わないと思いますが、悪質なものが少なくないので注意が必要です。

専守防衛の原理的弱点 (2010年09月27日)

尖閣諸島の問題がすぐに軍事的な衝突や占領に繋がるとまでは考えてません。中国の立場から見れば、航空母艦が運用できるまで軍事衝突は避けたいでしょうし、人質や仮装漁船やサイバーテロや経済戦やミサイルによる外交で日本から賠償や租借を得る方が効率的です。

軍事的な衝突の可能性は、航空母艦が完成する2015年以降に急激に高まります。日本はその頃までに、専守防衛戦略から転換する必要があります。

専守防衛というのは、自国領内を戦場にする戦略なので、国民生活が多大な損害を被る可能性が高いです。また、相手の出撃拠点や生産拠点を破壊できないので、講和するのも難しいです。

専守防衛で損害0を達成するには圧倒的な軍事力が必要ですが、現在の日本にそれだけの余裕はありません。制空権を維持した上でミサイルの撃墜率を100%にするのは、技術的にも予算的にも困難です。日本国内に潜入している特殊工作兵にも対応せねばなりません。

最も重要なことは、戦争しないことではなく国民を守ることです。

本日のメモ (2010年09月26日)

墓参。観光@湯島。兵器データ回収。電飾の魔境。サイコは右手で。カメレオン全色。邪神の像。ロマンスカー。地元の祭り。五目茹焼ソバ。

臥薪嘗胆 (2010年09月25日)

明治時代に三国干渉で遼東半島をロシアに引き渡した時にも、政府は「弱腰外交!」として国民から猛烈な非難を受けました。当時の日本は(国民が実感していなかっただけで)いろいろ困窮していましたから、三国干渉を受け入れるしかなかったのでしょう。

国民が実感していないだけで、今の日本も弱いです。経済的に中国依存が著しく禁輸措置などによるボディブローははかり知れません(致命的ではないけど確実にダメージが蓄積します)。また尖閣沖で軍事的衝突が発生したとして、中国の軍艦を沈めて戦闘に勝利することは容易でしょうが、戦争に勝つことは困難でしょう。

だからこそ、感情ではなく理性をもって対応すべきです。日本は国民と領土を守れように強くならねばいけません。経済あるいは軍事だけでなく法律や教育など総合的に整備しなければいけません。

「臥薪嘗胆」は、三国干渉の当時の日本における「悔しいけど今は耐えよう」という意味のスローガンです。私はいまこそこのスローガンを復活すべきと考えます。かつての悲劇を繰り返さない程度に私たちは歴史を学んでます。

国民の生命は尖閣よりも重い? (2010年09月24日)

民主主義においてはしばしば国民の生命は領土よりも重いとされます。だから、人質をとらせないだけの抑止力が必要です。さもなければ、トカゲのシッポのように領土を差し出さねば国民の生命を守れない状況になります。< 例えば、中国は日本人を人質にしても米国人を人質にしないでしょ?

私たちは歴史を学びました。その歴史が真実であろうと捏造であろうと、数多くの国家が滅びた歴史を知っています。この日本国も第二次世界大戦の敗戦で消滅していたかもしれません。数百年後に日本国が健在である保証などどこにもありません。沖縄が日本国のものでなくなっている可能性は有意に存在します。

こんな小説がどこかにあったような? (2010年09月24日)

日本政府が「我が国国民への影響」を考慮して超法規的措置をとるなら、日本国民を人質にして日本政府に対し「日本国の法律を遵守せよ」と強要する人も現れるでしょう。人質はそこらにいくらでも歩いています。

中世以前にセミは蟋蟀に含まれてたそうな (2010年09月24日)

コオロギやスズムシの鳴き声をアナログで楽器化できたら、ちょっと愉しいかも?

火と火とをあわせれば炎になる (2010年09月22日)

例えば、Aは「Bが倉庫外で点火しなければ火事にならなかった。すべてBの責任だ」と主張し、Bは「Aが倉庫内にガソリンを撒いてなければ被害は小さかった。被害が大きくなった分はAの責任だ」と主張しています。

このテーマそのものはそれほど難しくないのですが、これを考えた後に「核兵器を作った人が悪いのか、発射ボタンを押した人が悪いのか?」や「しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。そのモビルスーツの性能のおかげだということを忘れるな」を考えると少しややこしくなります。

微妙な条件の差で結論が大きく変化するテーマだと思ってます。

連休は地下迷宮探索 (2010年09月20日)

この3連休は、まーぶるまっどねすのメンバーと一緒に2泊で群馬旅行してきました。主に地下迷宮探索していたり(謎)。疲れたけど愉しかったです。

情報公開とそのコスト (2010年09月17日)

民主主義における政治といえども、必ずしも全てを情報公開すればいいというものではありません。例えば、外交においてはその情報公開によって大幅な不利益を被ることがあります。経済においても同様です。防衛において戦力配置や作戦計画を完全公開してなお目的を達成するには、圧倒的な戦力を用意しなければなりません。ジャンルによっては、現状と桁違いのコストが掛かりましょう。

民主主義において主権者が統治者に委任することには「情報を秘匿すること」も含まれています。そして何を秘匿し何を公開するかの情報そのものも、秘匿すべき情報である可能性があります。

だからと言って、主権者がチェックできなくなるわけでもありません。例えば主権者は内部監査者にチェックを委任した上で、その内部監査者をチェックするような仕組みなどがありましょう。間接民主制とはそういうものだと思います。

素人と初心者との境界 (2010年09月17日)

素人が初心者の域に達するには、ルールを憶えただけではなく実際にプレイできる程度の能力が必要だと思います。

『境界のRINNE』5巻(高橋留美子/小学館) (2010年09月17日)

鳳が登場してラブコメっぽくなりかけた巻。でも、ヒロインの真宮桜がクール系なので、あいかわらずコメディ色が濃いです。

なお、本田フミカのキャラデザは近年の高橋留美子作品の中でも特に秀逸だと思います。もしヒロインがこのキャラデザだったら歴史は変わっていたかも知れません。

アリオ橋本(Ario橋本) (2010年09月17日)

箱(地上のみ)と借地で100億円ぐらいかな。年間利益3億とするなら売上100億ぐらい必要か。1日あたり3000万円が目標。よって、客単価3000円なら10000人が必要。あの場所だとまず無理なので、いつか撤収すると思う(リニアが橋本に来るのはまだずっと先だし)。うまく稼ぎ逃げた建設業者の勝ちと見るべきか?

いんがけーほー (2010年09月17日)

おそろしく大まかに言えば、抑止目的だけなら未遂罪と既遂罪とを同じ量刑にすべきだし、制裁目的だけなら殺人と傷害致死とを同じ量刑にすべきだし、教育目的だけなら判決時に刑期を決める意味がないです。要するに、いくつかの目的が混在してるわけです。そして、罪の種類によってこの混在の比率がバラバラだったりします。

まるい窓がいいのです (2010年09月17日)

ケータイの買い換えを検討しているのですが、はたして『G'zOne TYPE-X CAY01』(CASIO/au)は本当に発売されるのだろうか?

「日記にするまでもない徒然」にするまでもない徒然 (2010年09月16日)

いつも大局的なことや高尚なことばかり考えているわけでもなく、けっこう不真面目なことも考えてます。

ここ数日では、不法投棄された小さなゴミについて20分も考察していたり、生物の繁殖システムにおけるレイプ婚や共食いについてヒトに当てはめたり、ダンボールは紐で結わくべきかガムテープでまとめるべきか考察したり、『境界のRINNE』のアニメ化の時期について考えたり、ナースウォッチへの改造を計画したり、日本版ワロス曲線の可能性とか、乳の堅さの好みについて考えたり、計算尺の復習したり、完全な人間と理想の人間とのギャップを考えたり、摂食から排泄までの時間を測定したり、歴史的・国際法的に森林はエルフのものかどうか考えたり、スタ丼の肉飯増の持ち帰りがどの程度に経済的か計算したり、ハーバー食べたいな、奴隷の交配について考えたり、『スティッキー』の最小本数について実験したり、塩ラーメンについて妄想したり、PC周辺機器の最適配置を試したりしています。< なにか変なのが混ざってますが、気にしないよーに。

今日も頑張ろう。

人間関係のコツの一つ (2010年09月16日)

人間関係のコツの一つは、「言われたことに答える」のではなく、「言いたいであろうことに応える」だと思う。誰もが自分の意図を正確に言葉にできるわけでもないのです。

追求者たち (2010年09月15日)

経験的に言えば、原因を追及する人と責任を追及する人とは仲が悪いです。社会あるいは集団を発展させトラブルを予防するには、前者の考え方が大事だと思います。

15℃は暖かく、20℃は涼しい (2010年09月14日)

正確に言えば、春の15℃は暖かく、秋の20℃は涼しい。秋よ来い、早く来い。

アナログ放送停止を説明してみる (2010年09月12日)

交通渋滞が慢性的に激しいので、最高時速30kmまでしか出せない旧い自動車が公道を利用するのを禁止するようなもの。その自動車を利用している人にはぜんぜんメリットがないのですが、社会全体のメリットは大きいです。

初心者向け『カタン』ルール案 (2010年09月12日)

ボードゲーム初心者が『カタンの開拓者たち』を嫌いになる理由の最頻のものは「仕返しとしての盗賊移動」だと思います。実際に「仕返しとしての盗賊移動」は(優位者が狙われたのでない限り)勝負のあやを消すことになりゲームをつまらないものにします。だから、初心者用ルールとして「盗賊の移動は、表示されている点数が最高のプレイヤー(複数なら任意)を必ず妨害するように移動しなければならない」を設定するのが良いと思います。結果的に、他のプレイヤーの点数に留意する効果もあります。

Write Only Member (2010年09月12日)

読み書き可能な個人交流用コンテンツにおいて、発言内容を受信するだけのメンバーを俗にROMと云います。この例に従うなら、送信するだけのメンバーをWOMと云って構わないと思います。かつては荒らしを除いてWOMは存在し得ないと思っていましたが、今ではツィッターなどでWOMが当たり前に存在し得ます。

WHATではなくHOWを (2010年09月12日)

算数において重要なのは「計算方法を憶えること」であって「計算結果を憶えること」ではありません。例えば「3960+7305」において「11265」という数字を憶えても、ほとんど役に立ちません。憶えるべき例外は、その計算式が頻出する場合に限ります。

この話は、テレビのリモコンや調理器具など一般の機械操作についても適用できます。面倒でも仕組みを理解した方がいいか、あるいは簡易に操作そのものを憶えた方がいいかは、ケース・バイ・ケースです。

ぺいおふ(定額を越えた分は保護しない) (2010年09月12日)

金融機関が破綻しかけるたびに吸収合併して救済していると、だんだんとハードルが高くなってやがて救済できなくなり、いざ破綻したときのダメージは非常に大きなものになります。日本国民はそのダメージに慣れていないので、混乱も非常に大きなものになるでしょう。

そのように考えていたので、10日の日本振興銀行のペイオフ(定額預金保護)は非常に興味深いです。連鎖も金額も少ないということで、金融庁はあえて(社会実験の意味で)ペイオフに踏み切ったんじゃないかな。もともと当然に踏まえるべきリスクなのですから、よい教訓になると思ってます。

今後はペイオフによる破綻処理がもっと増えるでしょう。取り付け騒ぎが発生するかもしれません。

批判対象は正確に認識すべき (2010年09月07日)

ある社会問題の構図が以下のようになっていたとします。

この構図における可能性の一つが「BはAを扇動してCに反対させる(もし必要ならBはDを仕立てあげる)。結果的に、Bは安泰となっている」です。Aが反対し批判すべきはCではなくBやDなのですが、往々にしてBに乗せられてしまってます。

例えば社会保障不正受給問題(生活保護制度など)においては、以下のような構図があるかも知れません。

どんな社会問題(例えば所持規制や表現規制なども含む)であれ、何を批判あるいは何に反対しているのか正確に認識することが大事です。社会問題の種類によっては適用できないケースもありますが、一般的に最も良い解決策はAが自治ルールを定めて自浄することです。

カップルの年齢 (2010年09月04日)

カップルの年齢差というものは、時が経てば気にならなくなるものかも知れません。例えば、「20歳と40歳」とでは倍も違いますが、40年後には「60歳と80歳」となって比は少なくなります。そして、「10000年と2000年前から愛してる〜♪」と歌われるころには、年齢差など無いも同然になります

「キモオタ」の意味する範囲 (2010年09月02日)

文章を読み書きするときにときどき感じることですが、「主語や目的語としての部分集合」を正確に描写すると冗長になりがちです。かと言って、簡易に描写すると誤解を与えやすくなります。

例えば、たくさんのリンゴ(美味しいモノも美味しくないモノも)が栽培されてます。このときに「たくさんの美味しいリンゴが栽培されてます」は真ですが、あたかも「すべてのリンゴが美味しい」かのような誤解を与えがちです。もちろん、この誤解を上手に利用して読者を誘導するテクニックもあります(苦笑)

それほど諸言語に詳しいわけではありませんが、少なくとも日本語は関係詞を描写しにくい言語のように思います。もしかしたら、従属節を許容する全ての言語が、この問題を抱えているのかも知れません。

いつか人間が働かないでもいい時代に (2010年09月01日)

ときどき「未来ではロボットが働くので人間は働かないでもよくなる」と云う意見を目にします。たしかに世の中は、パソコンや工作機械の発達でどんどん合理化や省力化が進んでます。でも、「人間は働かないでもよくなる」とはなってません(苦笑)

そういえば、産業革命時代の英国では「機械が仕事を奪う!」とした機械破壊運動(ラッダイト運動)がありました。確かに産業革命は社会を全体的に大きく発展させました。しかし、限定的かつ局所的には衰退させたのも事実です。労働者の中には暴力的あるいは破壊的な抵抗運動をした者もいたそうです。

さて、フィクション小説などでしばしば描写されるような「無人農場や無人工場や超人工知能が生産や流通など全てを担うことができる時代」がいつか実現できたとしましょう。しかし反映が続くことはありえず、恩恵を享受できない貧困層による抵抗活動が発生するのがパターンです。はじめのうちは保守する側が抑え込みに成功してますが(シナリオ構成の都合もあり)最終的にはやはり破壊もしくは奪取されます(笑)

これらの構図を考えるに、システムを破壊もしくは奪取されないようにするためには「相対的貧困層を発生させない」や「治安維持や軍備によって抵抗活動を抑え込む」が必要になります。

しかしながら、技術の発展の過程においていきなり「相対的な貧困層を発生させないほど豊かになる」のは非常に困難です。だから、短期的には「抵抗活動を抑え込む」としながら長期的には「ほどほどに利益配分できるほど豊かなレベル」を目指すことになるわけです。

私たちの世代じゃ実現不可能ですが、いつか地球規模でベーシックインカム制度を維持できるほどこの世界が豊かになることを願ってます。その過程において多くの悲劇が発生するだろうけど、人類は前に進んでいくべきだと思ってます。

デスクの下に眠る (2010年08月30日)

締め切りは月末ということで、5年ぶりぐらいにデスクの下で眠りました。願わくば、何人たりとも予定外のタスクを入れないで済むように…

小沢氏が出馬するそうで (2010年08月27日)

今回の小沢氏の民主党代表への出馬は、民主党にとって非常に良い策になってるように思います。つまり、マスコミが報道していた「自民vs民主」という構図を「管vs小沢」という構図に切り替えることで、民主党を与党として固定化させるものと思われます。

この構図は、 かつてニューリーダー争い(安倍晋太郎・竹下登・宮澤喜一)のときに自民党が圧勝したときに似てます。 < そういえば、あの当時にシナリオを書いてたのは誰だったっけ?

政治家の多くは、私たちよりずっとずっと優秀なブレインを抱えてます。彼らの策をすべて読み切るのは非常に難しいです。だから、国民やマスコミは常に「結果的に誰が得するのか」も考えないとなりませぬ。

この髪型が良い (2010年08月18日)

『境界のRINNE』の原作61話「涅槃亭にようこそ!」の真宮桜の髪型。

「歴史の目的」の差異を認識すべき (2010年08月17日)

現代において、自然科学の目的は「自然界の諸事象を正確に説明&予測する理論体系を構築すること」あたりで共通認識がありますが、社会科学の目的については必ずしも共通認識があるとはいえません。

例えば「法律は何の為に存在するのか?」については文化圏あるいは自治体ごとに様々な考え方がありますし、実際の法律体系も様々なものが構築されています。

だから、法律を学ぶ者は「法律の目的はどのようなものか?」と「法律の実際はどのようなものか?」とを学ぶわけです。これらを学ぶことで、「様々な学説が存在すること」を前提に条文を議論できるようになります。もしも学説の違いを考慮せずに条文だけを議論するならば、いつまでたっても埒があかないことでしょう。

社会科学の中でぜんぜん埒があかないものの一つに「歴史」があります。確かに、過去の出来事である「史実」は唯一ですが、史実の解釈である「歴史」はいくつも存在しています。

私は、埒があかない原因は「歴史の目的について共通認識がないこと」にあると考えてます。「歴史の目的は何であるか」という共通認識が存在しないのに「具体的な歴史の記述」の共通認識を見いだすのは原理的に困難だからです。

世の中には「良い歴史とは、史実をより正確に記述したもの」(ここでは歴史学と表記します)と信じ込んでいる人もいますし、「良い歴史とは、交渉がより有利になるよう記述したもの」(ここでは歴史術と表記します)と信じ込んでいる人たちもいます。歴史学においては根拠を元に歴史を記述しますが、歴史術においては歴史にあわせて根拠を編集します。

ある文化圏で歴史学が発達するためには、長い伝統に基づく解読可能な現存資料がたくさんあることが必要です。たくさんの資料があれば捏造や隠蔽は困難になり、歴史術の有用性が減ります。逆に言えば、解読できる現存資料が少なければ少ないほど捏造や隠蔽が容易になり、歴史術の有用性が増します。

また、歴史術においてはプロパガンダが重要になります。都合のいい根拠だけを大声で繰り返すだけでなく、自国や周辺国のマスコミや教育界に介入するのも当然のこととされましょう。

興味深いことに、歴史学からは「相手が捏造している」ように見えますし(あるいは捏造に気がつかないかも知れませんし)、歴史術からは「相手も捏造している」ように見えます。

日本人はもっと「歴史の目的」の差異を認識すべきだと思います。具体的には「捏造することは正当だと信じている歴史術が存在する」と知るべきです。さもなければ、ずっと長いこと水掛け論が続き、やがて交渉力が強い側の言い分が通ってしまいましょう(あるいは、通ってしまいました)。

感情的な対立を避けるためにも、重要なことだと思います。

本日の頭の体操、いってみよー (2010年08月15日)

J村はGファミリーが仕切ってます。この村は裕福であり、村民ぞれぞれが100万円以上の余剰資産を持っています。

ここでGファミリーは村人みんなから100万円ずつ借りて、村民それぞれに100万円ずつプレゼントしました。村民それぞれの資産は100万円も増えて余剰資産は200万円以上になります。Gファミリーの人気は急上昇です。

もちろんGファミリーは村民に返済しなければなりません。そこで村民たちから200万円ずつ借りて、まず100万円ずつ返済し、残りは100万円ずつ村民にプレゼントしました。村民としては、自分の資産がさらに100万円も増えて余剰資産は300万円以上になります。Gファミリーの人気はウナギ登りです。

これを繰り返すうちに、村民の余剰資産はそれぞれ1000万円を越えました。ばんざーい!

さて、何が間違っているかを100文字以内で説明して下さい。

うっちゃんオフ@水道橋 (2010年08月15日)

14日(土)は「うっちゃんオフ@水道橋」(11人)に参加してました。お疲れ様でしたー!

「いい男性が少ない」と嘆く前に (2010年08月15日)

ピラミッド形状の分布においては、平均値よりも高い要素は半数未満であり、平均値より低い要素は半数以上になります。ちょうど半数になる値は平均値ではなく中間値です。

このような分布においては例えば「母集団が100人において中間値以上が50人で平均値以上が30人」は普通にありえます。

普通を平均のことだと思い込んでいると、必然的に「世の中にはいい異性が少ない」と嘆くことになります(笑)

ついでに言えば、たいてい高い要素は売れてしまってます。上記の母集団で上位30人が既に売約済みだと仮定すると、世の中に売れ残っている70人のすべてが平均以下に属します。だから、「売れ残っている70人の半分は平均以上のはず?」というのは明らかに勘違いです。

コミックマーケットに思う (2010年08月15日)

暑い中や寒い中を並ぶのが苦手なのであいかわらずコミケ不参加です(と言うか、まともに一般列に並んだこと1回もないのです)。< ごくまれに、午後にこっそりお邪魔して留美子系を一巡し、混雑する前に帰ることはあったけどね。

私がコミケと縁があった頃と比べれば、コミケもずいぶんと変わりました(スタッフ数も当時の10倍以上いるらしい?)。大なり小なりの問題はありましょうが、全体としては良い方向に発展しているように思います。

生物の命、ヒトの命 (2010年08月12日)

「単細胞生物」や「脳を持たない植物」にも命があります。だから、脳が停止していても生体システムが稼働しているなら「個体として命がある」とみなしてます(ただし、私は尊厳死を認める主義です。腦死者の生命維持装置は外していいと考えてます)。

mixiのサーバがダウンしています (2010年08月11日)

もし週末までずっとダウンし続けたとしたら、コミケ参加者への影響はどれだけあるものやら?

地味な女性の方がモテる? (2010年08月11日)

統計学で言うなら、例えば「派手4人のうち2人がモテて、地味16人のうち4人がモテる」のような状態では、確かに「モテる女性の大多数が地味です」になります。

モスキート (2010年08月08日)

回避率が高いので、まずは化学兵器で動きを鈍らせてから直接打撃で仕留めるのが宜しいかと。< 化学兵器だけで仕留めようとすると、かなりの量を要してしまいます。

『ブラックホール』に思う(私は不参加だけど) (2010年08月08日)

日本における近代ミリタリーやエアガンの趣味の世界は、全体的に衰退し続けてると思ってます。これはイベントや業者がどうこうできる構造じゃないです。

昨今のミリタリーイベント『ブラックホール』を観察するに、「小さな労力でそれなりに儲かるビジネスモデル」を「大きな労力ですごく儲かるビジネスモデル」に変換するのが難しいので、主催者にとっては現在の運営方法が最善手になっているんじゃないかな。おそらくは「儲かる間は開催するけど、儲からなくなったら開催しない」という計画なんじゃないかな。< だから、批判したところでそう簡単には変えられないと思うよ。

業者としては、イベント参加がコストに見合わなければイベント参加しなきゃいいだけなのですが、いくつかの業者にとってはイベント参加がワーキングプアな状況になってるんじゃないかな?

このイベントに業界を活性化させる役割を期待しちゃいけないんじゃないかな。もし期待するのであれば、他のイベントにそれを求めるべきでしょう。その意味で新企画には存在意義があると思います。< もっとも、業界全体を活性化させることはかなり困難だろうけどさ。でも、業界の一部分がWINになる構造は十分に可能だと思います。

海の魚は腹から、川の魚は背から (2010年08月07日)

小学生がゲーム機で遊ぶことについては原則的に反対ですが、その学習あるいは交流の道具としての有用性は認めています。

だから、「仲良しグループの保護者たちが話し合って同時に『任天堂DS』を買い与えた」や「買い与えるソフトは多人数プレイ用のものに限定している」には賛成してます。ついでに言えば、ソロプレイ用ゲームを友達からコピーしてもらえないようにする為にも『マジコン』は使わせるべきではないと考えます。

そんなアドバイスの効果か、知り合いの小学生らは独りでゲーム機で遊ぶことはほとんどないみたいです。

それでも、やはり『DS』を持っていない友達が遊びに来ることもありましょう。ぜんぜん使っていない『DS-Lite』があったので、来客への貸し出し用として保護者に差し上げました。

そして、その数日後に『DSiブラウザ』で表示チェックしないとならない案件ができまして、『DSi-LL』を買ってきたというオチ(苦笑)

せっかくなので、久しぶりに『海腹川背』をプレイしています。

人生観あるいは結婚観 (2010年08月07日)

「もう十分に愉しんだ。私が保護者にでもならない限り、自分の人生の勝利条件を満たしたまま死ねるだろう」と考えてます。保護者になるというのは「自分の子供が生まれた場合」と「親戚の遺児を養子にする場合」が考えられます。これらの場合には、その子供が無事に成人することが必要条件になります。

前者について、私の結婚観は「子供を作らないなら結婚しない。子供ができたら結婚する」です。さすがに現在では年齢的あるいは健康的もファクターがあるので、いまさら子供を作ろうとは思ってません。< 将来的に家事(できれば私より上手に!)を分担する同居人を募集することはあるかも知れませんが、結婚という形にはしないと思います。

後者については、その可能性がまったくないわけでもないので、ある種の保険として私が生きてる意味はあります。

わざわざ死ぬつもりはないですが、このままならたぶん満足したまま死ねると思ってます。

のーもあ (2010年08月06日)

どっちかと言うと、お互いに正しい道を選んだから悲劇になったのだと思うよ。日本は(自国民の犠牲を少なくするために)ハルノートを受け入れず開戦したわけだし、米国は(自国民の犠牲を少なくするために)本土上陸せずに原爆投下したわけだし。< 現在の感覚だと「日本は北海道から即時撤兵せよ」「日本はシーレーンを明け渡せ」ぐらいかな? < 当時の中国大陸の一部は日本国領土だったのです。

悲劇を繰り返さない為には「なぜ悲劇が起きたのか?」の正確な理由を知ることが必要だと思います。

キミが名乗らないのは自由だけどさ (2010年08月04日)

隠蔽も公開もそれぞれメリットとデメリットもあると考えてます。それぞれがメリットとデメリットを理解した上で、それぞれが決めればいいことだと思ってます。

私の場合は「ネットは別世界なのではなく、私たちが住んでいるこの世界の一部に過ぎない」と考えているので、むやみに隠すこともしてないです。

リアルやメールや電話などでいつまでも名前を明かさない人は基本的に信用しないです(つまり、ネットだけの関係から発展させないってこと)。公開を強制するつもりもないけど、交友の発展が見込めない相手といつまでも付き合うつもりもないです。

そもそも、最初に出会った場所がネットだというだけでいつまでも交友の発展が阻害されるのは不合理だと思ってます。

夜は暑いです (2010年08月01日)

こう暑いと楽器の調律も狂います。古代中国王朝の一部では笛の長さをもって基準音を定義していたらしいですが、当然のことながら夏と冬とで基準音の周波数は変化します(空気の温度や湿度も影響します)。

これより推定するに…。王朝のメロディは、その笛だけで演奏していたか、同じように変化する同種の楽器だけであわせていたか、変化する基準音に応じて微調整できる楽器をあわせていたか、和音を考えなくでいいリズム楽器をあわせていたか、のいずれかだったんじゃないかな。< ぜんぜん検証してないけど。

昼は暑いです (2010年08月01日)

今日の昼前に、神保町から秋葉原まで歩きました(そういえばこないだの水曜日にも秋葉原にいたな)。帽子のありがたみを実感できました。シャツもすっかり汗だくです。政官財(誤字)はぜんぜん役に立ちません。ほのかにコロンなど振りかけてましたが、それでも汗くさかったかも?

朝は暑いです (2010年08月01日)

周辺住民に誤解されない為に、屋外での稽古にはRSWカタナを用いてます。抜刀はできませんが、型稽古や素振りには十分です。この蒸し暑い季節に振っていると、すぐに汗だくになります。もしフェンシングの面など装着していたら、きっと確実に熱中症になります。トーナメント参加は、もう少し涼しくなってからのつもり。

ヒトの旅 (2010年07月30日)

太陽から地球まで光速で8分強。ヒトの一生の間に地球は太陽のまわりを60周するとします。ゆえに、ヒトの一生の移動距離(太陽系基準)は「光が2日で進む距離」に相当します。その旅の意味は、自分で決めなければなりません。

運と技術 (2010年07月30日)

「先手必勝あるいは後手必勝となる二人零和有限確定完全情報ゲームは運ゲーだよ。なぜなら、先手を決める振り駒だけで勝敗が決まるからね」…という冗談は別にして…。2人用ゲームにおいて初級者(not初心者)と名人とが何度も対戦したときに、名人の勝率が100%になるならば「技術100%のゲーム」であり、名人の勝率が50%になるならば「運100%のゲーム」だと考えてます。

昨今のボードゲーム界では、一つのゲ−ムを何回も遊ぶというよりも多くのゲームを一回ずつ遊ぶというスタイルが主流です。彼らに対して売るためにどうしても運の要素を強くしたデザインのゲームばかりになっているのだと思ってます。

尊厳死の必要性 (2010年07月30日)

医療技術の進歩で「腦死のまま数百歳まで生かされる人」が可能になると思ってます。しかも、生存の為の費用は当人の年金から天引きで、法的に誰も生命維持装置を外せなかったりすると悲劇です。

剣を持つ者の責任 (2010年07月30日)

誰かを傷つけない為にやむをえず別の誰かを傷つけなきゃならないケース(緊急避難や社会的制裁など)はたまにあります。謝ったって許してなんて貰えない。だから、十字架を背負って生きます。そして、そんなケースにならないように常に思考し続けます。それが剣を持つ者の責任だと思います。

【FAQ】嫌ならマイミク外せばいい? (2010年07月29日)

いつも言うように、私は「ネットは別世界なのではなく、私たちがリアルに住んでいるこの世界の一部に過ぎない」と考えてます。だから、「(mixiだけで繋がっている相手に対して)その言動が嫌なら文句を言わずにさっさとマイミク外せばいい」という意見は私の考え方とあいません。

確かに、mixiでは「たまたまうまくいくケース」ばかり集めることも簡単です(うまくいかないマイミクを外していけば自動的に残ります)。「mixiは別世界だ」と考えている人たちがmixiだけで繋がっている場合には、これはこれで効率よい方法になりえましょう。< もっとも、彼らの関係がmixi以外での繋がりにまで発展してしまったときには、少々のトラブルであっても互いに文句を言うことなく断交しかねません(苦笑)

しかし、リアルにおける人間関係は「たまたまうまくいくケース」ばかりじゃありません。互いに意見を通知して適切な距離(あるいは付き合い方)を図ることが重要だと思ってます。その上で適切な距離が見いだせない場合には、縁を切っていいと思います(むしろ縁を切った方がいい場合もあります)。< mixi以外での繋がりもある関係の場合は、最適な距離が「マイミクは外すけどmixi以外では縁を残す」になることもしばしばありえます。

なにか小さなトラブルがあったぐらいですぐに「mixiやめる」「マイミク外す」と悩まないで済むようになって欲しいです。ちょっとだけ勇気を出せば(mixiだけの付き合いであっても)たいてい適切な距離を見いだせると思います。応援してます。

何のためのボードゲーム (2010年07月26日)

みんなが「またやりたい」と言うならそうすべきであって、原則的に「様々なゲームを知ってもらう」よりもずっと優先されることだと思ってます。…って言うか、もともと遊びの道具とはそういうものだと思います。

ポジティブになる? (2010年07月25日)

ポジティブってのはネガティブと同様に「なろうとしてなれるもの」ではなく「いつのまにかなっていたもの」なんじゃないかな。コントロールするのはかなり難しいと思います。 だから、「ポジティブになってポジティブな行動をする」ではなく「ポジティブっぽい行動してればポジティブになる」なわけですさ。

パロディとパクリの違い (2010年07月23日)

正当防衛と先制攻撃 (2010年07月23日)

「先か後か」よりも「必要な程度を逸脱しているか否か」が問題だと思います。銃火器を向けられた場合に「撃たれてから反撃」では間に合いません。

【交流】察せる人と察せない人と (2010年07月23日)

世の中には「何らかの理由で比喩や行間を察することができない人たち」がいます。彼らは言葉を言葉通りに解釈する傾向がありますが、そのことでしばしば周囲とトラブルを発生させます。

トラブルの構造について、プロトコルの観点で考えてみました。

世の中には少なくとも2種類のプロトコルがあります。

前者は後者を内包するので、「前者にとって後者は、間違ったことではないが迷惑なこと」であり「後者にとって前者は、間違ったことであり迷惑なこと」となります。必然的にトラブルの大多数は、後者が前者の“間違い”を質してあげるケースになります。

このような事例が積み重なると、後者は前者から敬遠されるので被害妄想を抱きやすくなります(当人は「質すのは正当な行為だから、敬遠は不当な行為だ」と認識してるみたい?)。さらに、あらゆることについて「自分が間違っているのではなく周囲が間違っている」とますます信じ込みやすくなります(なんせ当人にとってはいつもいつも周囲の人たちが間違っているのですから)。

また、当人は敬遠される理由を実感していないので、自分の居場所を確保するための処世術として過剰なまでの献身的態度を取ることもあるみたいです。

私のスタンスは「悪気がないことは理解している」「信用してないのに利用するのは私の美学に反するので、過剰な献身的態度はほどほどに遠慮する」「交流方式はできるだけ合わせるけど、思い込みで周囲を攻撃してきたなら敬遠あるいは遮断する」「同じタイプの人たちと巡り会えるといいね。がんばって!」です。

積極的に黙認したいケース (2010年07月22日)

足腰の弱い老人がチャイムを鳴らせずにバスから降りれませんでした。次のバス停(小さなターミナル)で老人が運転士にその旨を告げると、運転士は車内放送した上で前のバス停に戻り老人を降ろして戻って来ました。

たぶん規約違反なんだろうけど、こういうのは積極的に黙認したいです。

かけがえのないもの (2010年07月22日)

今あの空を見上げている人たちは同じ月を見ています。今この文章を読んでいる人たちは同じ星に住んでます。資源は大切に、空き缶はくずかごに。

らんまらんまで日が暮れる (2010年07月20日)

本日のダイジェスト

で、現在は『らんま1/2』視聴中。< 本日の主題

親切を評価すること (2010年07月20日)

媚びとは自分が気に入られることを目的とする作為。優しさとは相手を困らせないことを目的とする作為&不作為。だから、自分が嫌われてでも為すべきことがありえます。なお、不必要なほど過剰に奉仕する人はたいてい前者。良い悪いは別にして、これらを区別するのは大事だと思います。

バンガードミッション特例会&月例会 (2010年07月18日)

17日(土)@「橋本公民館」の参加者は15人ぐらい。『じんらみー』『そうこのまち』『ぴくとりあ』『あやつり』『きゃんとすとっぷ』『かたん』『ろぼ77』『ますたーずぎゃらりー』『11にむと』『どめも』『ごいた』『くにとり』『あくわいあ』『ぺんぎんぱーてぃ』などがプレイされてました。

18日(日)@「杜のホールはしもと」の参加者は30人ぐらい。『かたん』『ちるのでちゅ』『くらうど9』『のみのさーかす』『ちぇーてん』『ぎりぎりぼーりんぐ』『でぃくしっと』『あくわいあ』『びばぱんぷろーな』『どみにおん』『どみりおん』『ぐれんもあ』『がいすたー』『うさぎとはりねずみ』『ぼーどげーむぎーくげーむ』『あんどろめだ』『ぴくとりあ』『らみーきゅーぶ』『ばるば★ろっさ』『ふらっくす』『さんふぁん』『おうごんとし』『らー』『はちはち』『れーすふぉーざぎゃらくし−』『わんすあぽんあたいむ』『きんぐるい』『ぐりーど』『さーかすまきしまむ』『もだんあーとかーどげーむ』『ぐーすかぱーすか』などなどがプレイされてました。

いつもありがとうございます。

BBQ@高田橋 (2010年07月17日)

17日(土)は、高田橋BBQ(十人ぐらい)にお邪魔してきました。でも、昼から別の用事があるので、ソーセージと餃子と野菜と飲み物など頂いてから撤収しました。後から聞いた話では、シーフード、ヤキソバ、ホットケーキ、かき氷などもあったそうです。

次回は夜がいいですね。FXライトセーバーや花火やパーカスなど持ち込みます。

北朝鮮について (2010年07月16日)

北朝鮮について批判するのは簡単なんだけど、批判だけでは問題が解決しないのも事実です(もちろん単純に援助するだけでも解決しまい)。

思うに、「人民を犠牲にしてでも軍事力を保持し続けること」が特権階級にとって最善の選択肢になっている構造が問題です。< ついでに言えば、難民予防あるいは批判し続けるためにこの構造を敢えて放置している人たちの存在もね。

実際に、北朝鮮が医療や教育など国民生活を優先していたら、中国かロシアか多国籍軍あたりが「親愛なる北朝鮮の人民を保護する為に」「北朝鮮の良心的人民の要請により」という名目で進出か侵略か制裁しているんじゃないかな。それでも、北朝鮮の人民(not特権階級)にとってはその方がマシかも知れないけど。

周辺諸国が軍事力で人民を保護しない以上、特権階級の自滅待ちが周辺諸国にとって最善の選択肢になっているのが現状だろうと思います。

いずれにせよ、しばらくは北朝鮮の人民の受難は続くだろうと思います。

大人の喧嘩と子供の喧嘩 (2010年07月14日)

利害調整で争うのが大人の喧嘩で、勝ち負けで争うのが子供の喧嘩。

見たことないけど (2010年07月14日)

ジャンボジェンガ(2セット)を貸し出すことになった。なんでも「あらびき団」という番組で使うらしい。

世代内格差と累積債務 (2010年07月13日)

部分を保護する名目で全体を保護するから債務が増大し続け、保護すべき人たち(部分集合)の保護は不足し、保護しなくていい人たち(補集合)の保護は過剰になる。(

戦略投票 (2010年07月11日)

例えば3人から2人を選ぶ中選挙区で、予想ではAが優位でBとCとの順で続くとします。このようなケースでは、Aを支持してBを支持しない人が、Bを落とす為に敢えてCに投票することがあります。これが戦略投票です。

面白いのは、みんなが戦略投票するとAが落選するかも知れないということです。そして、投票締切前に「出口調査」を報道することで、この戦略投票を少しだけ誘導することができます(笑)

ゲーム理論としてなかなか面白い演習問題です。

衆愚政治のリスクを避けることも (2010年07月11日)

民意を正確に反映させることができればできるほど、衆愚政治のリスクが高まります。民意を正確に反映してうまくいくのは、主権者である民衆が必要十分な情報を得て理性的に投票行動する場合に限るのです。

まず、民衆が必要十分な情報を得ているとは限りません。本来それはジャーナリズムの役割だったのですが、現実のマスコミにおいてはかなりの「偏向報道」がありましょう。また、ネットで情報を集める人たちにも(自分の気に入った記事ばかり閲覧するので)「偏向視聴」がありましょう。

そして、すべての主権者がそれぞれの選択肢に対して適切な評価をする能力に長けているわけでもありません。

衆愚政治を避けるためになんらかの安全装置が必要だと考えてます。この意味で、二院制は一定の安全装置として機能していると思ってます。

範囲投票方式(Range voting) (2010年07月11日)

ところで、ほとんどの有権者は状態を判断する際に「支持する候補者が含まれるか否か」で判断します。だから、状態の数が膨大になる場合には「各候補者に対して是認の度合いを点数で投じる」に簡略化できましょう。この方式は「範囲投票方式(Range voting)」に相当します。

さらに簡略化するなら「是認(+1)か白票(0)か否認(-1)か」あるいは「是認(+1)か否認(0)か」まで簡略化できます。この簡略化は、「認定投票方式(Approval voting)」に相当し、単純に「その候補者を受け入れるか否か」で投票するものです。

「範囲投票方式(Range voting)」も「認定投票方式(Approval voting)」も小選挙区制度では非常にうまく機能するもの(状態に投票する方式と同じ結果になる)の、大選挙区制においてクローン候補がたくさん擁立すると極端な結果になりやすい問題があります。

【投票方式】ランチは何にする? (2010年07月11日)

学生時代に思いついた投票方式のひとつに「候補者や政党に投票するではなく状態に投票する」があります。例えば4人の候補(ABCD)から2人を選ぶ場合には、「AB」「AC」「AD」「BC」「BD」「CD」の6つの選択肢それぞれに対して是認の度合いを点数で投じるものです。ちなみに、1人だけを選ぶ場合には、「A」「B」「C」「D」の4つの選択肢それぞれに点数を投じます。3人を選ぶ場合には「BCD」「ACD」「ABD」「ABC」の4つの選択肢それぞれに点数を投じます。私はこの方式は非常に優れていると考えてます。

実際的には「是認(+1)か白票(0)か否認(-1)か」あるいは「是認(+1)か否認(0)か」のように簡略化することも可能でしょう。

この方式の問題点は、候補者が多い大選挙区制においては一挙に選択肢が膨大になることです。

FXライトセーバーで遊ぶ人たち (2010年07月11日)

私は、ライトセーバーの剣術には興味あるけど、ジェダイの扮装にはあまり興味ないです。また、FXライトセーバーはあくまで玩具であると考えているので、スターウォーズとぜんぜん関係ない集まり(武術や夜遊びや他の趣味の集まりなど)に持ち込んで遊ぶこともあります。着ぐるみ装備で遊ぶこともあります。冬の夜にはスキー場で遊びたいな、と考えているくらいです。

人それぞれでいいと思います。

格差 (2010年07月10日)

いくつかの動物の社会においては「いずれの立場が上であるか?」を認識することが重要です。

特に同性の個体間での上下関係は繁殖に直結するので非常に重要です。多くの場合、対面時のコンテスト(肉体的要素(サイズや形状や戦闘力など)や芸術的要素(色彩や囀りや踊りなど)や経済的要素(提示される餌や巣など)など)で互いに上下関係を認識するようです。

この上下関係の認識が、群れの内部でのランクになります。ランクの低い個体は、尻尾をまるめて日陰者として生きていかねばなりません(場合によっては、群れから去ることもありましょう)。外部の者には理解できない格差社会がそこにあるのです。

ネットで調査していたら、この問題をよく理解できる動画を見つけました(笑)

お弁当が割高な仕組み (2010年07月09日)

ランチ(注文を受けてから作る弁当を含む)に比べてお弁当が割高なのは、やはり売れ残りリスクを踏まえているからじゃないかな?

弁当屋の営業戦略としては以下の2つが考えられます。

ビジネス街に出張して売りに来る弁当屋はたいてい前者で、固定店舗で副業的に作りおきしている飲食店はたいてい後者かと。

日本が誇る妄想力あるいはHENTAIパワー (2010年07月07日)

日本の特有の文化に「八百万の神々」があります。この宗教観こそが「あらゆるもの」を擬人化する根源だと思ってます。幼児教育からして「そんなことしたら、お花さんが可哀想でしょ?」が普通に使われてます。

この「あらゆるもの」には、動植物に限らず鉱物や概念まで含まれます。道具や機械や国家まで擬人化しついには恋愛対象にまでしてしまう文化は非常に興味深いです。そして、この「あらゆるもの」には作品中の登場人物や実在の人間までもが含まれます(多くの場合は「萌え」の対象になります)。 < ついでに言えば、異性の友人を擬人化したものを恋愛対象にすると、きっといつか事件になります(苦笑)

こんな解釈など、日本人から見ればどうってことのないレベルです。でも、もしかしたら上記の擬人化のいくつか(ある種の妄想力あるいはHENTAIパワー)は、他文化に所属している人たちから見れば非常に奇異なものかも知れません。日本人としてそれは自覚しておいていいと思います。

ラムが好きです (2010年07月07日)

私はラム(高橋留美子『うる星やつら』)が好きです。

でも、「ラムちゃんは俺のヨメ」のような好きではないし、カップリングを応援するものでもないし、そもそも恋愛対象でもありません。「萌える」でも「恋する」でも「憧れる」でも「慕う」でも「愛でる」でもなく単純に「好き」です。ラムのイメージではなくラムそのものが好きです。たぶん私は、ラムという登場人物を、ただ『うる星』ワールドの重要な構成要素として好いてます。だから長続きしているのかも知れません。

「七夕デート」から30年が経ちました。たくさんの人に感謝しています。

魂の管理人 (2010年07月06日)

今週のスピリッツの付録は『三国志大戦』用EXカードです。デザインは音無響子そのまんま(むしろ本人によるコスプレ)。

故意に例外処理を発生させる (2010年07月03日)

ワールドカップのウルグアイ対ガーナ戦。延長後半14分のスアレスのハンドは、賢いファ−ルだと考えます。

野球において強打者を敬遠するのは戦術の一つです。マージャンで役満を振り込む確率が高いなら敢えてチョンボするのも選択肢の一つです。累進課税制度において税率を上げないように収入を調整するのも同様です。優勝を確定するために故意に浅く負けるのも同様です。コンピューターゲームでバグ技(名古屋打ちなど)を利用するのもありましょう。

故意の例外処理は(より上位のルールに反しない限り)必ずしも非難されるべきものではないと考えます。だから、他人を負傷させるファール(故意のデッドボールなど)は非難されますし、脱税は非難されますし、「(交流もしくは娯楽または見世物もしくは賭博対象として)正々堂々とプレイする」という上位ルールに故意に反すればやはり非難されます。

ルール違反を非難する場合は、どのレベルのルールに違反しているのかを考えるのが大事だと思います。

あんた、誰? (2010年07月02日)

旧HNを書かずに「HN変更しました。新しいHNは…」と書かれても(苦笑)

ラップ容器内の水蒸気の振る舞い (2010年07月02日)

電子レンジから取り出したときに、ラップ(食品用ラップフィルム)が容器にピッチリと張り付いていることがあります。

物理学的に言えば、加熱時に発生した水蒸気で容器内の気圧が上がり、元からあった空気と発生した水蒸気の混合気体が食品用ラップフィルムと容器との隙間から漏れ、加熱終了後に水蒸気が凝縮(液化)して容器内の気圧が下がり、食品用ラップフィルムが容器にピタっと張り付く現象です。< なお、この現象においてはラップの融解は発生しない温度であるとする。

…私の肉まんが(涙)

電車が止まる原因 (2010年07月02日)

地震・雷・火事・親父

もしかしたら理解してもらえないことの一つ (2010年07月02日)

外見の良い女の子は、男性から外見だけで判断されてしまう辛さを抱えているのだろうと思う。ちゃんと外見以外も見てあげるべき。

みんなの幸せの為に (2010年07月01日)

他人がルール違反していると思い込むと過剰に攻撃し、それを指摘されると逆切れする人がいます(ずっと前に「万引き少女をレイプしていいか?」という倫理問題を論じたことがあったけど、問題の構造はそれと似ています)。しかも、ルール違反が冤罪だった場合でも絶対に自分のミスを認めない。

そんな人は敬して遠ざけ、適切な攻撃目標をあてがっておくのがいいと思います。それがみんなの幸せの為です。

海上浮遊型原子力発電所 (2010年07月01日)

このアイデアは賞賛に値する。

完全に忘れる方法 (2010年06月30日)

完全に忘れる方法はあります。「いままでの人生の中でどれだけのことを忘れてきたか」を思い出そうとすれば、それが分かります。

イジメについて (2010年06月29日)

私がしばしば「世の中には信頼できる大人もいることを示したい」と言うのは、たいていイジメられている子どもたち(かつてイジメられていて今なおトラウマに怯える大人も含む)の為です。私事になりますが、小さいながらもチャットサイトを運営したり、趣味を通じて子どもたちと交流したりしてるのも、主にそれが目的です。私の知識や経験はそれなりに役に立っているみたいです。

単にイジメを禁止するだけではどんどん陰湿化するだけだと思ってます。情報化社会によって出現した「監視不能な領域」でイジメが進行するのは当然の成り行きなのです。保護者や教師らが「私たちはイジメを禁止してました」によって法的責任を免れようとも、イジメを増長した社会的責任は免れません。

大人たちがこのようなスタンスを必要としないように、世の中を変えていきたいです。こうすることでイジメの増長はいくらか防げます。今の世代の子どもたちを救うことはできなくても、せめて次の世代の子どもたちの何人かは救いたいです。

イジメを減らすには、イジメの必要性を減らすことが必要だと思ってます。そのためにも、保護者や周囲の大人たちがもっと子どもたちと向き合うべきです。そして、子どもたちが自分の存在場所と存在意義を自覚できるようにすべきです。< このあたりはものすごく長くなるので、この日記では割愛。

偽善と言われることには慣れてます。結果的であろうと世の中が少しでも良くなるのは、私にとって愉しいことなのです。ええ、私は愉しむために生きています。

こころがまえ (2010年06月28日)

現代武術においては「防具がない状態で様々な武器を相手にする状況」を想定しておくべきだと思ってます。< 防具はあくまで稽古の為の安全用具にすぎませんから。

主語の省略を利用 (2010年06月28日)

政治家の台詞における「許されない」という語句を聞くたびに、「許さない」の主語は誰だろうと気になります。省略形というのは実に都合よく使えるものです。

合理的な人の考え方 (2010年06月28日)

合理的でない人の存在を前提にするのが、合理的な人の考え方だよ。そういうリスク計算はすごく大事だと思います。

若さって何だ? (2010年06月27日)

「十年後に自分はどうなっているのだろう?」と考えるのが若者で、「十年後に世界はどうなっているのだろ?」と考えるのが老人なんじゃないかな。

まーぶるまっどねす6月例会@立川 (2010年06月26日)

第4土曜日は「まーぶるまっどねす」月例セッションです。今日は立川で遊んできました。プレイしたのは『Gloria Picktoria(栄光のピクトリア)』と『Advanced Dungeons and Dragons 第2版』です。井上トロが見学してました。

桔梗&日暮かごめのフィギュア♪ (2010年06月24日)

『犬夜叉』キャラの中では特に桔梗が好きです。

桔梗&かごめのフィギュアを頂きました。正式名称は『Dream Prize Project るーみっくわーるど×海洋堂 ボトルオンフィギュアコレクション by BOME Vol.2 犬夜叉 全2種(かごめ・桔梗)』です。サイズは17cmぐらい。造形はまあまあかな。

ちょうど飾る場所ができたとこなので、しばらく飾っておきます。ミニチュアの長弓と短弓を持たせてみようかな、と考えてます。

現代の多夫一妻制 (2010年06月24日)

1人の二次元の嫁は、たくさんの三次元の婿を持っているのだよ?(笑)

LPガス用ボンベを叩き鳴らす (2010年06月23日)

先週のことになりますが、ふと「何か音が鳴らせるものが欲しいなあ」と考えました。要求仕様は「クロマティックスケール(半音階)である」「得物を使った直接打撃系である」「輸送&収納に適してる」です。

さっそくどんなものがあるか調べました。

最初はタッチパッド『OCTAPAD SPD-30』(Roland)やグロッケン『TG-60G(金色)』(YAMAHA)に惹かれましたが、そこまで本格的にやるつもりもありません。

そんな折に、たまたまハンクドラム『Cycle of Fifths』を見つけました。プロパンガス用ボンベを材料としたハンドメイド品ですが、特に問題ありません。< このあたりの感覚は、武器の選択と共通します。

で、今日の昼に届いてました。帰宅してさっそく、耳コピして『ラムの思いやり』(5C4,4A4,5C4,5B4,5B8,5C8,4A#8,5B8)など鳴らしてみました。予想していたよりも良い音だと思います。

自宅で実験するだけでなく、BBQや花火などの機会にFXライトセーバーと一緒に持ち込むつもりです。また、マレット(撥)はLEDを使って自作中です。もしかしたら、演武における光と音について何か新しいヒントが得られるかも知れません。

愉しす。

報道される動機 (2010年06月22日)

もし「非正規労働者の実情を社会に注目してもらう為にやった」と言ってたとしても、いくつかの理由で「むしゃくしゃしてやった」や「個人的な怨恨でやった」と言ったことにされるかも知れません。

なんでこんな可能性を考慮しているのかというと…。本当に「むしゃくしゃしてやった」や「個人的な怨恨でやった」のだとしても、逮捕された直後にはそれなりの正当性を主張するものだと思うからです。過去の類似した事件を思い返しても、正当性を主張する言い訳があまりにも少ないように思います。

だから、何かを社会に訴えたいときはしっかり犯行声明をばらまくべきだと思います。< もちろん、犯罪行為に対する責任は負わなければなりませんが。

そして、社会や企業もこの類の事件の再発を予防するために、原因を個人の事情に求めるだけでなく、業界の構造を改善していくべきだと思います。

にわにわ (2010年06月22日)

裏庭に埴輪、庭にワニ、埴輪には二羽、庭には二羽、ニワトリがいる。

理想形 (2010年06月21日)

感情を持つことも感情を表に出さないことも同様に大切だと思ってます。私の理想は灼熱の感情(内側)と冷静な理性(外側)の組み合わせです。

ゴッドボイス「ら・むー!」 (2010年06月21日)

今日はお昼に秋葉原で打ち合わせ。でも、用件は一瞬で終わったので、サーバ用パーツやチューナー(not 電波用 but 音波用)などを買って帰宅しました。

チューナー『SAT800』(SEIKO)はそれほど本格的なものではありませんが、遊ぶには十分な性能です。

とりあえず、自分のボイスの周波数を測定して遊んでます。例えば胸式呼吸よりも腹式呼吸の方が周波数が安定していることなど、理屈で知っていることを実際に測定して確かめてます。

こいつがつまづく原因だ! (2010年06月19日)

12階の音から適切に選んだ音階のセット(例えばペンタトニック)は、どの組み合わせて鳴らしても人間の耳には良い和音に聞こえます。7個を選んだセットで最も有名なものは、いわゆるドレミファソラシドです(こちらは組み合わせによっていささか不協和音もあるみたい?)。

音程は、このセレクションの中における音階の差を表します。この数え方は、物理学から音楽を学ぶ者にとってあまり美しくないと思います。

いちおう解説 (2010年06月19日)

オクターブ(ある周波数からその倍の周波数まで)の中に、周波数が等比数列(約1.059倍)になっている12個の音階を設定します。これが12平均律です。< ピアノの白鍵&黒鍵がそれに相当してます。

また、複数の音を鳴らすときそれらの周波数比が単純な整数比であるほど一般に良い和音になります。

で、ピアノにおいてある鍵(例えばドの音)から白黒あわせて7個隣の鍵(ソの音)は周波数が約1.4983倍になります。人間の耳には十分に2対3とみなせるので、ドとソの組み合わせが良い和音に聞こえるわけです。

たまには自分の知らないジャンルに触れてみようキャンペーン (2010年06月18日)

専門用語は初めて見るものばかりでしたが、物理学的にはとても簡単でした。もし私が十代の頃に (2^(1/12))^7≒3/2 が表す物理現象を知っていたら、私の人生はいくらか違っていたかも知れません。

そんなことを考えながら、今日はずっと周波数や方程式で遊んでました。けっこう愉しいです(それでもやはり物理学的な意味で)。

『デジタル・ミステリー・ツアー』 (2010年06月18日)

最近のBGMはずっと『デジタル・ミステリー・ツアー』です。

このアルバムは『うる星やつら』BGM集でもあります。雪ダルマの話などで使われてます。私事になりますが、二十数年前にかなり苦労してこのLPレコードを探し求めました。そんな思い出補正もあり、このアルバムは私にとっては特別な一枚です。

ありがとう (2010年06月17日)

そろそろサブPC(サーバ用)が寿命みたい。4年間ほとんど24時間運用してました。よく頑張ってくれたと思う。

こんなこともあろうかと宇宙科学研究所 (2010年06月14日)

早目に用事を済ませ、宇宙科学研究所(ISAS/JAXA)に寄りました。

模型など展示されてました。小惑星探査機「はやぶさ」は思ってたより小さかったです。軽自動車ぐらいかな。

…すごく頑張ったんだな(涙

技術の灯火は絶対に消させまいと、改めて誓いました。

小惑星探査機「はやぶさ」 (2010年06月13日)

窓を開け「オカエリナサイ」とつぶやいた。明日の技術の為に、この感性を大事にしたい。

九頭龍の呼び声 (2010年06月13日)

箱根に行ってました。目的は九頭龍神社の例大祭です。

暑いです (2010年06月12日)

軽く型稽古するだけでも汗をかきます。毎朝の朝風呂をまじめに検討中。< でも、夕方も汗だくです(汗

禁止するだけでなく (2010年06月12日)

「探検ごっこ」で遊んでよい場所がないから、遊んじゃダメな場所で「探検ごっこ」するんじゃないかな。小中学生レベルならそんなもんだと思うよ。だから、親や教師や社会は「ここで遊んじゃダメ」と教えるだけでなく「ここなら遊んでいいよ」と教えなきゃいけない。< そのためには、実際に遊んでいい場所が必要です。

あらいさとし氏 (2010年06月08日)

国家戦略担当大臣に就任したらしい?(

選択と集中 … 勉強や趣味 (2010年06月06日)

限られた勉強時間を有効に活用する方法の一つとして「不要な科目は必要最低限だけ修得し、残りの全リソースを必要な科目に費やす」があります。高校レベルにおいては、もし1科目か2科目だけに集中できたなら、それらの科目だけはトップクラスになれるでしょう。私の場合は、物理と数学だけしか自習しませんでした。さすがに、「いつか翻訳機が実用させるから英単語は憶えないっ!」とした英語は赤点すれすれでした(なぜかその他の理科や国語は得意でしたけど)。

趣味の選択においても似たようなことがいえます。あらゆるジャンルに手を出すよりもいくつかに絞ってマスタークラスを目指した方が私は愉しいです。

実際に、私の人生においてはいくつかのジャンルを諦めてきました。例えばテレビ関連(芸能やスポーツや映画やドラマ)や音楽や運転や飲酒や恋愛などです。高橋留美子作品に詳しいくせにその他のマンガやアニメをあまり知らないのはこういうわけです。周囲の人と話題が合わないこともありましたが、それも承知のことです(時間もお金も限られてましたし)。

それでも余裕が出てくると、かつて諦めたものが新鮮に感じられます。実際には時間が足りないので無理ですが、せっかくなので今は「ひとつぐらい初めてみようかな」という気分を愉しんでます。

バトン (2010年06月05日)

幼児らを見て、彼らの健やかな成長を願う。私たちが幼児であった頃、当時の大人たちも何か願ってたに違いない。ちゃんと応えたかな?

安曇野 (2010年06月04日)

安曇野に行ってきました。ログハウスに泊まりました。そんな近況

体と心 (2010年06月01日)

「体を抱く手段として心を抱く」と「心を抱く手段として体を抱く」とは似ているようでかなり違います。「思考の領域(Sphere of Thought)」の住人としては、体よりも心を頂きたいです。

風流と書いてDQNと読む (2010年06月01日)

「六月一日」は「うりはり(瓜破)」「くさか(日下)」「さいぐさ(三枝)」とも読みます。憶えていても役には立ちませんが、風流だと思います。Wikiによれば今日は「電波の日」「気象記念日」「バッチの日」「写真の日」「チーズの日」でもありますので、どこかで例えば「でんぱ」や「ちーず」と読まれているかも知れません。これはこれで風流だと思います。

人間は何の為に生きてるのですか? (2010年06月01日)

十分に成長した人は「何の為に」を自分で決めることができます。他人から「何の為に」を与えられる場合においても、やはり「誰に与えてもらうか」を自分で決めることになります。

価値観は人それぞれですので、必然的に「何の為に」も人それぞれになります。よって、万人に共通の「何の為に」は存在しません。

夢想 (2010年06月01日)

人は夢を見ることで抑圧されたストレスを発散させていると思ってます。でも、私はショートスリーパーです。熟睡しているせいか、夢を見ていません(見ているかもしれませんがまったく覚えていません)。だから、徒然と妄想する時間や何も考えない時間をときどき作って、能動的にストレスを発散させてます。

スリングショット (2010年06月01日)

非常持ち出し用品の中に、特殊警棒やスリングショットを入れてあります。スリングショット(フォールディングファルコンとダルコン2)は自分で使うのではなく仲間に使ってもらうつもりです。銃を持った相手にはかないませんが、被災時の火事場泥棒ぐらいなら十分に対抗できます。

購入してからちょうど5年が経過したので、ゴムを交換しました。願わくば、一生ずっと使う必要がないことを。

同人誌の電子書籍化のメリット (2010年06月01日)

おおよそ、そんなあたりじゃないかなっ

少年よ、大志を抱け (2010年05月31日)

「少年よ、大志を抱け。この老人のように」。< ウィリアム・スミス・クラーク博士の言葉を直訳するとこうなります。

タコヤキ (2010年05月31日)

私の流儀では、タコヤキは楊枝や串ではなく箸で食べます。

奈良漬 (2010年05月30日)

奈良漬け大好きです。

食欲のない朝なら、ごはんと奈良漬けだけで大丈夫です。

いつか繁殖が義務となる社会 (2010年05月30日)

もし地球の人口が100人であったなら(そしてエネルギーや食糧などのリソースが十分に確保できるなら)、おそらく最大の問題は「繁殖」になると思います。そのような社会においては、恋愛や婚姻や出産の自由など保障されません。おそらくは、繁殖の為のマッチングが普通に行われてると思います。

流石に100人というのは極端な例ですが、家族単位でみればマッチングは必ずしも不可思議なことでもありません。家族維持は、跡取や墓守や伝承などの観点で非常に重要な問題です。国家レベルの社会ルールにおいては「繁殖は権利」とされていても、家族レベルの社会ルールにおいては「繁殖は義務」とされえます。

かつての日本では、婚姻は当事者だけの問題ではなく家族の問題であるとされてました(今でもそのような価値観がある程度は残ってます)。だから、家族が相手をしっかり見定めたり、お見合いというペアマッチングが当たり前のように行われてたわけです。また、繁殖を支援するための大家族制度が機能し、家事の分担や経済的な支援などがしっかりなされてました。老人たちは貯えた収入のいくらかを後の世代の為に費やしてました。

逆に言えば、十分な支援が家族から得られるので若いカップルでも結婚や出産に踏み込むことができたわけです。

このように考えると、非婚化問題や少子化問題の構造の一端が見えてきます。核家族化や社会情勢の変化によって若いカップルに対する支援が失われているだけでなく、高齢者の医療費や赤字国債で若い世代の負担がますます増えてます。若い男性は家族を養うことに自信を持てないし、若い女性は出産を避けようとします。

若い世代は遠慮なく実家の支援を求めていいと思います。ただし、家族の眼鏡に適うレベルの相手をしっかり選ぶことが必要ですし、いつか自分も家族を支援する責任が課せられます。

是々非々 (2010年05月30日)

しがらみで非を是とするんじゃストレス溜まるよ。できるなら、是是非非で生きるといいです。< 居場所が誰かに与えられているうちはしょうがないかも知れないけどさ。

さとりん (2010年05月30日)

「あの二人に何かあったな」と察してしまっても、たいてい知らない振りしています。でも、たまにボロをだしたくなります(笑) < 幸せになってほしいです。

気分だけドラマーしてます (2010年05月28日)

昨今の楽器事情を知るために、いくつか楽器店に立ち寄たりしてます。自分が知らなかった楽器や楽器の相場などを知ることができました。「楽器はいずれも高いものだ」というイメージがありましたが、入門用の楽器はそれほど高いものではないみたいです。< だからといって、本格的に楽器を勉強するつもりはないけどっ < そんなヒマもありませんし。

レジの横で、携帯型ドラムサウンドミキサーユニット『ポケットドラマー』というものを見かけました。

この『ポケットドラマー』をヘッドホンアンプのように音楽プレーヤーとヘッドホンとの間に繋げ、曲にあわせてボタン(スネア・ハイハット・クラッシュ・バスドラムの4種)を押すとドラムサウンドがミキシングされます(筐体単位で音量調整可)。アプリでも似たようなものがありますが、ちゃんとボタンが付いているのが良いです。でも、楽器というよりもむしろ玩具に近いです。

デモ機で遊んで面白かったので、白と黒との2個を買ってきました。2個を直列につないで左手用(音量を大きく設定)と右手用(音量を小さく設定)とにしました。これで8音まで同時に叩けます。

ここ1週間ほど遊んでます。けっこう面白いです。

客をもてなす心得、友をもてなす心得 (2010年05月26日)

自分がホストなら「ゲストが愉しむこと」が重要だけど、相手と対等な関係であるなら「一緒に愉しむこと」が重要だよっ

青汁 (2010年05月26日)

青汁はメーカーやショップによって配合が異なりますが、ケールが主成分であることには変わりないので、どれを飲んでもいいと思います。ケールはキャベツやブロッコリの仲間です。特有の栄養成分はキャベツやブロッコリとほぼ同じ(強いて言えばやや濃いぐらいかな)。青汁1杯には約70g相当のケールが含まれてるわけですが、これは毎日100gの生キャベツを食べるのとほぼ同じ効果があります。

いいのか? (2010年05月22日)

鳩山首相「北朝鮮に対し、国際的に協力してしっかりと戦う」 < 「戦う」が恣意的に直訳され、「軍事的に戦闘する」の意味で解釈されてたり。

みんなもストレス発散させよう! (2010年05月19日)

兎角この世は生きにくい…かどうかは人それぞれでしょうが、確かに社会と関わっているとそれなりにストレスも溜まります。

世の中にはストレスが溜まりにくいと言う人もおりますが、本当に溜まってないのかも知れませんし、あるいは自覚できてないだけかも知れません。もしかしたら私にも、自覚できていないストレスが溜まっているかも知れません。

一般に、自覚できたストレスは対処されやすいですが、自覚できてないストレスは対処されにくいものです。だから、ストレスが溜まっている自覚はなくとも、ときどきストレスを発散させるように心がけてます。

もし心当たりがあるのなら、みなさんもストレス発散しませんか?

その方法はいろいろあると思います。趣味でもいいし休息でもいいです。運動だって娯楽だって食事だっていいです。

…この類の提案を「余計なお世話だ(怒)」と感じる人は、もしかしたらかなりストレスが溜まっているやも知れません。どうか御自愛くださいますよう、お願いします。

本日の頭の体操「きんぐめーかー」 (2010年05月18日)

こんな「闇のゲーム」を想定しましょう。

このゲームをプレイしていて、「Aは3枚、Bは7枚、Cは9枚を持った状態」でAの手番になったとします。

このような場合でも、Aの勝ち目は0%とは限りません。Aはサイコロを振る前に「Cさん、コイン3枚をタダで下さい。さもなければ、Bさんにコイン3枚をタダであげます」と脅迫することができます。Aの要求はCにしてみれば理不尽なものですが、従わないとCの勝ち目は0%になります。

でも、CはAの脅迫に屈する前に逆提案することができます。「Aさんの提案を検討する前に、Aさんにコイン1枚をプレゼントするよ」です。もしAがその1枚を受け取ったら、Cは「Bに3枚を渡すよりはサイコロを振った方がマシだろ?」と強気に出ることができます。< だからAは受け取り拒否するかも知れません。

そして、交渉が膠着しているとAは「Bさんに1枚をプレゼントした上で、4枚くださいと言いなおすよ?」と言いだすかも知れません。

あるいはもしかしたら、今度はBに対して「コイン3枚をくれないとCさんにコイン1枚をプレゼントするよ」と言うかも知れませんし言わないかも知れません。

さて、ここで問題です。AとCとの間でこのようなやりとりがなされるであろう状態において、Bはどのように介入すべきでしょうか?(なお、Bは誰かにコインをプレゼントしたとしても自分の手番になったらAを脅迫することができます)。

責任を負う者の在り方 (2010年05月17日)

責任を回避したい場合はルールで禁止するだけでいいですが、何かを未然に防ぎたい場合はそのルールに実効性(摘発や注意や制裁などの強制力)を持たせることが必要です。確かに、その執行にあたっては双方に痛みがありましょう(しばしば逆恨みされたり嫌われたりします)。しかし、責任ある者はその十字架を背負わなければなりません。

逆に言えば、ルールに従わせる努力もせずにルール違反を批判するだけの者は責任者の立場にいるべきではありません。ルール違反を防がなかったことは、さらなるルール違反を招くのです。

…で、この話はメタな話でもあります。前段のように「責任者の立場にいるべきではありません」と言うからには、私もこれに実効性を持たせるべきと考えてます。だから、自分の周囲の責任者たちにこのロジックを理解してもらう努力をしているわけだし、自分の人事権の範囲(選挙なども含まれる)でしっかりと適任者を選んでます。

なお、管理権限を持たない人に管理責任を負わせるべきではありません。

いつものボードゲーム会 (2010年05月17日)

16日(日)はいつものボードゲーム会。プレイしたゲームは、『あくわいあ』『あうぐすぶるぐ』『はいぱーろぼっと』『かたんのかいたくしゃたち』『ざびっぐちーず』『ちきんふっと』『はちはち』『れおなるど』などなどです。みなさま、おつかれさまでした。

恋愛相談FAQ(再放送) (2010年05月15日)

「恋人関係だから互いに好きあうべき」ではなく「互いに好きあっているから恋人関係でいられる」です。もし恋人関係を維持したいのであれば、双方が無理なく好きあっていられる状態を維持しなければなりません。

束縛や依存による恋人関係は、いずれ相手を疲弊させてしまいます。もしその可能性が高いなら、さっさと別れた方がいいです。さもないと、双方ともに次の恋人を見つける時間も機会もどんどん失って、現在の相手しか選択肢がなくなり、ずっと疲弊が続いてしまいます。< 当人たちがそれで幸せならそれでいいけどさ。

束縛することで相手の自由を奪い結果的に自分しか選択できないようにする戦術もあるので、束縛されてる側は気をつけること。

なお、次の相手を見つける時間も機会も既に失ったのであれば、現在のパートナーとの関係をうまく修復ないし制御しなければなりません。双方が忌憚なく話し合うことが大事だと思います。

RCホバークラフト『HOVER-Q』 (2010年05月15日)

RCホバークラフト『HOVER-Q』で遊びました。フル充電しても3分間しか浮いてくれませんが、最近の玩具は良く出来ていると感心します。

ホバークラフトが床上を浮遊する様は、武術において自分の胴体を傾斜も変形もさせず前後左右にスライドさせるイメージの参考になります。目指すところは、シューティングゲームのように弾幕をキビキビと避けられるようになることです。< でも、この感覚はなかなか他人に理解してもらえませぬ(苦笑)

楽器 … 音撃道は険しいのです (2010年05月13日)

『けいおん』動画(1期1話から2期6話まで)を観ました。

なかなか面白かったです。メインキャラの中では澪が面白いです。音楽のことはよく分かりませんが、『Don't say "Lazy"』が良い曲だというのは分かります。

実は、楽器の演奏はものすごく苦手です(音感はあるらしいのですが…)。できるものといえば、単純な打楽器ぐらいです。たまに、玩具の鉄琴『アウリス・グロッケン(5階7音)』を適当に叩いて遊ぶことがあります。私にはこれで十分です。

口蹄疫問題 … 批判より対策を (2010年05月12日)

口蹄疫とは、偶蹄類(牛や豚や鹿など)が感染するウイルス性の急性伝染病です。空気感染する上に感染力は非常に強く、蔓延すれば畜産業界は致命的です。よって、患畜は速やかに殺処分しなければなりません。ヒトに感染することはほぼありませんが、ヒトを介してウィルスが広がることがあります。

経済的な直接被害の損失は、殺処分20万頭あたり約1兆円だそうです。間接被害を計上すればもっと多くなりましょう。

口蹄疫問題は(緊急度も重要度も高いので)優先して取り組むべき問題です。< ぶっちゃけて言うと、子ども手当てや普天間基地移設などよりもずっと優先度が高いです。子ども手当ては年間5兆円ほどですが、それは損失とは異なるものです。

不作為あるいは不十分な対策(風評被害を防ぐ為の報道規制を含む)の責任追及とは別に(そして感情論を抜きにして)現在できる最善の選択をしなければなりません。

既に日本でも7万7千頭の牛や豚が殺処分になりました。埋却用地不足で待機している患畜は更に数万頭を数えます。消毒液もワクチンもとっくに不足しています(その理由については別の話)。そして、ゴールデンウィークのヒトの移動でウィルスは全国に拡散したと見るべきです。潜伏期間を考慮するに、この週末あたりに各地で感染が報告されるでしょう。既に国内ではエピデミックの段階を超えてアウトブレイクの段階に達しつつあります。

全国的な蔓延はなんとしてでも防がねばなりません。現状においては、数少ない消毒液やワクチンは飛び火した先に優先して使うべきです。

伝染病の蔓延を予防する有効な方法の一つは発生地域を犠牲にして封じ込めることです(部分を犠牲にして全体を救うことの是非は、先日の日記に論じたとおり)。もはや手遅れかも知れませんが、不十分な補償で強制的に全畜を焼却処分する選択肢も検討しなければなりません。

患畜を輸送するのは禁止されているので、牧場の周辺に埋却するわけですが、その用地が既に足りません。用地の強制徴用もありえるでしょう。

県境封鎖するレベルには達していないと思いますが、牧場に出入りする車両や人の消毒は徹底した方がいいと思います。

艦船爆発の度合いによっては、動物園の閉鎖もありえるでしょう。

幸いにも口蹄疫はヒトには感染しないので、マンパワーを投入することが可能です。必要に応じて(殺処分の為に)自衛隊を出動させることもありえると思います。

法整備も重要です。大臣が外遊で不在でもある程度のことはできるようにしておくべきです。また、風評被害を予防するための報道規制についてもルールや基準を明確にしておくべきです。

ざっと書いてみましたが、それほど突飛な主張ではないと思います。いずれにせよ、感情的な批判ではなく理性的な対策が大事だと思います。

もしもボックス (2010年05月11日)

たまに「私が創造主となって最初に国を作るとしたらどうするか」を考えます。例えば税制について「もしも税金が法人税(あるいは所得税や消費税や資産税や人頭税や贈与税や租庸調など)だけならどうなるか」や「自然状態から(君主制を経ずして)いきなり民主制を導入したら?」などを考えたりします。専門家にとってはあまりに当然で検討すらされないであろうことでも、素人にはほどよい頭の体操です。でも、誰かの受け売りではない自分なりの考察は、なにかを評価するときにとても役に立ちます。

経験値を稼ぐ理由の一つ (2010年05月08日)

世の中には信頼できる大人たちもちゃんといるよ…って示したい。こういう青臭いことを実現するためにレベルやパラメータを上げてるのさ

創造神が無神論者を望むこと (2010年05月07日)

もし私が天地を創造した(例えばRPGの世界を設計する場合)ならば、自作の世界のオートマトン(箱庭の中の自動人形)たちから崇められてもちっとも嬉しくありません。

むしろ、オートマトンたちが「私に依存することなく、(私と同様に)世界をちゃんと自作できるレベル」にまで進化することを私は望みます。これは、自分の子が「親に依存することなく、次世代をちゃんと生み育てることができるレベル」にまで成長することを多くの親が望んでいるのと似ています。

「この世界を創造した神」が私と似たようなメンタリティを持って唯一に存在していると仮定しましょう(もちろん、その神の存在は私たち(神の子ら)には認識できません)。きっと、その神は私たちから崇められてもあまり嬉しくありません。そして、その神にとっては、神を崇め神に依存する人は成長過程の子どもに過ぎません。そろそろ、その神は「さっさと独立しろ、このニートども!」と思っているかも知れません。

ソフトソード(RSW)が届いた (2010年05月05日)

ずっと前に注文しておいたRealistic Sparring Weapons社の稽古用ソフトソード2本(KATANAとWAKIZASHI)が届きました。サイズや重量やバランスなどはおおよそ実武器に相当しています(だから、見た目よりもずっと重いです)。

稽古用というだけあってそれなりに丈夫に造られてます。

ただ、刀身の銀色ウレタンカバーの耐久性にやや不安があります。潤滑油を用いるか、あらかじめ何らかの補強をしておいた方が良さそうです(ファイバーテープが適しているらしい?)。

また、どうやら刀身の芯は塩化ビニル製らしいです。もし芯が折れたら、所有しているポリプロビレン木剣(こいつはトラックに轢かれても大丈夫)を新しい芯に代用すればいいと思ってます。

基本的には剣術スパーリング用ですが、自室でアクロバットな技を練習するのにも用いるつもりです。なんせ、木刀で練習するとバランスやモーメントを把握しにくいし、居合刀で特殊技を練習するのはリスキーだし…(苦笑)

旅行メモ(2010/05/03〜05) (2010年05月05日)

2泊3日で割烹旅館に宿泊。「ま−ぶるまっどねす」のセッションを愉しんできました。夏の日差しが暑かったです < まだ五月です。

5月3日

初日。午前中に「袋小路@池袋」によります。『ニムト』『PIT』だけプレイ。昼前に「武器屋@秋葉原」に立ち寄ってから、昼過ぎにJR大宮駅に集合。電車で移動して、割烹旅館「東山」に到着。まずは『エルフェンランド』2回。夕食はもちろん割烹料理。豆腐が美味しかったです。メンバー7人が揃ったところでメインイベント『Advanced Dungeons and Dragons 2nd』を開始。シナリオ名は「影」(DMは私)。平均レベル1。中ボスはドッペルゲンンガーらしきもの。25時頃に就寝。

5月4日

朝食は一般的なものだと思う。9時に『AD&D2』再開。ボスはシルエット(シャドウの一種)です。このシナリオでほとんどのPCがレベル2になりました。夕方に『アンダーカバー』を3回プレイ。夕食&風呂。昨夜の方が美味しかったかな。2時間以上ずっと『クク』で遊びます。もちろん私は強いです(おぃ)。キーワードは「残り物にはククがいる」です。

5月5日

最終日。朝食後に解散。ドライブ。神が無神論者を創った理由の考察。八王子で買い物など。バスで移動。「バンガードミッション@橋本」に参加。『アグリコラ』を2回ほどプレイしました。たまには長時間ゲームでどっぷり遊ぶのも悪くありません。壱発ラーメンで大根の押し付け。ソフトソード(RSW社)2本を受け取り。

言葉どおりの意味で (2010年05月06日)

寒い日から暑い日へ。こういうのを「…短い春だった」というのだろう。

悟り … ある種の不完全性定理 (2010年05月03日)

「悟り」については以下のように考えてます。

悟りを開くとは「認識したあらゆる事象を(信用するか否かや同意できるか否かや共感できるか否かは別にして)自分の価値観で解釈できるようになること」です。経験則によれば、様々な事象を認識しそれらについて思考を積み重ねることで悟りを開くことができましょう。

ところで、私たちは大昔の高僧たちよりも、ずっと多くのことを認識しそれらについて思考しています。だから、たくさんの人が既に悟りを開いた状態になっていてもおかしくありません。

価値観には様々なものがあります。シンプルなものとしては例えば「すべては神様が決めたこと。この世があるのも神様がいるのも神様が決めたこと。あなたがそう考えているのも神様が決めたこと。私がこう考えているのも神様が決めたこと」のようなものがあります。万人に共通の普遍的な価値観なんてものはありえないのです。だから、他人や先達の価値観を学ぶだけではいつまでたっても悟りなんて開けません。価値観は自分で決めるものなのです。

だから、「他のことはなんでも解釈できるのに、いつまで経っても悟りを開けない」と考えている人は、「そっか…既に悟りを開いてたんだ」と自分で決めるだけで一瞬にして悟りを開けます。

つあーすたっふ@相模原 (2010年05月01日)

今日の午後は「つあーすたっふ」のリーダーと食事など。うる星ファンクラブの時代からの付き合いが今でも続いています。ネットとは実に便利な道具だと実感できます。ずっと音信普通だった人の情報も頂きました。もしかしたら再会できるかも知れません。

『うる星やつら』動画(厚さ6cmほど)や『らんま1/2』セル画(25枚)を受け取りました。これらの中では「格闘茶道の冒頭シーンの天道あかね」(縦70cm)が特にお気に入りです(なんだかんだで今でも、どのシーンがどの話だかおおよそ分かります)。なお、『うる星』動画は未整理です。とりあえず、かえでちゃんや北斗くんなどは混ざってるみたいです。

朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや(『論語・学而』より)

絶対的な幸福と相対的な幸福 (2010年05月01日)

例えば裕福であることを幸福とする価値観において「裕福度5の社会に住む裕福度4のAさん」と「裕福度2の社会に住む裕福度3のBさん」とのいずれがより幸福でしょうか?

この問題を考えるにあたっては、裕福に対する価値観が問題になります。つまり、絶対的裕福を幸福とする価値観においてはAさんの方がより幸福でしょうし、相対的裕福を幸福とする価値観においてはBさんの方がより幸福でしょう。

ところで、価値観は人それぞれで異なりえます。だから、Aさんが絶対的裕福を幸福とする価値観を持ち、Bさんが相対的価値観を幸福とする価値観を持つようになれば、世の中の幸福の総量は少しだけ増えましょう。

先進国に住む私たちは総じて、絶対的裕福を幸福とする価値観をもって生きられるようになるのがいいと思います。そしてその絶対量を着実に増やしていけばいいのです。< ただし、相対評価が必要なケースやゲームなどにおいては相対的裕福を幸福とする価値観で行動することも求められます。

第23回 泳げ鯉のぼり相模川 (2010年04月30日)

誰も同行希望者がいなかったので、1人で「第23回 泳げ鯉のぼり相模川」を見学してきました。< やはり、「朝9時に現地集合」は無理があったか?(苦笑)

おだやかな風の流れの中を、たくさんの鯉のぼりが泳いでました。パンフレットによれば1200匹いるそうです。

この大群がすべて滝を登って竜になれば、相模原市は壊滅するでしょう。その前にすべて捕獲して食べてしまわねばなりません。猶予は「5月5日まで」です。

弓矢@相原;遊戯@橋本;稽古@相模原; (2010年04月29日)

晴れてますが風は強いです。できるだけ荷物を少なくして出発。

世界の弓矢で遊び隊@相原

弓矢について言えば、和弓は触ったことがある程度で、洋弓はド素人です。『AD&D2』に喩えると、ロングボウ戦闘技能は「non-proficient」になります。機会があれば洋弓にも触ってみたいと考えてた折にmixiコミュで告知があったので、予定をやりくりして参加することにしました。

JR相原駅東口に集合し、「花のやまフィールドアーチェリー」に向かいます。先に到着していたメンバと合流して、にわか雨が止むのを待って練習開始。アドバイスを頂きながら練習し、なんとか的に当たるようになりました。どうやら、THAC0修正が±0になったようです(AD&D2の喩え)。実は、ひそかに『犬夜叉』ごっこや『笑う標的』ごっこしていたり♪

次の用事があるので昼食前に撤収しました。みなさまと一緒にフィールドコースを廻ることができなくて少し残念です。

ところで、一般的な和弓と洋弓との最大の違いは目標の狙い方だと思います。洋弓は(弓の中央部の凹みに矢を通すので)目でサイティングしますが、和弓は(物体を投擲するのと同様に)体全体でサイティングします。私の利き目は左なので、洋弓は左構えで習うことにしました(こうすることで和洋を右左で使い分けできますし)。

バンガードミッション特例会@橋本

午後は橋本公民館にて、ボードゲームサークル「バンガードミッション」の特例会がありました。これでも盤長なので、13時には鍵を開けておかねばなりません。

本日プレイされたらしきゲームは『かたん』『らんぐふぃんがー』『まんまみーあ』『うんとちゅーす』『さんふぁん』『はげたかのえじき』『じょうしゃけん』『ころれっと』『とうせんきょう』『かーどそんぬ』『あくわいあ』『ぴーなっつ』『ひもでん』『けんせつき』『でんりょくがいしゃ』『きゃんとすとっぷ』『れーすふぉーざぎゃらくしー』『だみー』『けるとかーど』『たんとくおーれ』『ぼすきと』『ぺんぎんぱーてぃ』などなどです。

今回の参加者は22人でした。みなさま、おつかれさまでした。

あ・ライトセーバー@相模原

夜は相模原でFXライトセーバーで遊びました。あまり時間がないので大したことはできませんでしたが、サイリュームをつけた4尺杖を相手に「乱合」型などを試しました。もうちょっと練習すれば、なにかの演武に使えるかも知れません。

役に立たないアドバイス (2010年04月27日)

長距離恋愛について、ネットを通じての交際だけだと(初期段階からなかなか進展しないので)やがて倦怠期を迎えがちです。だからメールや通話においては、相手を飽きさせないよう双方が努力せねばなりません。そして、できるかぎりリアルで会うようにした方がいいと思います。< なお、電話Hしたりエロ写メ交換するレベルになればまた交際の形も変化するでしょうけど(笑)

本日の頭の体操 (2010年04月27日)

あの人たちは「国旗掲揚時に起立を強制すること」と「国旗掲揚時に着席を強制すること」との違いについて、ちゃんと説明できるのだろうか?

鬱日記について思うに (2010年04月27日)

あちこちのブログや日記に目を通しているとしばしば「鬱日記」を見かけます。私はあまり気にしませんが、中には「他人の鬱日記は読みたくない」と考えている人もいるようです。

だからと言って、鬱日記を控える必要はないと思います。日記は、周囲が当人の状態を知るのに有用であるだけでなく、当人の精神的安定にも有益だろうと思うからです。大事なのは「鬱日記を公開するな」ではなく「鬱日記を書かないで済むようになればいい」です。あせらないで着実にやっていけばいいと思いますよ。

優先順序を正しく判断して欲しい (2010年04月27日)

法律の運用について考えるときには「法令でそのように書いてあるから」だけでなく「法令でそのように決めている理由」に留意する必要があります。憲法に書かれている権利であろうとも、それらは絶対不可侵なものではなく、各人の基本的人権を相互調和させるのに必要な範囲で制限されます(必ず調和する内心の自由ばかりはさすがに制限されません)。

Re: 応分の負担 (2010年04月27日)

解決できない別の問題を発生させてでもより優先度の高い問題を解決しなければならないのは、確かに悲劇的なことです。

しかし、「誰かが犠牲にならなければ全員に生命のリスクが発生する状況」においては、強制的に誰かを犠牲にしなければなりません。対価として補償は示しますが(そして、できるだけのことはすべきですが)、それに納得してもらえようが納得してもらえなかろうが犠牲になってもらいます。そんな状況です。代案あればいいのですが、よりマシな案が見当たりません。

私が当地に住んでいたら、納得できないまま犠牲にされるかも知れません。ただし、引っ越したり防音工事したり防犯に留意したりはします。

信じないかもしれませんが、実際に私が基地被害にあう側だったとしても…それがどんなに辛いことであったとしても…、国民の1人として何か言わねばならないときにはこの日記の内容を主張します。

負担に応じた補償、補償に応じた負担 (2010年04月26日)

地政学的に考えれば、現在の情勢において沖縄に米軍基地は必要だと思います。もし沖縄に米軍基地がなくなれば、東アジアのパワーバランスが崩れて、かえって戦争リスクを高めてしまいます。おそらく台湾にとっては死活問題になりましょう。

よって、周辺住民が納得しようが納得しまいが米軍基地を残すのが日本国にとってベストの選択だと思います。

もちろん、できるだけ納得してもらうために適切な対価を周辺住民に示すべきですし、相応に支払われていると思います。実際に地主に対しては直接に補償されてるはずです。そして、周辺住民に対する補償は(個別補償ではいつまで経っても利害調整できないので)県や市町村などを通じての間接的なものになります。

周辺住民に支払うべき対価は、日本国民が全体で分担すべきものだと思います。沖縄に米軍基地を残すためにいくらまで支払うつもりがあるか、たまに考えてみるのがいいと思います。ちなみに沖縄県の人口は140万人ぐらいで、基地周辺住民はその一部です。

余談その1

間接的な補償はなかなか実感しにくいので…そして騒音や収用の問題は実感しやすいので…周辺住民の一部はやはり個別補償を要求し続けたり基地存続に反対し続けることになります。

余談その2

もし米軍基地が沖縄県外に移転したら、基地の対価として沖縄県に支払われていた補償も移転します。その後に、沖縄の経済はどうなるのか少し心配しています。

民主党政権を長い目で見てあげるべきか? (2010年04月26日)

民主党の政策の中で「覆水盆に返らず」な政策については、長い目で見守るつもりなど1ビットたりともないです。具体的には外国人参政権問題です。いったん認めてしまうと、政権が変わっても権利剥奪は困難です。

その他の政策については、いくつかは支持しますしいくつかは支持しません。それらについては政権が変われば回復可能なので、ある程度までなら長い目で見てもいいです(せいぜい1年かな)。< ただし、次の選挙でも民主党の議員には投票つもりないです。

風と大地の饗宴 (2010年04月25日)

相模原市政令指定都市化記念イベントの凧揚げ大会「風と大地の饗宴」に参加してきました。地元の大凧だけでなく全国の大凧が空を舞いました。芝桜も綺麗でした。暖かな陽気ということもあり、観客は多かったように思います。

「あの店は不味い」を評価する (2010年04月22日)

商店や製品や人物などの評価は、あくまで当人の実体験に基づいて述べるべきだと考えてます。例えば、ある中華料理屋のラーメンがあまり美味しくなかったとしても「その店の天津丼は不味い」「その店の五目蕎麦は不味い」「その店の餃子は不味い」「その店のワカメスープは不味い」とまで言うべきじゃないのです。なんらかの関連があるならともかく(例えば醤油ラーメンの麺が不味ければ塩ラーメンの麺も不味かろう)、一つのケースをあたかも全てのケースであるかのように記述するのは適正ではないのです。

だから、レビューや感想などは「あくまで個々のケースである」と補正して読むようにしています。個々のレビューを積み重ねることで、全体的な評判が把握できるだろうと思ってます。レビュー数が少ないものについては、それらの評価をあまり重く評価しないようにしています。

ところで、風評被害について賠償請求する店って、風評受益について利益還元してくれるのかな?(笑)

尊厳死を希望すること (2010年04月22日)

ニュースを眺めていると、さまざまな事件が報道されてます。それらの中でも、介護や医療費の負担に耐えかねて家族を殺害するようなケースは特に悲劇的だと思います。

…ちょうどいい機会なので、また告知しておきましょうか。

私が脳死状態あるいは全身不随状態になったとしても、生命維持装置を付けないで下さい。現在の日本の法令においては生命維持装置を外すと殺人罪になるらしいので、いったん生命維持装置を付けるともう誰も外せなくなるのです(その結果として、多大な負担が継続してしまいます)。

また、もし私に生命維持装置が付けられていたら、裁判や相続や法事に適した時期に生命維持装置を外して欲しいです。もし僅かに意思疎通できたとしたらときどき「死にたいですか?」と尋ねて下さい。故意であろうと過失であろうと確実に執行猶予が得られるように、「尊厳死を希望する文書」などをパスポート類と一緒に保管してあります。もし私に何かあったときには、関係者にそれらの「文書」の存在を通知して欲しいです。

余計なお世話だろうけど、もし私と同じように考えている人がいるならちゃんと「文書」を用意しておくことをおすすめします。

米軍普天間飛行場の移設問題 (2010年04月21日)

not「5月未・決着」but「5月・末決着」?(笑)

鯛焼き(ちーず&うぃんなー) (2010年04月20日)

「鯛焼き(ちーず&うぃんなー)」を食べました(ウィンナー入りのシッポが焦げてるのは御愛嬌♪)。いつぞやの「鯛焼き(しうまい)」と同じ程度のインパクトがあります。

もはや何でもアリです。そろそろ「本当に鯛が入っているタイヤキ」がメニューに並んでいても不思議はありません。

沖ノ鳥島が物理的に破壊されたら? (2010年04月20日)

報道によれば、4月14日頃に中国艦隊が沖ノ鳥島近海で示威行動していたそうです。

沖ノ鳥島について日本政府の主張は「岩(国連海洋法条約:第121条第3項)の定義がなされていない。沖ノ鳥島は島(第121条第1項)の定義に該当する。よって、排他的経済水域を有する」です。

だからもし私が中国政府なら適当な時期に、艦隊を沖ノ鳥島の周囲に展開させた上で沖ノ鳥島を人工島に改築あるいは事故で破壊し、「いわゆる『沖ノ鳥島』は、もともと島(第121条第1項)ではなく岩(第121条第3項)なので問題ない」と主張するかも知れません。

というか、本当に物理的に破壊されたら日本はどうするのだろ?

バンガードミッション4月定例会@サンエール (2010年04月18日)

18日(日)は「サンエールさがみはら」にて、ボードゲームサークル「バンガードミッション」の月例会がありました。今回の参加者は21人でした。みなさま、おつかれさまでした。

プレイされてたゲームは『Miura(ミューラー)』『ロボトリー』『たんとくおーれ(Tanto Cuore)』『Acquire(アクワイア)』『ファイブアライブ(Five Alive)』『Drakon(ドラコン)』『StoneAge(ストーンエイジ)』『Torres(トーレス)』『Caligula(カリギュラ)』『R-Eco』『Dungeon Load(ダンジョンロード)』『Yukata(ユカタン)』『En Garde(アンギャルド)』『High Society(ハイソサエティ)』『八八(はちはち)』『明王朝』『スコットランドヤード(Scotland Yard)』『Rosenkonig(ローゼンケニッヒ)』『カタンの開拓者たち(Catan)』『Circus Maximus(サーカスマキシマム)』『Fangfrisch(魚河岸物語)』『ふぃぶふぁぶ』『Le Havre(ル・アーブル)』『Manma Mia!(マンマミーア)』『キングルイ』『DAS REGELN WIR SCHON!(みんなで決めたこと)』などなどです。いつものように、いくつかは延々とプレイされてました。

歴史雑学研究会@湯島 (2010年04月17日)

17日(土)の夕方はアカデミー湯島(東京都文京区)にて歴史雑学研究会にお邪魔してきました。今回のテーマは「イギリスの特殊な軍事事情」です。

歴史やってる人ならたいてい知ってるレベルのはずが、かなりマニアックな雑学ばかりに(笑)

鯛焼;工作;倉庫;留網;買物;英軍;親父;明日; (2010年04月17日)

今日はいくつかの用事をまとめて処理しました。おおざっぱに移動コースを書けば、タイヤキ会議@相模原、東京ハンズ@新宿、倉庫番@秋葉原、るーみっく@秋葉原、歴史雑学研究会@湯島、おやじ@相模原です。

Re:ライトセーバー会の趣旨 (2010年04月17日)

私にとってライトセーバーは交流の為の道具です(申し訳ないけど、殺陣や撮影はライトセーバーの遊び方の一つに過ぎないと考えてます)。様々な関係の人たちを交えて遊ぶことがより上位の目的です。だから、他の趣味の会合や地元の夜祭りにライトセーバーを持ちこんだりしています。

私が主催するライトセーバー会は、原則として誰でも参加できるオープンなものとしたいです。ただし、プライバシーの問題があるので、撮影した素材を扱うために公開範囲限定の場を利用することはあります(参加者には公開OKか否かを確認するけどさ)。

Re: ケミカルライトセーバー (2010年04月15日)

暗所でチャンバラに用いるレベルなら、外観のリアリティを無視できるので、すごく安く製作できます。製造コストは、透明ポリカーボネイト製パイプ(長さ100cm,外径20mm)が1000円、ウレタン製グリップ(長さ20cm,内径20mm)が400円、パイプキャップ(剣先側は接着)が100円、内蔵サイリュームを固定するボルトなどが数十円、バランス調整用ウェイトがタダ同然です。ランニングコストは1回あたり800円ぐらいです。

動画撮影後にライトセーバー効果音を合成すればOK♪

超高輝度サイリューム「ウルトラオレンジ」 (2010年04月14日)

遊びで使うために超高輝度サイリューム「ウルトラオレンジ」5本を買ってきました。1本あたり100円です。他の超高輝度タイプは持続時間15分であるのに対し、「ウルトラオレンジ」だけは5分です。試してみたところ、予想以上に明るかったです。

私の記憶が確かなら、ケミカルライト「サイリューム」が日本で売られ始めた頃にも持続時間30分の高輝度タイプがありました。カラーは黄色だけで、値段は他のカラーと同様に300円ぐらいでした。当時の声優イベント(『うる星』『めぞん』『らんま』など)においては「あまりに明るすぎて周囲のお客さんたちに迷惑が掛かる」として使用を自粛してました。

最近では超高輝度サイリューム「ウルトラオレンジ」も普通に観客席で使われているそうです。それが許容されるようになったのは、きっと良いことなのだろうと思います。

サイリュームトラップ

ついでに、非常持出袋の中のケミカルライトも入れ替えました。サイリュームトラップもちゃんと動作を確認しました。

ケミカルライトセーバー

ELライトセーバー「SW-201」の電気回路を全て外して魔改装しました。ポリカーボネイト製の刀身(約90cm)には、サイリューム15インチ2本(固定)と6インチ1本(分離可)を内蔵できます。柄の奥まで刀身を押し込んだ設計(ウレタングリップで固定)にしたので、激しい打ち合いにも耐えます。たぶん防水性も高いです。コンサート会場への持ち込みは…そもそも長物だからダメか?(苦笑)

牛丼屋ならここにもあるみたいだぜ? (2010年04月13日)

先週、『うる星やつら オンリー・ユー』(1983年)を鑑賞しました。語りたいシーンはたくさんありますが、中でも「牛丼屋ならここにもあるみたいだぜ?」のシーンは爆笑物です。専用BGMである「M25」を、私のケータイのメール着信音に設定しているほど気に入ってます。

作中の牛丼屋のモデルは「吉野家」です。若い頃はよく食べたものですが、狂牛病騒動の頃からすっかり疎遠になりました(まったく食べてないわけでもないけどね)。

今日は、たまたま吉野家の前を通りがかりました。ちょうど諸星あたるの誕生日ということもあり、久しぶりに吉野家の牛丼(特価270円)を食べてみることにしたわけです。さすがに混んでました。

必ずしもすごく美味しいというわけではありませんでしが、店内の雰囲気は嫌いじゃないです。思い出に浸りながら、会計を済ませて店を後にしました。

今日もがんばろう。

ボードゲームは交流の為だけの道具であるか? (2010年04月13日)

例えば会社やギャンブラーはゲームを「儲けるための道具」と位置づけてます。もしボードゲームが「交流の為だけの道具である」ならば、愉しむためにプレイする人たちや勝つためにプレイする人たちや学ぶためにプレイする人たちや儲けるためにプレイする人たちとが一緒に交流できるものでなければなりません。しかし、そのようなことは無理です。よって、ボードゲームは「交流する為だけの道具でもありえる」というレベルでしか断言できないと思います。

技術者の視点と運営者の視点 (2010年04月12日)

なにかのシステムにおいて無理にITを導入したら、システム運営は「ITを使いこなせない人たち」によってしばしば滞ります。ITを導入した人たちはたいてい「ITを使いこなせない人たちが問題だ」と主張します。しかし、より困った問題は「ITが使いこなせない人たちがいるリスクを知っていて無理にITを導入した人」の方だと思います。

無理なくITを導入できるほど技術が発達するまでは(あるいは、リスクが十分に小さいと評価できるまでは)、伝統的な方法も残しておく必要があるのです。

余談ですが、「なんでもIT化すべき」という意見には反対です。現在の技術レベルでは「いったんトラブルが発生したときのダメージが致命的なレベルに達する可能性がより高い」からです。< 簡単な例では「ケータイをなくしたら、何人かと縁が切れてしまう」などがあります。

じゅーしー対あらい (2010年04月12日)

ニコニコ動画Youtubeに動画をUPしました。あいかわらず不真面目なことばかり真面目にやってます♪

MP3プレイヤー (2010年04月12日)

MP3プレイヤー「D-Cube(NMP-612T)」(2003年/Nextway)をずっと使い続けてます。FMトランスミッターとチューナーとレコーダーが内蔵されている機種です。壊れたら買い換えようと考えているのですが、けっこう頑丈でなかなか壊れません。

さて、私がライトセーバーに興味を持っているということで、USB接続のライトセーバー型MP3プレイヤーを頂きました。昨年だかのゲームセンターでの景品だそうです。本当に最低限の機能しかありませんが(しかも単4乾電池とmicroSDメモリを入れなければなりませんが)なかなか面白いアイデアだと思います。

再生時には光が伸びる代わりにLEDが光ります。赤色でないのが残念ですが、録音中と紛らわしいのでやむを得ません。< いっそのこと自分で換装してしまおうか…

ボードゲーム&ライトセーバー@橋本 (2010年04月09日)

今日は「杜のホールはしもと」にてボードゲーム&FXライトセーバーで遊んでました(参加者7人)。午前にボードゲーム会で午後にライトセイバー会の予定でしたが、やはりライトセーバーがメインになりました。ぜんぜん異なる関係の人たちを交えてみたので、互いに面白い刺激になったみたいです。近いうちに、また殺陣動画を公開する予定です。

牛丼の並盛 (2010年04月08日)

期間限定とは言え、安く設定したものです。

大学入学おめれとー (2010年04月08日)

大学における目標は「誰かに与えられるもの」でも「どこかで見つけるもの」でもなく「自分で決めるもの」です。

強いてアドバイスするとしたら、まずは「大学を卒業した後にどのようにして生きていくか?」や「卒業後にどのようにして生活費を稼ぐか?」を考えるのがいいと思います。そうすれば、卒業時にその入り口に辿りついている為に何が必要かが見えてきます。資格はいくつか取得しておくのがいいと思うよ。資格は卒業後もずっと利用価値あります。

サークルには加入しておいた方がいいです。ただし、一緒ずっと付き合う友人になるであろうので、ちゃんと人選すべきです。

個人的には、遊び人たちが集うサークル(コンパや飲み会が多いのが特徴かな?)よりもマジメな人たちが集うサークルをオススメします。運動系だと時間の制約が大きくなるので、どっちかというと文化系がいいかな。政治系は避けた方がいいと思う(なんせ大学における目標を…しかも歪んだ目標を…強制的に与えられてしまうのでな)。芸術系についてはよく分からない。

授業クラスでの人間関係はあまり重視しないでいいんじゃないかな。なんせ、履修する科目がバラバラである上に、二年生になると更にバラバラになります。むしろサークルで一緒でクラスでも一緒の友人を確実に得ておくのがいいと思う。

周囲との年齢差は気にしないで大丈夫ですよ。大学での年齢はあまり意味を持ちません。

ま、がんばれ。いつでも相談には乗るよ。

子供手当の問題と政治の責任 (2010年04月07日)

子供手当ての目的は「次代の社会を担う子どもの成長及び発達に資すること」です。よって、「将来の日本社会を担う責務を負う子供(ただし、日本国籍かつ日本在住であること)」を(生計を共にして)養育している者にのみ受給資格を認めるべきです。単に「子供」を養育している者にまで広く受給資格を認めるべきではありません。

趣旨に反する者への支給をいったん認めてしまうと、それを取り消すのは非常に困難です。ありとあらゆる手段…特に「差別だ!」と感情的に周囲に訴える手段…に対抗するのはかなり苦労することでしょう。結果的に、手当てを支給し続けねばならなくなり、限界を超えたときにようやく「全ての人の支給を平等に廃止する」となりえます。安易に「ダメならやめればいい」とか「貸した軒先は容易に返して貰える」と考えてはダメなのです。< ちなみに、外国人参政権の問題も同様な構図を持ちます。

念のために書いておきますが、私は「仲良く共存できない外国人は排除すべき」という主義ではなくあくまで「仲良く共存していく為にちゃんとルールを定めておくべき」という主義です。

私利私欲で行動する人たちを批判するだけなら誰にでもできます。しかし政治家は…特に立法府は…「私利私欲で行動する人が存在すること」を前提にシステム構築しなければなりません。それができない政治家はその責任を負うべきです。

ついでに言うと…。そのような政治家を批判するだけなら誰にでもできます。しかし主権者は「そのような政治家が存在すること」を前提に投票しなければなりません。それができない主権者はその責任を負うべきです。

さらに言うと…。そのような主権者を批判するだけなら…(以下略)

残念ながら、私に出来ることはそれほど多くありません。それでも、自分の出来る範囲で「どの政策や政治家を支持するかは各人の自由だけど、主権者として大局的に考えようよ!」と周囲を説得していくつもりです。

どこかに悲劇

ところで、子供手当ての為にどれだけ外国人の子供たちが売買されたのだろう?

支給の厳格化で不要になった子供たちの将来を悲観するに、日本の主権者の1人として申し訳なく思います。

昔と今の3時間の旅 (2010年04月06日)

昨日は籠原(埼玉)に宿泊しました。

そして今日は、籠原(埼玉)から高崎(群馬)に向かい私用を片付けた後は中山道を倉賀野宿まで歩きました。コンビニで飲料など補充しながらてくてくと歩きます。時間にして3時間ぐらいです。

歴史の流れの中で町並みはどんどん変化していますが、地形は不変です。遠景を眺めながら「昔の人はどんな思いでこの街道を歩いていたのだろう?」と想像していました。

春の陽気のせいか、倉賀野に着いた頃にはすっかり汗だくでした。湘南新宿ラインに乗り3時間ぐらいで帰宅しました。

すっかり便利になった交通機関に改めて感謝しています。

『犬夜叉・完結編』最終回 (2010年04月04日)

『犬夜叉・完結編』が最終回でした。

ファンサイトの運営に携わっていることもあり、いろいろと感慨深いものがあります。他の高橋留美子作品にも同様ですが、『犬夜叉』を通じて多くの出会いがありました。彼らのうちの何人かとは一生ずっと友人として付き合っていくことになるだろうと思ってます。たとえ十数年後でも『犬夜叉』ネタで盛り上がれれば愉しいだろうなあ、と考えてます。

ともあれ、「お義兄さーん!」に笑いを禁じえず(笑) < この日記の主題

第37回 相模原市民さくら祭り (2010年04月03日)

今年も「相模原市民さくら祭り」に参加しています。

夜桜

昼の賑やかさとは打って変わり、夜にはある種の静寂さがあります。

光り物を持って歩いているとときどき声を掛けられます。そんなときは、手にとって遊んでもらってます(だから2本を持ち歩くわけで…)。そういうのをきっかけに、ご馳走してもらったり雑談したりするのが愉しいのです。

【業務連絡】住所変更しました (2010年04月01日)

2010年4月1日(木)より相模原市が政令指定都市となるに伴い、区制が施行され、住所表記や郵便番号なども変更されます。新たな住所表記は「相模原市さくら区…(以下略)」になります。当面は旧表記のままでも届きます。

今日はエイプリルフールです。真偽が混ざっているウソはとても性質が悪いです♪

祝祭日を何に割り当てるか? (2010年03月23日)

多くの人間関係や複数の趣味を持っていると、しばしば日程調整に悩むことがあります。

例えば1ヶ月間に祝祭日が10日あるとします。そのうち少なくとも2日を休息に充てねばならないとすると、趣味や慶弔などに費やせるのは最大で8日となります。オファーやタスクが8日分までならたいてい日程調整できますが、それを超えると自動的にどれかのオファーを断ることになります。

結果的に、断った相手からは「なんで他の日に休息を割り当ててくれないの?(怒)」と思われてしまうことがありえます。

ときどき、ごめんなさい。

類題 … 予算を何に割り当てるか?

同様に「貯蓄するお金や他の趣味に費やすお金はあるのに、なんでこっちには…」と思われることがあります。

ライトセーバーズ@護国寺 (2010年03月22日)

桜の蕾が膨らんでます。

今日は、午前中に町田で私用(先日の続き)を済ませ、午後は「アカデミー音羽」にてFXライトセーバーで遊んできました(今回は4人)。ステージコンバットや殺陣というものは武術とはいろいろな点で違います。いい勉強になりました。

殺陣の画像などは近いうちに公開する予定です(けっこういい画になりました♪)。< 撮影者は私ではないのでな。

本日のメモ

バンガードミッション3月定例会@サンエールさがみはら (2010年03月21日)

今日は「サンエールさがみはら」にて、ボードゲームサークル「バンガードミッション」の月例会がありました。今回の参加者は25人でした。みなさま、おつかれさまでした。

プレイされてたゲームは『フェニキア(Phoenicia)』『王への請願(Um Krone und Kragen)』『カタンの開拓者たち(Catan)』『トランスアメリカ(TransAmerica)』『ジェイプル』『Race for the Galaxy』『ディセント』『プエルト・リコ(Puerto Rico)』『アクワイア(Acquire)』『カルタゴの貿易商たち(Traders of Carthage)』『ノーチラス(Nautilus)』『ダンジョンロード(Dungeon Lords)』『ミドルキングダム(Middle Kingdom)』『順風満帆(Before the Wind)』『FBI』『ギャラクシー』『ドリュンター・ドリューパー(Drunter and Druber)』『すぃりーかーど』『ドメモ(Domemo)』『ニムト(6Nimmt)』『キングルイ(King Lui)』『ファイブアライブ(Five Alive)』『ベリシ・ネベリシ(Verish' Ne Verish')』『ヤニブ(Yaniv)』『ブラックレディ(BlackLady)』『ガイスター(Geister)』などなどです。いつものように、いくつかは延々とプレイされてました。

忙しいときほど日記更新が増える仕組み (2010年03月21日)

忙しいときほど時間を効率的に使おうとするので、結果的にたくさんのこと(日記を書くことを含める)ができます。で、たくさんのことができると日記のネタも増えます。

復刻版ダブルモスバーガー (2010年03月20日)

昼食は復刻版ダブルモスバーガー(580円)など。私の記憶が確かなら、かつてトマトの厚みはパテの倍ぐらいあったはず。

特定看護師や救急救命士による医療行為 (2010年03月20日)

特定看護師による医療行為がより広く解禁されれば、患者の生存率は高まります。しかし、何かあった場合の訴訟リスクも背負うことになりましょう。ちゃんと対策しておかないと、特定看護師になろうとする人がいなくなります。

救急救命士による医療行為(ブドウ糖投与、気管支拡張剤、輸液)についても、同様の問題が発生しえると思ってます。

賛成も反対も < 非実在青少年のアレ (2010年03月20日)

改正案に「賛成する」という意見そのものは尊重しますが、「恣意的な運用を予防する為の具体的条件を示さずに強行採決すること」に対しては批判します。同様に、「反対する」という意見そのものは尊重しますが、「過剰な危機感を煽って民衆を利用し、具体的条件を議論させないようにすること」に対しては批判します。

「18歳以上に見える」を証明できるか? (2010年03月20日)

「このキャラクターのモデルは18歳以上です」や「このキャラクターの年齢設定は18歳以上です」を証明するのは簡単かも知れませんが、「このキャラクターは18歳以上に見えます」を証明するのは困難だろうと思います。

理性的な交流が成立する条件 (2010年03月20日)

事例その1

事例その2

理性的な交流(友好であれ敵対であれ)が成立する為にはそれぞれが意見を持っていることが必要だと思います。

インディアン、嘘つかない? (2010年03月20日)

『Coyote(コヨーテ)』(Kidult)はパーティ向けの愉しいゲームです。

簡単に説明すると、まず1枚ずつ配られた数字カードを自分にだけ見えないようにハチマキにはさみます。互いに顔を見合わせつつ、全員の数字の合計を推測して、例えば「合計は20以上あります!」のように順に宣言していきます。前の手番のプレイヤーよりも大きな数字を宣言しないとならないので、やがて破綻するわけです。ハッタリで大きな数字を言うと、他の人が「もしかしたら自分の数字は大きいのではないか?」と疑心暗鬼になってくれます。特殊カードもあるので、単純な足し算だけではありません。このゲームは『パウワウ』(Ravensburger)としてリメイクされています。

私のセットには『ヘッドバンズ(HeadBanz)』から抽出した予備のハチマキ6本を同封してありますので、人数を追加して遊ぶことが出来ます。

『アンギャルド(En Garde)』ルールについて (2010年03月19日)

手番における行動について、フェンシング用語「攻撃権」を用いてまとめてみました。いずれの行動も、手番を終了するときに手札を補充します。

相手が攻撃権を得ていないとき

相手が攻撃権を得ているとき

『境界のRINNE』3巻 (2010年03月18日)

18日は『境界のRINNE』3巻の発売日です。掲載範囲は、十文字翼の登場から顔の無い女の話のあたりまで。

そろそろアニメ化の話が出て来て良さそうなものです。

『仮面ライダー龍騎』全話を視聴 (2010年03月17日)

半月ほどかけて『仮面ライダー龍騎』全話を視聴しました。

もっとも共感できる正義は、香川英行教授(オルタナティブ・ゼロ)の「多くを救うために一つを犠牲にする勇気」です。

これは、他人の幸せを自分の幸せにできる人だけが持てる正義です。実現できればその辛さ以上の幸せを得ることができますが、実現できなければその辛さだけでなく多大な不幸を感じます。

この正義を実践するには、最小の犠牲を適切に選択する判断力と、それを現実にする実行力と、犠牲から目を逸らさない勇気が必要です。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の特価品 (2010年03月16日)

『ハリー・ポッター』シリーズは最後まで読む予定です。急ぐつもりもないのでリサイクル書店で安く売られるようになってから買えばいいと考えてました。

そんなことを思い出しながらリサイクル書店の本棚をチェックしてみると、『ハリー・ポッターと謎のプリンス(上下セット)』が予想よりもずっとずっとずっと安く売られてました。

…上下セットで特価105円でした。即購入。

特に汚損しているわけでも乱丁があるわけでもありませんでした。う−む。

烏賊下足天麩羅2枚を乗せた天丼 (2010年03月15日)

お気に入りの蕎麦屋があります。古くからある小さな立ち食い蕎麦屋です。天麩羅は全て店舗で揚げてます。

そこの天麩羅の中で最も好きなのは「イカゲソの天麩羅」です。蕎麦に饂飩にせよ丼にせよ、たいていゲソ天2枚を乗せます。蕎麦と饂飩の場合は510円になりますが、天丼の場合は店員さんによって値段の計算方法が違うみたいです。いままでに520円と500円と480円がありました。他のタネの場合でも2枚以上を乗せると同じようなことが発生します。

ちなみに、メニューによれば、かけ蕎麦は230円で、W掻き揚げ天丼は460円です。個々の天麩羅の値段は表示されていませんが、天そばの値段から推定するに掻き揚げは130円でゲソ天は140円らしいです。

明細を尋ねるのも無粋なので、思考を愉しむことにしました。

どうやら、麺に乗せる場合とタレで煮る場合とで天麩羅の値段が変わるルールがあるようです。その差額を20円と見れば説明がつきます。「W掻き揚げ460円」の計算には少なくとも3通りの考え方がありえます。

店員さんがこれらの考え方を混同していると仮定すれば、Wゲソ天丼の値段の変動を簡単に説明できましょう。例えば「丼は200円で天麩羅ごとに追加20円」と考えていれば520円になります。< やはり、以前から推定してた通りの結論になりました。

ごちそーさまでした。

歴史雑学研究会@湯島 (2010年03月14日)

14日(日)の夕方はアカデミー湯島で催された「ナナメ目線の歴史雑学研究会」にお邪魔してきました。今回のテーマは「マリア・テレジアと第一次世界大戦」です。内容は、第一次世界大戦に至る歴史の糸「風が吹けば桶やが儲かる」を手繰るものです。おおよその流れは以下の通り。

  1. マリア・テレジアが即位したのでオーストリア継承戦争が勃発
  2. オーストリア継承戦争の結果、フランスとオーストリアが同盟
  3. この同盟の背景にフレンチ・インディアン戦争がある
  4. フレンチ・インディアン戦争の結果、アメリカ独立戦争が起こる
  5. アメリカ独立戦争が遠因でフランス革命が起こる
  6. フランス革命が原因でオーストリアとフランスが仲違いする
  7. オーストリアが第一次世界大戦を起こした結果、フランスが参戦
  8. フランスの危機に米国は昔の恩返しをするためフランスに援軍を送る

それなりに予備知識(いくつかはボードゲームで憶えたものですが…)がありましたので、面白く楽しめました。都合があえば、次回も参加するつもりです。

ホワイトデーの惨劇 (2010年03月14日)

14日(日)はホワイトデーだそうです。

バレンタインデーの「お返し」をしなければなりません。さらに、出会った女性すべてにお菓子を差し上げないとならないと、法律で決まっているらしいです。

結局、お菓子セットやチョコレートやカボチャタルトやプリンなどにしました。あまり芸がなくてごめんなさい。

ホワイトチョコの呪い

内容量や原材料などから推定するに、やはりホワイトチョコは原価が高いみたいです。明治のチョコが内容量に応じたパッケージになっているのに対し、ロッテのチョコはパッケージサイズが揃ってます。なんとなく国民性を感じました(笑)

ところで、wikipediaによれば「その色から、ホワイトデーの呪いとして用いられることも多い」のだそうです。どうやら、ホワイトデーは仕返しでもあるらしいです。< たしかに「血汚冷吐」と表記する人もおります(出典は『うる星やつら』)。

ふっふっふ。遠慮なくぷくぷく太りたまへ!(笑)

ミルクチョコ比較

それぞれのミルクチョコの原材料欄を眺めてみました。

原材料を見る限りでは、「ミルクチョコ」(明治製菓)を選ぶのが良さそうです。

そんなこと都議員も既に承知してるさ (2010年03月13日)

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」の改正案について。

以前にも書きましたが、「青少年を保護すること」と「良俗を維持すること」とは別の問題です。そして、この二つはトレードオフの関係にあります。つまり、非実在青少年ポルノの蔓延によって実在青少年を性の対象と見る風潮は増長しますし、実在青少年を保護するためにはガス抜きの為の非実在青少年ポルノが有効です。

より優先させるべき目的は実在青少年を保護することなので、非実在青少年ポルノは必要悪として、禁止ではなく制限にとどめるべきです。そして、良俗の維持は禁止以外の方法(例えば教育)によってなすべきです。

なお、いったん必要悪として役立つものを禁止してしまうと、それを解除するのは心理的にとても難しくなります。結果的に、実在青少年の被害の増加を防ぐに防げなくなることもありえます。

ところで、こんな簡単なことを議員さんや関係者が理解できてないとも思えません。法案改正に反対する人たちが「それは児童保護にならない」と主張したところで、そんなことは既に議員たちも承知しているのです。

推定するに、これが票や金に繋がると議員に信じさせる人たちがどこかにいるのです(ここで「非実在青少年ポルノを禁止することで誰が利益を得るのか」を考える必要があります)。だから、反対する人たちは「その法案改正は票にも金にもならない」と示さねばならないだろうと思います。

エスカレーターを眺めて徒然と (2010年03月12日)

たまに「エスカレーターの片側にずらりと人が乗っていて、もう一方の側はガラガラに空いている」というシーンを駅などで見かけます(私はラッシュ時間帯にはほとんど乗らないです)。こういうときに、「左右両方に人が乗ればいいのに」と思うことがあります。

単純に輸送効率だけを考えると、以下のようになります。

単位時間あたりの輸送人の比率は「v1 + (v1 + v2) ÷ n」対「2 × v1」になります。よって、「v2 < (n-1) × v1」であるならば状況Bの方が輸送効率が高くなります。エスカレーター速度v1は一般に毎分30メートルぐらいです。また、歩行速度v2は毎分60メートルほどです。よって、3段ごとに1人以上が歩くのでない限り、状況Bの方が輸送効率が高いことになります。

最大不満が最小になるように

ただ実際には、急いでいる人と急いでいない人とがいます。急いでいない人が抱く不満は、状況Aであろうと状況Bであろうと大差ありません。しかし、急いでいる人が抱く不満は、状況Aよりも状況Bの方がずっと大きくなります。

その結果として、輸送効率が落ちることになっても不満が少なくなるように(あるいは文句を言われる可能性を減らすために)状況Bを選択をする人が増えるわけです。

「歩くな」というルール

ところで、ルール通りに停まって乗っていると、背後から冷たい視線を受けることがあります。喩えれば「法廷速度を守っていると後続車からクラクションを鳴らされた」のようなものです。

いろいろ考えるべきことがあります。私の考え方は2番目に近いです。ルールだけでなく安全設計の改良も望みます。

Re:そんなに急いでどこ行くの (2010年03月12日)

制限速度100km/hのところを120km/hで走れば所要6時間のところを5時間で済むというのは普通に理解できます。十分に空いている状況か他の車も同じぐらいの速度で急いでいる状況であるなら、その選択もありだと思います。でも、私が問題にしたいのは「抜いてくことの心理(みんなが時速120kmで走っているとこを144kmで追い抜いていくことの心理)」なのですさ。

そんなに急いでどこ行くの? (2010年03月11日)

例えば、高速道路で各車が50m間隔で時速100kmで走行しています。この場合に200台を追い抜いたとしても、目的地にはたった6分しか早く着きません。それでも、追い抜いていこうとする人が多いのは、やはり心理的なものがあるのだろうと思います。

『うる星』再放送 (2010年03月11日)

11日(木)夜に関東地方で再放送開始です(http://www.mxtv.co.jp/lum/)。第1話は既に何十回と観てます。さすがに、まだ3ケタに達してはないと思います。

地域ごとの祝日 (2010年03月11日)

消極的反対。ただし、「都道府県の日」や「市町村の日」や「創立記念日」の類はあっていいと思います。

中央リニア新幹線 (2010年03月11日)

相模原駅であれ橋本駅であれ、相模原市民としては早く開業して欲しいです。でも、「早く開業してもらう為にABルートを支持する」なんてことはまったく考えてません。確かに松本や品川には行く用事がときどきありますが、国家百年の計を優先させたいです。

給食の食べ残りの処理 (2010年03月10日)

給食の食べ残りを持ち帰ることを認めるか否かについて、大きく二つの意見があります。一つは「食べ物を大事にする食育の観点で、持ち帰りを認めるべき」でもう一つは「食中毒のリスクがあるので、持ち帰りを禁止すべき」です。教育機関としては前者を優先すべきでありましょう。しかし現実的には、「子供が食中毒になったら、責任とれるのか?」というモンスターペアレントを恐れてか、昨今は後者を選択する学校もあります。

ここで、よくよく考えて欲しいです。モンスターペアレントは「子供が食べ物を粗末にする人間に育ったら、責任とれるのか?」とも言い出しかねないことを…。

日本にも食糧難だった時代がありました。食べ物に感謝すると共に、食べ物を大切にすることを教えたいです。食べ物に関連する文章を書くと、ときおりそう思います。

パンケーキ@ロイヤルホスト (2010年03月09日)

うちの近所のロイヤルホストでは「お好きなだけPancakeフェア」(平日夕方に500円で食べ放題)は実施しないそうです。< パンケーキはカロリー高いので私はチャレンジしませんけど。

横浜に住んでた頃に、ロイホの店長さんから「パンケーキの最も美味しい食べ方」を教えてもらったことがあります。その方法とは「パンケーキ3枚それぞれの上面にホイップバターを均等に塗り、3枚を重ねて放射線状に8等分に切り分け、メープルシロップを上からまんべんなく掛けます」というものです。

「最も」かどうかまでは判断しかねますが、シロップが適度に滲みこむバランスは確かに認められます。

not only 忍耐 but also 勇気 (2010年03月08日)

「中学のレベルにおいて、道徳を身につけた子供の方が不利益を受ける」というのは、その道徳が間違っているからです。この場合の正しい道徳と言うのは「悪に耐える忍耐」ではなく「悪に立ち向かう勇気」です。その勇気を実現するために必要ならば武力行使も必要だと思います。

「和を以って尊しとなす」は、「無理することなく和が保たれる」が最善であるという意味です。そして、「無理なら和を保たない」が次善で、「無理して和を保つ」は最悪なのですよ。それを頭ごなしに「争うな」とするから最悪の結果になるのです。

間違った道徳は、むしろ悪を増長させます。

もっとも、武力行使を頭ごなしに批判する教師が多いのも現実です。だから、保護者も学校に対して「忍耐」ではなく「勇気」を持つ必要があります(notモンスターペアレント)。保護者が忍耐ばかりしていると、学校の事なかれ主義を増長させます。結果的に、不幸になるのは子供たちです。

Re:ヒトの繁殖と社会の制度 (2010年03月08日)

いくつか追記します。

生物種として考えれば、アリやハチのような繁殖システムもありえます。子供が生まれたら親から引き離して、社会が育成するシステムです。どこかのSF小説あたりで描かれているかも知れません。この方法は、孤児や養子や奴隷や少年兵や親権剥奪などのケースで部分的に見られます。いずれも、私たちの感覚からすれば悲しむべきケースです。

基本的には「育てられないなら生むな」を主張します。ただし、その選択をせざるを得ない人々の比率を減らすために、社会(国家や地域や親族など)が支援すべきです。しかし現実的には、支援が得られないケースが多いので、結果的に「生むな」となりがちです。

育児については、核家族世帯(nuclear family)よりも大家族世帯の方が優れています。逆に言えば、核家族を選択した夫婦は育児について相応に苦労するのが当然です。

親権は義務を履行するために設定されます。よって、義務を履行しないならば親権は制限(剥奪を含む)されえます。しかし、その親権剥奪の制度が未整備あるいは不十分なので、虐待から児童を救うことがしばしば困難になります。

次世代におくる世界 (2010年03月06日)

「あらいさーん、卒業できたよー」と報告がありました。

彼らが人生の節目をちゃんと迎えられたことを喜ばしく思うし、心の底から祝福しています。

この日本社会は相対的に衰退しつつありますが、それでも数十年は先進国であり続けることができましょう。ほどほどの才能や努力や運があれば、ちゃんと衣食住を確保できるだろうし、さまざまな娯楽を愉しむこともできるでしょう。

本音を言えば、前の世代から受け継いだこの世の中を少しでも良くしてから次の世代に引き渡したいです。できることは限られてますが、ひとつひとつやってます。

★ヒトの繁殖と社会の制度 (2010年03月05日)

この日記の主張は「育てられないなら生むな。生んだなら育てろ」と「ちゃんと育てられる環境を社会が整備すべき」です。

義務教育とは

義務教育とは、子供に教育を受ける義務ではなく、保護者が子供に教育を受けさせる義務です。この「教育」には、学校における授業だけでなく家庭における躾けや道徳なども含まれます。それらは、必ずしも自動的に子供が修得するものではなく、誰かが子供に教えなければなりません。

ここで「道徳」とは、例えば「親に孝養をつくそう」「兄弟・姉妹は仲良くしよう」「夫婦はいつも仲むつまじくしよう」「友だちはお互いに信じあって付き合おう」「自分の言動をつつしもう」「広く全ての人に愛の手をさしのべよう」「勉学に励み職業を身につけよう」「知識を養い才能を伸ばそう」「人格の向上につとめよう」「広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう」「法律や規則を守り社会の秩序に従おう」「正しい勇気をもって国のため真心を尽くそう」などの全てあるいは一部です。< 念のために書いておきますが、最後の「尽くそう」は国家の為に命を捧げるという意味ではありません。

子供がこれらの教条を(無理して守るのではなく)無理せずして守ることができるように育てる責任が保護者にはあります。

躾けや道徳を修得できてない子供は、社会に出たときにたいがい不利益を受けます。よって、保護者が躾けや道徳を教えないことは児童虐待に準ずるものだと思ってます。

育児は権利ではなく義務

「子は鎹(かすがい)」という諺があります。確かに、子供は夫婦の仲を取り持つことがありましょう。しかし、必ずしも子供が夫婦の仲を取り持つとは限りません。仲が良い夫婦は子供の有無に関わらず仲が良いのであって、仲が悪い夫婦は子供の有無に関わらず仲が悪いのです。夫婦の仲を良くする為に子供を生むのは(あるいは結婚の為に子供を作るのは)まさに本末転倒です。< 私が出来婚の一部に強い反感を覚えるのは、このケースです(それでも結婚そのものは支持します)。

また、私は「育児は保護者の義務ではなく権利である」という考え方に異を唱えます。むしろ「育児は保護者の義務である」と強く主張します(不適切な保護者に育児の権利を認めたくもありません)。もし正当な事由なくして放棄せざるを得ない状態になったのであれば、強い罰則を科していいと思ってます(致死罪に至ったならば執行猶予を認めたくないです)。「育てられないなら生むな」ということです。

さらに言えば、子供は親のストレス発散の為の愛玩動物などではありません。

そもそも育児そのものが多大なストレスになります。怒ることなく子供を叱ることは、確かにストレスが溜まりましょう。よって、保護者は適切な発散方法を他に確保しているべきです。

母親は1人で育児を抱えるのではなく、できるかぎり夫や祖父母や同居人や近隣住民らと協力すべきですし、その環境を整えるべきです。この協力には、直接的に育児を分担するだけでなく、母親のストレス解消に協力することも含まれましょう。

余談ですが、夫婦別姓問題については「夫婦は別姓でもいいが、両親は同姓であるべき」と考えてます。つまり、子供がいない夫婦に限って別姓を認めてもいいと思ってます。

社会がすべきこと

上記のように、結婚し子供を生んで育てるのは多大な責任が伴います。実際に、昔の大家族制度の時代と比べて育児そのものが難しい時代になってます。そのために子供を作らないという選択をする夫婦が増えてます。また、将来の負担がどんどん増えているこの世の中で、「子供に苦労させたくない」という理由で子供を作らない夫婦もいるでしょう。さらに、貧困層の増加も未婚率を上げています。

しかし、私たちが現に住む社会としては、人口減少に伴う衰退を予防する必要があります。よって、母親が1人で育児を抱えないですむ政策や、将来にわたって貧困層を減らす政策や、将来の世代の負担を減らす政策が必要になります。それらが伴わない政策は、一時的にいくらお金を掛けようと少子化問題を解決するものではありません。十分な「子供手当て」が十数年も継続されるなど、ほとんどの国民は信じてないと思います。

虐待された子供とその兄弟と (2010年03月05日)

嫌な表現かも知れませんが…。育児を義務ではなく権利だと考えている親がまともにもう1人を育ててたとは思えないです。無事に生存してる側は、愛玩動物として飼われていた可能性があります。

どのくらい嫁ぎ遅れるの? (2010年03月04日)

雛祭りの後、早く人形を片付けないと嫁き遅れるとされています。

おおよそのオーダーとしては、「片付けが1日だけ遅れるごとに婚期が1年ずつ遅れる」あたりかな。もちろん、この効果は累積しますので、5日遅れを10回もやればもうお嫁にはいけません?

…冗談はともかく、早く片付けるのは「ちゃんと片付けないズボラな娘には、貰い手がいないだろう」「ちゃんと片付ける娘なら、お嫁に出せる」という意味が込められていたのだと思います。< 現在から見れば古い感覚ですけど。

ボードゲームの体積と収納 (2010年03月01日)

たまに思うのですが、日本国内に存在するボードゲームの総体積は、業者やゲーマーたちの総収納力の限界を超えつつあるんじゃないかな。これが書籍ならば古書店や図書館によって再利用率(あるいは回転数)を上げることができるのですが…。

私は、できる範囲で圧縮しています。箱はたいてい処分してしまいます。

規則と自由 (2010年03月01日)

A「右を通ろうが左を通ろうが、それぞれの自由であるべき」。

B「ここではみんなが左側を通るべき」。

A「それじゃ、互いに相手の意見を尊重しよう。私(A)は自由に通り、貴方(B)は左側を通ればいい。私は貴方が左側を通ることについて文句を言わないから、貴方も私が右側を通ることに文句を言わないで下さい。互いに譲歩することが大事」。

B「ダメです。貴方(A)が全面的に従って下さい」。

A「こちら(A)は譲歩しているのに、貴方(B)はまったく譲歩してくれない。一方的な強要は不愉快だ」。

さて、この問題の構図は受動喫煙問題の構図にも似ています。全面禁煙派側の要求は「ここでは煙を撒かないでくれ」です。これに対して喫煙者側が「吸う吸わないはそれぞれの自由」と主張するだけでは話が噛みあいません。

喫煙者にとっては肩身が狭いことですが、嫌がる人がいるところで煙を撒くのは控えるべきでしょう。

ここまで書いて思い出したのですが、ずっと以前にも同じテーマで書いたことがあります。過去ログ検索してみて下さい。

mixiが非招待制に (2010年03月01日)

悪用を考えている人は、とっくに複数アカウントでmixiやってるんじゃないかな。確かに留意すべきことではありますが、過剰に警戒してmixiのメリットを活かせなくなるのも問題だろうと思ってます。

波と津波の違い (2010年02月28日)

例え波高1mの津波でも、十分に警戒する必要があります。津波のイメージは「数Kmにわたる海面上昇」です。入り組んだ場所では波高が何倍にもなることがあります。

一般の波のイメージ「ざっぱーん」

  波   波    人

凹海海海凹海海海ー浜浜浜地地地地地

津波のイメージ「海が好きー!」

津波波波波波波→   人

海海海海海海海海ー浜浜浜地地地地地

「マーブルマッドネス」2月例会@拝島 (2010年02月28日)

第4土曜日は、月例のAD&Dセッションです。朝から夜まで延々と6人で遊んでました。

『Advanced Dungeons and Dragons 第2版』(TSR/1989)

今回のシナリオは、キャンペーン第3話「エルフの帰還」です。エルフの若者が期日までに街に到着するのをPCたちが妨害する話です(しかし無事に到着させねばなりません!)。しかし、彼を期日までに到着させようとする戦士や、彼を亡き者にしようとする魔法使いが登場して…。

『Tutanchamun(ツタンカーメン)』(AMIGO/1993)

各種パネル70枚が敷かれた道を進みながら、パネルごとに他人より多く集めることで得点するゲーム。好きなだけ進んで任意のパネルを取れますが、通過したパネルはもう取れません。

『Hase und Igel(ウサギとハリネズミ)』(Ravensburger/1979)

サイコロを使わない絵双六です。ニンジン1本で1マス、3本で2マス、6本で3マスのように進めます。順位が後ろであるほど多くのニンジンを補充できますが、いつまでも後ろにいては勝てません。今回はABACUS版のルールで遊びました。

『Elfenland(エルフェンランド)』(AMIGO/1988)

プレイヤーはエルフとなり、様々な乗り物を操って各地を旅し、最後に故郷に戻ります。「乗り物タイル4枚を引くフェイズ。乗り物タイルを街道上に置いて営業させるフェイズ。手持ちのチケットを使って町から町へと旅するフェイズ」を4回繰り返し、より多くの町を訪れたプレイヤーが勝ちます。協調しながらいかに妨害するかがポイントです。

平均値と中央値との間に (2010年02月26日)

サンプル数が十分に多いのであれば、平均値(Arithmetic mean)よりも中央値(median)の方が代表値として適切な場合があります。平均値の場合は測定ミスや不正などによる極端なデータの影響を受けやすいのですが、中央値ではほとんど影響を受けません。

サンプル数が少ない場合には、上下の極端なデータを除いた残りの平均値を用いるのが実用的です。

例えば、サイコロ9個を振る試行を繰り返します。

確かにAもBも平均値は3.5になります。しかし、そのバラツキ(分散,Variance)はAの方が大きいです。

要するに、「ある競技種目において複数のジャッジが採点するのであればAではなくBを用いた方がより適切な順位が導ける」ということです。つまり、Bの方が採点ミスや不正に影響されにくいということです。

オリンピックの勝敗には様々な要素が影響します。オリンピックが国威や経済に大きな影響を及ぼす以上は、出場選手個人の力量に頼るだけでなく様々な政治的な手段が併用されるのが当然でありましょう。強化の為の資金投入やルールにあわせた調整は当然として、ゲリマンダー的ルール改正や脅迫や買収も有効です。不正にはリスクも伴いますが、露見する確率は十分に低いのです。

納得できる銀メダル (2010年02月26日)

トーナメントにおける銀メダルの満足度と銅メダルの満足度では後者の方がずっと高いそうです。ざっと考えても、これは納得できます。なぜならば、トーナメントにおける銀メダルは負けることで得られ、銅メダルは勝つことで得られるからです。

もし銀メダルの満足度を銅メダルの満足度よりも上にしたいのであれば、まず上位4人で準決勝2試合をし、その敗者復活戦(4位決定戦)の勝者と決勝戦(1位決定戦)の敗者とであらためて2位3位決定戦をする方法などが考えられます。< もっとも、この方式をトーナメントと呼べるか否かは別ですけど。

修理するより買い換えた方がエコい? (2010年02月26日)

旧機種を新機種に買い換えると、処分される旧機種が1台だけ増えます。また、旧機種を新機種に買い換えずに修理して使い続けると、世界のどこかで在庫処分される新機種が1台だけ増えるかも知れません。

みるけんぴんけ(仮称) (2010年02月26日)

これは、『フリンケピンケ(Flinke Pinke)』と『ミルケン(Milken)』とを合わせたようなトランプゲーム(Joker不使用)です。

まず、8〜Kまでの24枚はストック(カード置場)に表向きに置きます。A〜7までの28枚はシャッフルして均等に配ります(余りは不使用)。スートパイル(カードを積み上げる場所)4箇所を用意します。カードを配った人から手番開始。手番は時計回りです。

自分の手番に出来ることは「手札から任意の1枚を対応するスートパイルに上積みし、ストックから任意の1枚を貰う」です。

誰かの手番の最後に、いずれかのスートパイルに6枚目が出されてたならばディール終了です。ストックから貰った札と残った手札が得点になります。対応するスートパイルの最も上の札の数字が、そのスート1枚あたりの得点になります。この得点が多い順に勝ちます。得点が同じだった場合は、手番がより遅い人が勝ちます。

メタルショーギ (2010年02月24日)

最初は『どうぶつしょうぎ』みたいなゲームかなと思ったけれど、むしろ『征服王』に似ています。撃破と突破で貯まるポイントを用いて強いユニットを登場させるのは、陳腐だけど面白そうかな。

紙袋とレジ袋 (2010年02月22日)

軽いけど嵩張る荷物があったので、できるだけ大きな手提げ袋を100円ショップで買いました。しかし結局は、その紙袋を入れるためのレジ袋を使うことにしました。なんとなく不条理。

バンガードミッション2月定例会@杜のホールはしもと (2010年02月21日)

今日は橋本駅前の「杜のホールはしもと」にて、ボードゲームサークル「バンガードミッション」の月例会がありました。今回の参加者は25人でした。みなさま、おつかれさまでした。

ずっと頭脳を駆動させてたこともあり、気持ちよく疲れてます。

プレイされてたゲームは『Polarity(ポラリティ)』『Yucata(ユカタン)』『Acquire(アクワイア)』『RftG(レース・フォー・ザ・ギャラクシー)』『Dominion(ドミニオン)』『Middle Kingdum(ミドルキングダム)』『Dungeon Lord(ダンジョンロード)』『/Three-Dragon Ante(スリードラゴンアンティ)』『En Garde(アンギャルド)』『Das Kollier(宝石の首飾り)』『RummyCube(ラミーキューブ)』『Opera(オペラ)』『Sankt Petersburg(サンクトペテルブルク)』『Medici(メディチ)』『Capt'n Clever(キャプテンクレバー)』『カタンの開拓者たち(Catan)』『モノポリー(monopoly)』『Magna Crecia(マグナ・クレキア)』などなどです。いくつかは延々とプレイされてました。

よほどの実力が必要です (2010年02月20日)

「実力があれば礼節を弁えなくてもいい」と思うのは勝手ですが、必ずしも結果を示す場が与えられるとは限りません。よって、「結果を示す場が与えられるほどの実力があれば…」と考えるべきだと思います。「悪役は強い」ではなく「強いから悪役でいられる」のです。

『戦国BASARA3』に要望書だそうな (2010年02月20日)

『戦国BASARA3』(カプコン)についてハンセン病学会から「差別を招く表現はやめて欲しい」との要望が寄せられたそうです。おおまかな内容は、大谷吉継(全身包帯姿で登場)について「外見批難に対する復讐」という設定にあるようです。

しかしその要望は的を射ていないように思います。確かに、「プレイヤーのほとんどはハンセン病についてほとんど知らない」は同意します。しかし、「彼らは、大谷吉継がハンセン病を患ってたらしいことも知らない」とも思います。

この時期の新聞記事 (2010年02月20日)

「偏った記事ばかり報じられる」および「偏った記事ばかり読む」を防ぐために、新聞紙やネットニュースなどを併用しています。

さて、大きなスポーツ祭典(オリンピックやワールドカップなど)が催されている時期には、紙面の多くがそれに費やされます。

しかし、スポーツそのものはともかくスポーツ選手にはそれほど興味を抱いてません。結果的に、この時期の新聞は私にとって読みたい記事が少ないものとなります。ちと退屈なり。

高橋留美子劇場『年甲斐もなく』 (2010年02月20日)

ビッグコミックオリジナル5号に『年甲斐もなく』(高橋留美子)が掲載されました。すっかり毎年恒例です。

人間関係の形は様々です。現実の中で誰もが幸せを求めて生きています。いろんな人生があっていいと思います。このシリーズのテーマはそんなとこにあるのだろうと思います。

五輪出場者の服装の自由 (2010年02月19日)

普段の生活であのような格好をしているのは当人の自由だと思います。ただし、その格好を見て他の人がどう思うかは他の人の自由ですけど(でも、当人には従う義務はありません)。

しかし、ある程度の品格が要求される場であのような格好をするのは必ずしも当人の自由といえないと思います。なぜならば、オリンピック出場を了承した時点である程度の社会的責任も担ったとみなすべきだからです。ホテルの部屋やゲレンデでの練習中はともかく、取材を受ける可能性がある場ではその責任を果たさなければなりません。もし日本国やオリンピック関係者(マスコミは含まないし御意見番も含まない)が文句を言ったなら、当人にはそれには従う義務があると思います。

雪や来ん来♪霰や来ん来♪ (2010年02月18日)

神奈川でも雪が降り積もりつつあります。天気予報によれば、昼前まで降り続けるそうです。

子供の頃は校庭で雪合戦などしたものです(学生時代には敷地内でカマクラも作りました)。とても愉しい思い出です。

しかるに昨今では、雪合戦を禁止している学校もあるそうです。理由を想像するに、生徒の怪我や風邪を心配しているのか、文句を言ってくる保護者を恐れているのか…。

それにしても…、怪我をさせない硬さで雪玉を作るコツや気遣いは、いつどこで誰がどのように教えるべきものだろうか?

『ポメラ』の次機種に望む (2010年02月17日)

ポメラの新機種『DM5』が発表されました。ディスプレイ位置の割りきりが素敵です。

ところで私がポメラの新機種に望むものがあります。それは(表示文字数は少なくなってもいいので)2ファイル同時編集ができることです。例えば、左右の折り畳みキーボードの上側に折畳ディスプレイ(つまり横長2枚の左右連結)をつけたものなどいかがでしょ?


□□□□:□□□□
□左画面:右画面□
□左キー:右キー□
□ボード:ボード□
□□□□:□□□□

「|」… 山折り
「:」… 谷折り

「ボロは着てても心は錦」と (2010年02月17日)

今週の少年サンデーは『境界のRINNE』が休載なので、コンビニで買わずにネットカフェで読むことにしました。簡単なモーニングセットも付いて30分280円ですので、十分に割が合います(どっちかと言うと、目当てはコーンポタージュだけどさ)。

店舗に入ってみると、予想よりも利用者が多かったです。もしかしたら、彼らのうちの何人かはいわゆるネカフェ難民かも知れません。「座って半畳、寝て一畳」と考えれば、そのような生活スタイルも確かに成立します。ところで、マイホームを所有している人でも用事の無いときはずっとネカフェに居ることが可能です。しかし、ほとんど同じことをしているのに、彼らの気持ちには「前者は窮々、後者は悠々」のような違いがありましょう。

願わくば、ネカフェ難民の人たちに「ボロは着てても心は錦」と考えるだけの余裕があることを。精神が病むのを防ぐことで、明日の生活が少しでもプラスになることを。

20日(土)には『年甲斐もなく』があるけどさ (2010年02月16日)

『境界のRINNE』が2週連続で休載だと、ちと退屈です。休載中の少年サンデーは買わないから、雑誌連載中の他作品のストーリーが中断されてしまふ(苦笑) < そんなわけで、水曜か木曜にマンガ喫茶に行ってくるつもり。

この普及論は何回目?(笑) (2010年02月16日)

普及を考えているなら、「私たちと一緒に遊ぼう」で1本釣りして招待するよりも「こういう遊びがあります」と投網のごとく紹介した方がいいと思います。

それでも、実武器と同じぐらいの重量がある模造武器による剣術をいきなり流行らせるのは無理があるでしょう(用具の入手難易度や費用、保管や輸送や着替えの手間、メンバーの募集、プレイスペースの確保などはやはり大きなハードルです)。まずは重量を問わないソフトソードによるアクションゲームとして紹介するのが現実的だと思います。軽いソフトソードの場合にはゴーグルだけでどこでも誰でも遊べるルールとし、重いソフトソードの場合には相応の防具と場所を必要とするルールにするのがいいんじゃないかな。前者については、スポーツチャンバラのルールを「コート不要、突刺攻撃の限定、審判不要、礼儀作法の簡略化、怪我は自己責任」と簡易化したものぐらいでいいと思います(後者については、エアーソフト剣ではなくヘビーウレタン剣として調整したルールで宜しいかと)。< つーか、スポチャンの用具ってあまり安くないと思ふ。数千円以下で遊ぶことができるレベルにしないと、普及は難しいんじゃないかな。< トランプゲームを流行らせたいなら、カードやメンバーをセット売りしてダメなのですよ。

別のアプローチとしては、歴史コス女さんたちが集うイベントが面白いかな。リアル系の模造武器を手に持たせて、撮影用の構え方を教えましょう。次に動画を撮影する名目で、簡単な殺陣や型を教えましょう。うん。

つーか、自分の他の趣味の仲間に布教するのがてっとりはやい? < だから2本以上をまとめて買うわけだし。

いっそのこと、スポーツハリセンをちゃんとルール化(規格や規則)して小学校の体育の正式種目にしてみよう♪ そして手加減や安全性について学ばせるのさ♪ < もはや別の話題です。

バックギャモン (2010年02月16日)

自宅に7セットあった『バックギャモン』(トランク型)のうち5セットを友人らに譲渡しました。簡単で面白い2人用ゲームですので、家族や恋人や友人と遊んで欲しいです。

『バックギャモン』の元となったゲームは、7世紀にアジアを経由して日本に伝播し、『盤雙六』と呼ばれるようになりました。ルールは現在の『バックギャモン』とほぼ同じです。戦国には、ヨーロッパを経由した『バックギャモン』が再び伝来しました。当時の人は『盤雙六』と『バックギャモン』との類似性にさぞかし驚いたことだろうと想像してます(そして日本式の『盤雙六』だけが残りました)。しかし残念なことに、『盤雙六』は幕末には廃れました。現在の『バックギャモン』は明治以降に改めて外国から伝来したものです。

そんな歴史を想像しながら、サイコロを振ってみて欲しいです。< 個人的には、コマ3個ずつで遊ぶ『ハイパーギャモン』もオススメ。

なお、中世ヨーロッパでも『バックギャモン』(当時はダブリングキューブが無いルールです)は大いに流行ってました。もちろん、何度も禁止令が出されてましたけど。> 中世文化な方々

鬼の糸車 (2010年02月16日)

不具合の発表があったからといって、安全度が劇的に低下するわけじゃないです。リスクがどの程度であるかを適切に評価できない人が不適切に対応すること(小さなリスクで悲観的に対応したり大きなリスクで楽観的に対応したり)の方がずっと社会的損失が大きいです。

リスクを適切に評価することそのものがリスクを変動させるような仕組みは、ゲームとしては面白いです。< 現実的には株価などで発生しえます。

RSWソフトソードで遊んできた (2010年02月13日)

9時半、お迎え&出発。

12時頃、「袋小路(第71回例会)」の会場(THU池袋の地下集会室)に荷物を置き去ります。たぶん13時前に回収されたはず。昼食を摂る時間がなかったのでそのまま目白に直行。

13時からティンタジェルの「第9回剣術大会」に参加してきました。この大会は、実武器とほぼ同じ重量のソフトソードを用いるのが特徴です。RSWソフトソードでの対戦もフェンシング用マスクの着用もこのルールでの試合もなにもかも今日が初めてということもあり、フリースタイル部門もブロードソード&バックラー部門もダメダメな結果でした(それでも、ロングソード部門だけは準優勝できました)。慣れてくればもっとマシな結果が出せると思います。

夕食は自宅の近くで『黒鬼味噌ラーメン』を食べました。こういう寒い日には温まるものがいいです。21時に帰宅。雪がちらついてました。明日も寒くなりそうです。

みなさま、ありがとうございました。

今日は『モノポリー』で遊んでました (2010年02月07日)

今日は『モノポリー』で遊んでました。基本的には接待プレイです。3回ともうまくコントロールすることができたと思います。

『モノポリー』を1分で説明する!

『モノポリー』とは土地やお金を使ったボードゲームです。破産したプレイヤーはゲームから脱落し、全てを独占したプレイヤーが勝ちます。

自分の手番には、サイコロ2個を振って駒を進めます。土地のマスに停まったときに、そこが他の誰かの土地なら使用料をその人に支払い、誰の土地でもないなら買うことができます。鉄道や電力会社や水道会社なども同様です。他にも税金を支払ったり特殊カードを引くマスなどがあります。

ゲーム中に他のプレイヤーと交渉して、所有している地所を売買したり交換したりできます。同じ色のグループを揃えるとそこに家を建てて使用料を値上げすることができます。

破産したらゲームから脱落です。うちのルールでは2人が破産したらゲーム終了。資産が多い人から勝ちとします。

モノポリーとはそんなゲームです。

手加減しない方が面白いよ

『モノポリー』を遊ぶにあたり、「支払い猶予」や「将来に向けての約束」は認めるべきじゃないです。「支払い猶予」を認めると、貧乏な人かワーキングプア状態になって、無駄にプレイ時間が冗長になります。だから、さっさと決着つけて、また改めて遊ぶ方がずっと良いです。

初心者に1つだけアドバイスするなら?

少しぐらい不利な交換でもとにかくグループを揃えて家を建てること。オレンジやダークパープルを揃えるとすごく強いです(グリーンやイエローはあまりお客さんが来ないです)。確かに1位になれないかも知れないけど、そう簡単には負けません。

初級者に1つだけアドバイスするなら?

交渉で値段を決めるときには、「そのマスに何回ぐらい停まってくれるか?(つまりいくらの収益になるか?)」を考えるといいです。これを考えることが出来るようになると、とたんに強くなります。

日本の将来を予測するに (2010年02月03日)

いちおう日本の未来を悲観的予想している立場なので、私の将来(老後や医療や収入減など)の為に4月から節約モードに入ります。< それでも、大きな出費には予備費を充てられるけどね。

すぴーどすたっくす (2010年02月03日)

…やってみました。やはりこういうのは鈍いみたいです(苦笑)>

公僕の在り方 (2010年02月03日)

もしお役所が「苦情が少なかったので何もしなかった」と言い続けると、要望を通すためにゴネる人が出てきます。ゴネる人を出さないためにも、苦情の量で判断するのではなく総合的に優先度をちゃんと判断することが必要だと思います。私は、ちゃんと判断しない公務員は職務不履行で処罰の対象にすべきと思ってます。その職務に見合うだけの給料は支払われていると考えてます。

包含関係 (2010年02月03日)

「自分に合った仕事がない」という求職者に対して「甘えるな!」と批判する人は、「自分に合わない仕事すらない」という求職者に対してどのように言うのだろう。現実的には、「自分に合った仕事がない」と言ってる人のほとんどは「自分に合わない仕事すらない」という状況であろうのに。

555 (2010年02月03日)

蛍ではなく鮫だったのか…。知らなかった。

保護者の責任 (2010年02月03日)

子供がいない夫婦の離婚は自由でいいけど、子供がいる夫婦の離婚は認めなくてもいいと思ってます。もちろん、幼児虐待や育児放棄にはもっと重い罰則を課すべきだし、社会は育児を支援そして監督するシステムを備えるべきです(子供を生むというのはそのくらい重いことだと思ってます。)。「子供は量より質だ」と本気で考えてます。

使用量は3分の1ですから (2010年02月03日)

だから、甘さ3倍で同カロリーの甘味料を用いて元と同じぐらいの甘さにすると、カロリーは3倍ではなく3分の1になるんだってばっ! < それにしても、甘味あるいはカロリーが通常の3倍と謳う飲料ってなかなか見かけません。

身代わり (2010年02月03日)

もしも「一生面倒見てやるから犯罪の身代わりになってくれ」と言われたら、「一生面倒見てくれたら犯罪の身代わりになってあげる」と言えばいいですよ。

ポテト食い放題 (2010年02月03日)

私は「(十分に満足したという意味で)残すのがマナー」は支持しないです。味や量などをちゃんと分かっていて注文したならちゃんと食べきるのが良いマナーだと思います。もっとも私はLサイズ1袋でお腹いっぱいだろうけどっ

負担増の形 (2010年02月03日)

結局は負担増になるのだから、複雑怪奇な仕組みの負担増ではなく、分かりやすい仕組みの負担増にすべきだと思う。主権者の一人として、甘い餌に釣られることなく最終形を見据えて判断したいです。

TROY無双 (2010年02月03日)

ギリシア神話のトロイア戦争が舞台の無双シリーズ。そういえば、いつごろ発売だったっけ? < もはや何でもありなので、いつか『ドラクエ無双』や『FF無双』とかも出たりして?

誰もが「あんなのと一緒にするな」と (2010年02月03日)

日本人は、欧米の文化についてあまり区別できてないみたいです。時代も地域もチャンポンにして愉しんでいるところが見受けられます。同様に、欧米人もアジアについて時代や地域をあまり区別できていないのだろうと思ってます。

豆まき (2010年02月03日)

豆を撒くと寄ってきますよ? < 鳩ぽっぽ

イタリアは何故ヘタリアなのか!? (2010年01月31日)

今日はアカデミー音羽で「ナナメ目線の歴史雑学研究会」がありました。今回のテーマは『イタリアは何故ヘタリアなのか!?』です。発表も考察もなかなか興味深かったです。

やはり国家に対する帰属意識の低さが元凶かと…

Six of a kind (2010年01月30日)

何気なくサイコロ6個を振ったら四四四四四四が出ました。縁起が良いのか悪いのか(苦笑)

ちなみに九蓮宝燈(麻雀)は今までに1回だけ上がったことがあります。四三(花札/八八)は1回もありません。

Re:やらない善よりやる偽善 (2010年01月29日)

現実問題として、聖人君子あるいは完璧超人たり続けることはかなり難しいです。なぜならば、少しでも瑕疵があるとその称号はいとも簡単に否定されてしまうからです。だから、善者であっても偽善者であっても「自分は偽善者です」と自称することで、保険を掛けることが多いのでしょう。

偽善者を自称する人が聖人君子たろうとしているのか偽善を究めているのか。これを区別するのはかなり難しいです。

やらないよりはマシ。やらないほうがマシ。 (2010年01月28日)

このように分類すれば、分かりやすいです。

一般的に、社会にとっては「善≧偽善>不為>偽悪≧悪」の順で望ましいとされます。結果的に「ありがた迷惑」になるならば、やらないほうがマシってことです。

度を超えた過剰な親切はかえって相手の心理的負担になりえます。また、「その気持ちが嬉しい」と受け取ってもらえるならば、まったく意味がないわけじゃないです。重要なのは総合的に判断することです。場合によっては、「気持ちだけで十分です」に従うのが最適解になります。

相手の立場にたって考えることは、とても大事だと思います。< 私の場合は「相手の立場にたって考え、自分の立場にたって行動する」ですけど。はい、基本的には偽善者です♪

道標 … 単純かつ重要なアドバイス (2010年01月26日)

たいていの男は、依存女や束縛女や借金女と一緒になりたいとは思ってません。貢がせたりHするだけして適当な時期に別れようとします。体や金を目当てにしない彼氏をゲットするには、体でも金でもない魅力や能力を身につけることが必要だと思います。

マイナスでも手を打つ必要性 (2010年01月25日)

いつも言うように、対立の構図はシンプルだと思う。

結局、全体としてはどこかの部分に負担を押し付けなければならないのですから、そのどこかに対価を示す必要があります。そのためにも全体と部分との間で交渉が必要になるわけです。

ただ、あまりに部分がゴネ続けると最終的には強制執行を招きます。ゴネておいて強制執行に反対するのでは、全体からの共感を得ることはできないでしょう。だから、ほどほどのところで手を打つのがよいです。ただし、気の毒な話ですがそのほどほど(最善値)が必ずしもプラスになるとは限りません。

流石に100年は戦えなくてもいい (2010年01月25日)

空いた時間を使いながら、本棚の整理などしています。

蒐集目的などの場合を例外とすれば、発売された書籍を個人が全て買い続けたところで読みきれるものでもありません。たしかに、「どの書籍を優先して読むか」を決めるまで手元に確保しておく保険の意味はあります。しかし、いつまでも「どの書籍を優先して読むか」を決めないのであれば、結局そのほとんどは読まれることなく処分されることになります。「優先度は低い」と評価された書籍もいつか処分されることになるでしょう。

ゲームについても同様です。処理能力を大きく超えるほどの大量のゲームは、しばらく積まれた後に処分されることになります。

ご存知の通り、私のとこにもそれなりにたくさんのボードゲームやカードゲームが積まれてます。このままではその多くが死蔵されたままになるでしょう。今のところ蒐集や転売は特に目的にしていません。そこで、適当な時期に大半を処分しようと思ってます。できることならゲーム会でない場で遊んでもらいたいので、ゲームをあまり所有していない人にプレゼント(むしろ押し付け?)したいと考えてます。

少しワンダーな小さなトリップ (2010年01月22日)

ゲシュタルト崩壊とは「全体性を失って、個別のみが認識される現象」です。知ってるはずの漢字をその部首ごとにバラバラに認識してしまい「この漢字って本当にこういう構造だったっけ?」と疑心暗鬼になってしまうのも、この現象の一種です。慣れてくると、ちょっとしたコツでこの現象をいくらか制御できるようになります。

私はときどき風景をゲシュタルト崩壊させます。知っているはずの風景なのに違和感を覚えます。もともと詳しくない場所ならなおさらで、まるで旅行しているか異界に迷いこんだかのような錯覚を味わえます。これがなかなか愉しいです。

今日も帰りに、あまり詳しくない「異界」を堪能してました。具体的には、古淵から渕野辺の間で横浜線と16号の間のエリアです。普段はこのエリアにはめったに来ることありません。

歩いていると、鳥居を見かけました。どうやら稲荷神社らしいです。せっかくなので参拝しようと近づいてみると、なぜか不思議なことにその場でトリップ強制終了です。自分がいるエリアを脳内ナビで再確認してしまいました(苦笑)

この神社には「呼ばわり山」があります。「山」と言いましても実際は、人が土を積み上げた7mほどの小さな丘です。ずっと昔に相模原が広大な原野であった頃、この丘の上で篝火を焚いたり鐘や太鼓を叩いたりして、迷子になる人を導いたそうです。

どうやら、ここで迷子になるのは許されないらしいです(笑)。必然だったにせよ偶然だったにせよ、これはこれで愉しい経験でした。

エスカレート (2010年01月20日)

バランスゲームの基本は、自分の手番に(全体を崩さないように)何かを動かしたり置いたりして、次の手番の人に引き渡すというものです。だんだんとリスクが高まっていくのが特徴です。この仕組みを採用すれば、ありとあらゆるものがバランスゲームになりえます。

ブタの貯金箱 (2010年01月20日)

入場料を集める為に「ブタの貯金箱」を用いてます。この銀色のブタは3代目です。なんで「貯金箱はブタ」というイメージがあるのか調べてみました。どうやら以下の洒落が理由のようです。

イギリスに「pygg」と呼ばれる橙色の陶器があります。この陶器で作られた貯金壷は「pygg jar」と呼ばれます。「pig」を「Pygg」と洒落て、ブタの貯金箱ができた。…らしい。

ちなみに、蚊遣豚の由来は「常滑地方で、蚊遣用の土管の口を狭めたら豚に似てきた」という説と「江戸時代の蚊取り猪(燻煙で蚊を追い払う道具)の発展」という説があるそうです。

日本人の宗教観 (2010年01月20日)

私の経験則によれば、日本人の大多数は無神論者というよりもむしろ多神論者だと思います。ただ単に、固有名詞のある宗教を信仰していないだけにすぎません。

局所的な勝利条件 (2010年01月20日)

確か前回の相模原市議会選挙では3000票ぐらいがボーダーだったように憶えています。もしこれが3分割された区ごとの選挙になったら1000票ぐらいがボーダーになるわけです(どんな仕組みなのかは知らないけど)。よって前回の選挙で局所的な1000票を集めることができてたなら、次回は十分に当選が見込めるんじゃないかな?

炭酸チョコ (2010年01月20日)

炭酸飲料『チョコレート・スパークリング(Chocolate Sparkling)』(SUNTORY)を飲みました。炭酸の爽快感の後に微妙な甘さが広がります。

これをバレンタインに貰うのはちと遠慮したいです(苦笑)

納税と参政 (2010年01月20日)

東京都に税金を納めていても、神奈川県民は都議会選挙に投票できません。そして、東京都に税金を納めてなくとも、東京都民は都議会選挙に投票できます。これらの原則を崩すと、民主主義が崩壊します。< なお、崩壊させた方がいいか否かは別問題です。

萌える照手姫伝説 (2010年01月16日)

相模原の伝説の一つに「照手姫」があります。萌えキャラにすることそのものの是非はともかく、それをきっかけにこの伝説が地域住民に知られるのはとてもよいことだと思います。そんなわけで、萌えキャラ化しましょう。

マンガ喫茶で朝食を (2010年01月16日)

近所のマンガ喫茶をときどき利用しています。

料金は最初の30分は280円で延長15分毎に105円です。4時間コースや6時間コースの他に24時間コースもあります。ホテル代わりに使うには不便な場所なので、もしかしたらネカフェ難民と呼ばれる人たちが利用しているのかも知れません。この店では、ドリンクバーの他にポップコーン食べ放題があります。また、朝には無料でトーストと玉子が供されます。

30分の予定が結局45分ほど滞在しました。それでも、飲食物の分だけで元が取れてしまったような気分です。

『電脳迷路ゲーム A〜!』(タカラ) (2010年01月16日)

透明な球体の中に仕掛けられた3次元通路に沿ってボールを転がす遊具です。チェックポイントにセンサーが仕掛けられており、通過時間が測られます。レベルが低いうちは楽勝なのですが、だんだんと通路構造が難しくなります。

ボールを落とすと本当に「…あっ!(汗々」と声が出してしまいます。< ちと悔しいらしい

時代の騎士 (2010年01月16日)

将来の日本刀としてライトセーバーが実用化されたら、スポチャンこそが適切な剣術稽古になるのです(笑)。< 逆に考えれば、フォース予測がないライトセーバー戦は、スポチャンみたいなものになりえるってことです。

もはや慣れた (2010年01月14日)

「焼き芋タイヤキ」と「クリームチーズタイヤキ」を買いました。もはや「肉ごぼうタイヤキ」とか「スープタイヤキ」とか「サラダタイヤキ」とか「塩タイヤキ」とか「あんこタイヤキ」とかが発売されても、ちっとも驚けないような気がします。< 大判焼きならかなり変なのを知ってるけどさ

そこに人がいなくちゃ街は空虚な箱さ♪ (2010年01月14日)

惑星「地球」の半径は約6400kmであり、地殻は約30kmです。その地表で様々な生物が生活を営んでいます。地球が誕生したのは約46億年前であり、最初に光合成をする生物が発生したのが約32億年前で、ヒトがサルから分化したのが約600万年ないし500万年前ぐらいです。

地球と呼ばれている惑星にとっては、大気組成が数%ほど変化しようが、平均気温が数K(ケルビン)ほど変化しようが、氷河期になろうが間氷河期になろうが、生物種が発生しようが滅亡しようが、どうでもいいことです。そんなことは優しくも厳しくもありません。地球は、数億年後も太陽を廻っていることでしょう。

ただ、大気の変化はそこに居住する知的生命体にとっては大きな問題になります。現在に進行しつつある変化は、ヒトにとってあまり優しくないものです。だから、「ヒトにとって優しい地球」を維持するために「地球にとって優しい」という表現が多用されるわけです。中には「地球の為にはヒトがいなくなるのが良い」と言う人すらいます。しかし、この表現は大きな矛盾を抱えてます。なぜならば、ヒトが存在しなければ「ヒトに優しい地球」も存在しえないからです。

私は「多数のヒトが生存する地球の為に少数のヒトを犠牲にする」は支持するかも知れませんが「地球の為に全てのヒトを犠牲にする」はまったく支持しません。むしろ、多数のヒトを救うために「全てのヒトを犠牲する人」を犠牲にする考えすらあります。

そういうこと (2010年01月13日)

無理して他のモノを好きになることもないけど、好きになれるモノがあったなら無理せず好きになればいいと思う。

寒い地域こそ過剰暖房しがちな理由 (2010年01月12日)

私が住んでいる地域でも初雪を観測しました。外気温はおよそ3℃でした。

さて、十分に断熱された部屋において0℃の室温を25℃まで暖めるのに必要な熱量と30℃まで暖めるのに必要な熱量とを比べると、ほぼ2割増です。もし2割以上の快適さを得られるのであれば、多くの人は30℃まで暖めようとします。ベースの室温が20℃であるならば10割増に、ベースの室温がマイナス20℃であるならば約1割増になります。

これが、寒い地域であるほど過剰暖房になりがちな理由の一つだろうと思います。

ブラックホール@都産貿 (2010年01月10日)

今日は、浜松町の都産貿でミリタリーイベント「ブラックホール」にお邪魔してきました。でも、近代の軍装品にはあまり興味ないので特に何を買うということもなく、ずっと「武器屋」の店番してました。「味噌ういろう」や「桜海老はんぺん」など頂きました。ありがとうでした。

思うことあったので、客数や参加費やブース費やフロアー使用料などを推定してみました。ブラックホールが再び活気を取り戻すには、1フロアー体制にしていったん縮小することが有効だと思います。そうすることで、各ブースも狭くなり持ち込みと売り上げとの比率も改善されます(持ち込み内容も適切に選択されるでしょう)。一般入場料も安くなるので、集客力と購買力がいくらか改善します。ただ、縮小した直後は主催者の収入が減るだろうので、分かっていてもできない状態なのだろうと思います。

『ばばぬき(オールドメイド)』処理 (2010年01月09日)

手番は時計周りです。さて、正しい処理はいずれ?

戦術と戦略についての頭の体操 (2010年01月09日)

最初にそれぞれコイン1枚を持っています。自分の手番には、手持ちコインの枚数だけ、バンク(銀行)からコインあるいはチップを貰えます。混同して貰うことも可能です。ただし、バンクにはチップがX枚しかありません。チップをたくさん集めた人が勝ちます。もし同じ点数なら、より後の手番のプレイヤーが勝ちます。

さて、「X=9;n=2;」の場合に先手の必勝法は?

麻婆蕃茄(まーぼーとめぃと) (2010年01月09日)

ナスとトマトとは仲間ですので、たぶん麻婆トマトもそれなりに食べられるものになると思います。ピザでもカレーでもトマトと挽肉とトウガラシの組み合わせは良いのです。類推するに、麻婆トマトにチーズの組み合わせも美味しいかも知れません。

一方的な譲歩はよろしくない (2010年01月09日)

「やらないよりはマシ」とばかりに不平等な決定をなしてしまうと結果的に「やらないほうがマシ」だったとなることがあります。また、一方的な譲歩は、相手にとって相互譲歩の理由にはならずその優位を維持する誘引になります。

極論になりますが、核不拡散条約や京都議定書があるがゆえに新しい枠組みを決めることに反対する国家が発生するのです。

逆に言えば、相手の足元をみて相手に一方的に譲歩させてしまえば、その枠組みを維持することで一方的に利益を受け続けることが出来ます。

例えば、低賃金で労働者を雇用する枠組みを作ってしまえば(その枠組みを変化させるのは難しいので)労働者にワーキングプア状態を強いることが出来ます。

これぞ七草 (2010年01月07日)

芹 薺 御形 繁縷 仏座 菘 蘿蔔 これぞ七草♪

七草のお吸い物にしました。

知らない街を歩いてみたい♪ ただし、近くでもいいです♪ (2010年01月06日)

午後はヒマだったので市内を「ぶらり旅」してみました。あちこち寄ったので、だいたい10kmぐらい歩いた計算になります(活動量計の表示は16000歩ぐらいでした)。

初めて通る道は、ちょっとした旅行気分です。いつもバスで通る道も、のんびり歩けばさまざまな発見があります。「知らない街を歩いてみたい♪」と口ずさみながら、旅行気分を味わってました。

けっこう効率的な気分転換になります。

これがドイツ参謀本部なら… (2010年01月04日)

中高生の一部は、そろそろ冬休みの宿題に追われているんじゃないかな?

いつだったか、どのような宿題が出されているのかを尋ねたことがあります。すると、宿題の一部は「質より量」というべきものでした。出題した先生はそれなりに熱心なのかも知れませんが、あまり効果的ではないように思います。

なにが大事なのか、ちゃんと評価して欲しいです。

「右往左往」を「おーさを」と読む日 (2010年01月04日)

今日は、橋本〜須田町〜秋葉原〜水道橋〜新宿〜町田と移動しました。微妙にタイトなスケジュールだったかな?

いろいろありがとうでした。> お会いした方々

独りでは遊ばせないよ (2010年01月03日)

お年玉として『DSi LL』(任天堂)を用意しました。よく集団で遊ぶ小動物たちの保護者たちで示しあわせて買い与えることになったのです。たまっていたヨドバシのポイントが一挙に飛んでいきました。< いや、私が全額を負担したわけじゃないけどさ

基本的に、独りで遊ぶソフトは与えません。

寒かったけど暖かかった日 (2010年01月02日)

いつかまた一揆が… (2010年01月02日)

現代の日本は確かに平和で治安も良いです。しかし、それは「衣食足りて礼節を知る」状態が成立していたからだと思います。したがって、貧困層の増加によって治安は悪化するだろうと考えてます。その悪化は、大勢が予想している以上のモラルハザードになるでしょう。

日本でも暴動や略奪が発生しない保証はどこにもありません。歴史的には、一揆だって打ち壊しだって米騒動だって発生しています。「こうするより他にしょうがない」と覚悟を決めた人々を言葉だけで説得するのは、ほとんど不可能でしょう。

警察は暴動鎮圧に慣れていないであろう上に人権意識が高すぎなので、いったん閾値を超えたら(つまり警察力が飽和するなら)暴動や略奪は連鎖するだろうと予想しています。そんなことになったら、社会の被る被害は甚大なものになります。

日本においては、富裕層を増やす政策よりも貧困層を減らす政策の方が大事だと思ってます。この意味で、一時的な救済で貧困を確定させてしまう政策に反対しています。

新年を祝うこと (2010年01月01日)

あけましておめでとうございます。

新年を祝うことができるのは、私たちが知的生命体である証拠だと思ってます(海や空や大地にとっては、元日であろうとその他の日々であろうと何の違いもありません)。私は人類の1人として、これからも文化を発展させ伝承させたいと考えてます。

今年も宜しくお願い致します。