チャカレチャカノの事情

趣味の世界だからといって、男女の出会いが無いわけでもない。男女が仲良くなること自体は別に悪いことではないし、やがて親しくなることだってあるだろう。実際に、幸せな結婚生活をおくっているカップルだって存在している。

ネット恋愛について思うことをここに記します。ときどき追記してます

あからさまなのは控えてね

チャ彼チャかのとは、要するにチャットにおける恋人のことを言う。レス彼やメル彼やネット彼氏はその類義語だ。

たまに勘違いしている人がいる。最初からネット恋人を獲得することを目的にしてチャットに来てあからさまにその言動をする人のことだ。一般のサイトのコミュニケーションスペースはそのような目的のために提供されているわけではない。それに、チャカレチャカノの関係になったから仲良くなるのではなく仲良くなったからチャカレチャカノの関係になるのだよ。だから、チャ彼募集やチャかの募集より先に、チャ友募集がなされるべきである。

結果的にネット恋人の関係になるのは、もちろん構わない。

誰が誰に恋してる?

個人情報秘匿が推奨されているコミュケーションスペースの場合は(いわゆる出会い系サイトなどの場合と異なり)、ネットを通じてのみの付き合いになる。実際にオフラインで出会うことを想定していないので、本体とハンドルとの人格を使い分けている人も少なくない。例えば、本体とは別の性別や年齢や性格などの設定を用いている人もいる。

aがAというハンドルを用い、bがBというハンドルを用いているとき、AとBとが仲良くなりチャカレチャカノの関係になったとしよう。このとき、aはbに恋しているのではなくAを通じてBに恋し、bはaに恋しているのではなくBを通じてAに恋していることがある。

実際にオフラインで会うことが無いからとはいえ、面白いことだ。

チャ友との違い

オフラインなどで実際に会うつもりがないならば、チャット恋人もチャット友達も実態として大差ない。せいぜい、ラヴラブな会話を楽しめることと、ネット恋人がいるという満足感を得ることと、他の異性と仲良くしづらくなることが違うぐらいだ。

チャット恋人の関係は、人間関係の練習にもなるので、あながち否定すべきことでもない。

遊びか本気か

片方がゲーム感覚のつもりでいて、もう片方が本気になっているようなカップルも少なくない。こういうのは悲劇的破局が容易に予想できる。遊びのつもりの方は飽きれば次の彼女を探すだろうし、あるいは本気になっている彼女から逃げようとするかも知れない。

気の毒ではあるか、私が口を差し挟むようなものでもない。

申し込み

出会い系じゃあるまいし、いきなり「チャ彼になって」「チャカノになって」は無いだろう。まずは、チャ友になって仲良くなってから申し込むべきものだ。

重要なことだが、仲良くなった相手に対して申し込むことは、見知らぬ相手に申し込むことよりも、ずっと勇気がいることだ!。そして、チャ彼チャカノの関係になったとて今までと対して変わらない会話が容易に予想されるので、申し込みはますますメリットが無い。今までチャ友として仲良く話していた異性と、チャットHできるかな?(笑)

出会いは多いが仲良くなるのは難しい

ネット内(オフ会も含む)とネット外とを明確に分離させている人は少なくない。ハンドルネームと本名とは別の人格であると言う思想である。このような感覚の人にネット上で知り合った人がオフラインのアプローチをしたところで、相手(の本体)は戸惑うだけだろう。

本体同士が仲良くなりたいのであるならば、まず最初に、相手をよく知ることが必要だ。自分自身の勝手な思いこみはいけない。綺麗なハンドルネームだからといって本体まで綺麗だとは限らない。年齢だって本当か否か分からないし、性別だってそうだ。

そして、「ネットはあくまで一般社会におけるメディアの一つに過ぎなく、ハンドルは必ずしも別人格を表すものではない」と理解してもらうことだ。もちろん、押しつけてはいけないし、相手の思想を否定すべきでもない。自分自身も正直にしているべきだろう。オフ会やメール交換などを通じて、徐々に仲良くなっていくことだ。あせってはいけない。

そして非常に重要なことだが…ハンドルの自分も本名の自分もともに魅力的な人物に磨いておくことだ!。ハンドルの自分を魅力的にしなければオフ会やメール交換も機会は無いだろうし、本名の自分を魅力的にしなければそれ以上の進展は無いのだ。

ネットでは、ハンドルでの出会いは多いが、本体が仲良くなるのは難しい。肝に銘じておくのだな。

恋と愛との相違点

恋も愛もどちらも好きであることに違いはない。ただ、その対象が少し異なっているようだ。は「相手の良い部分」に対して好き、は「良い部分も悪い部分も含めた相手」に対して好く。「恋は盲目」とはよく言ったものだ。愛は醒めにくく恋は醒めやすいのはそういうわけだろう。

ちなみに私の場合は、愛されるのは嬉しいが、恋されるのは面倒くさい

浅く広く(重要!)

恋愛経験が少ない少年少女たちには「浅く広い交際」を推奨しています(同時につきあうのは一人までね)。一人の異性と深く付き合うのではなく、さまざまな異性と浅く付き合いながら、異性を見る目を養います。そして、十分に異性を評価することができるようになってから、深く付き合う異性を選ぶのです。さもなければ、つまらない異性と付き合って貴重な青春を無駄遣いしてしまうかもしれませんよ。

欲しいのは意見か共感か

チャットにおいて悩みを訴えたり泣いたりする女の子(主に中高生)のほとんどは、意見を聞きたいというよりも単に話を聞いて欲しいだけか慰めて欲しいだけのようだ。

だから、「泣いたらダメだよ」のような意見よりも、「大変だったね」のような共感の言葉の方が、コミュニケーションとしては上手くゆく。テクニック的には、適当に慰めの言葉に「(撫」「(覗」「(Kiss」「(抱」を付加するだけで相手は安心感を得るといってもいい(男子諸君は、定型の慰めの言葉を辞書登録しておくと宜しい)。

そして、女の子はそれら共感の言葉を気に入った男の子から引き出すために、同じような行動を繰り返すことさえある。この繰り返しは、女の子なりのコミュニケーションのテクニックのようだ。そもそも、相手が気に入ってる異性かどうかで相談の仕方が違うだろ。意見が欲しいか共感が欲しいかは文章でおおよそ推定がつくさ。

「(撫」などが付加された共感の言葉は、コミュニケーションにおいて有用だが、いろいろ困った側面もある。簡単にそしてますます惚れられてしまうのだ。そりゃそうだろう。チャット相手というものは、(現実と比較して)気軽に惚れることも告ることも付き合うことも別れることも簡単にできる存在だ。しかも、現実の男の子と違って、すぐに抱っこしてくれるしキスもしてくれる(女の子がどんな妄想してるのか想像すると宜しい)。

子供の恋愛ごっこ(恋愛の練習)としてはそれなりに有用なので、チャットでそういう会話を見かけても別にどうこう言うほどのものでもない。もっとも、現実の世界で女の子から相談されたときに、男の子が照れずにチャットと同じように行動できるかどうかは大いに興味あるところだが(ついでに、恋愛ゲームや18禁ゲームと同じように行動できるかどうかも同様に興味あり)。

私は、その程度の言葉で惚れられたくないな(笑)

夕べの恋も朝には覚める

命を捧げるほど好きな相手との交際でも、3年後に続いているものだろうか?。現実での交際ならともかく、ネット恋愛ではこれは非常に難しいことだ。

もちろん、花が枯れるからといって花が嫌いなわけでもない。いつかは枯れると知っていても、「命を捧げる」と本気で思っている人を私は気に入っている。同様に、自分も相手を好きでいる間は情熱あふれる人であり続けたい。いつの日か関係が自然消滅したとしても、相手に対して「ありがとう」と自信を持って言えるだろう。

ネット恋人の問題ふたたび(何回目?)

「テレクラで偽名を使って電話でナンパするのが浮気でない」とでも?

「ネットでHNを使ってチャットでナンパするのが浮気でない」とでも?

ハンドルネーム交換

「ハンドルネームを交換してチャットする」はどのような効果があるのか非常に興味深い。特に恋人同士がそれをやると、どうなるだろう?。チャットエッチの場合はもっとすごくなるだろうか?

相談に答えてみた

インターネットや携帯電話が普及していなかった頃は、とうぜん遠距離恋愛なんてものはほとんどありませんでした。あったとしてもそのほとんどは、実際に会いに行けるだけの経済力を持った人たちだけのものでした。遠距離デートの帰りの特急は「シンデレラエクスプレス」とも呼ばれてました。

ネットや携帯が普及したがゆえにネット恋愛が可能になった、とも言えるでしょう。

私は、ネット恋愛(オンライン限定)とリアル恋愛(オフライン併用)はあまり区別してません。それは恋愛の手段が違っているだけにすぎないと考えているからです。ただ、ネット限定の恋愛とリアル併用の恋愛とでは交際コストが圧倒的に違います(経済的なものだけでなく個人の生活への負担なども)。この点が限定解除を難しくしているのかも知れません。きっと、実際に会うという行為に踏み出すには、それなりに覚悟がいることなのでしょうね。

私のばあい?

私は、恋する少女を邪険にするのでも弄ぶのでもなく、ひとりの人間として真面目に扱うことにしています。そして、いつか少女が大人になったときに笑って思い出せるような、憧れが後悔に終わらないような、そんな経験を贈りたいと考えています。

でも、私に恋しているうちは友達どまりです。誰かを愛することができるようになったら、また戻ってらっしゃい。

真理?

私が好きな人は私を好きとは限らず、私を好きな人は私が好きとは限らない。そして、好き合うことと付き合うこととは必ずしも同一ではない。

優しさと媚び

優しさ(相手を想う故の行動)と媚び(相手に気に入られる為の行動)とは異なります。相手の言動がいずれによるものかを常に見極めることが重要です。考えても見て下さい。知りあったばかりの相手から「愛してる」と言われたとして、相手は貴方のどこを気に入ったと言うのでしょう?

段階

見栄や寂しさで、好きでもない誰かと恋人関係になろうとするのは、恋でも愛でもありません。恋人関係になるのは相手のどこかを好きになってからにすべきです。それまでは友達関係に留めておくべきです。

釣り技術

よりを戻すことを予定して「理由の薄い別れ話」を持ち出すのは、相手を自分に夢中にさせる釣り技術の一つです(別れづらくさせる効果もあり)。ネット恋愛のように話題が少ない場合などにはこれを名目にしてやりとりを増やすことさえあります。故意にせよ偶然にせよ、そういうことがたまに起こってます。駆け引きと知って愉しむ分にはいいけど、知らないウブは釣り針を喉奥まで飲み込んでしまうだけです。

「仲良きことは良きこと」は無理ない場合に限ります

世の中には無責任にも「別れないことが良いこと」と信じている人がいます。それが貴重な青春を無駄遣いさせたり事態を泥沼化させたりストーカーを育てたりする原因になることもあるのに。

言っても無駄なこともある

根拠なく相手を好いている人には、部外者が何を言っても通じません(存在しない根拠は崩しようがないのだ)。そして、その人が自分で気付かなければ、今後も同じことが繰り返されます。

温かく見守りましょう。

約束との相違点

幻想や期待はあなたを裏切らない。ただ、外れることがあるだけです。

交流管理について

交流の場を提供し運営する者にとって、その参加者同士の個人的な交流におけるトラブルはそれなりに頭の痛いことだ。これは恋愛に限った話ではない。

さて、トラブルが「場」に迷惑をかけている場合(これは「場の参加者」に迷惑を掛けている場合とは必ずしも一致しない)には、運営者はトラブルに対し介入する権利を持つだけでなく、介入すべき義務もしばしば負う(いわゆる管理責任というものだ)。しかし逆に言えば、「場」以外におけるトラブルに対しては、運営者は必ずしも介入する権利も義務も持っていない。

しかし実際問題として、運営者は唯一の介入可能な者であることが多く、内外から「介入して欲しい」だけでなく「介入すべきだ」という意見までもが不合理にも寄せられる(当事者がそれを望むこともあるし、運営者自身がそう考えることもある)。つまり、運営者には介入する権利がない状態であるにも関わらず介入の要請が寄せられることがあるのだ。経験的には、運営者はその要請を名目にしてトラブルに介入せざるを得ないことが多い(拒否すると「場」に被害が及ぶ可能性が高いからだ)。場合によっては、「周囲の要請に応えないことによるリスク」と「当事者からの恨みを買うリスク」とを天秤に掛けなければならなくもなる。

個人的な友人あるいは知人として介入する場合は、また別問題。

男はタフでなければ…

チャンドラーの小説を読んだことありますか?。その中でマーロウが「男はタフでなければ生きていけない、優しくなければ生きている資格が無い」と言ってます。

女の子の事情を察して笑いながら距離を置くのも一つの形です。恋愛感情を持つことと恋愛感情を表すことは別なのです。男の子は優しさを実現できるだけのタフさを備えてなければなりません。

トラウマ持ちの彼女と付き合うなら

なんだい?、しけた顔してるな。ああ、あの子とのことか…。

…前にも言っただろ。

トラウマ持ちの女の子と付き合うならば、何年もずっとお預けを喰らうことを承知してからにした方がいい。相手に辛い思いをさせたくないという気持ちが君の欲望よりも強くなければ、やがて君に不満が貯まる。そして,不満が貯まった君の姿は(それを隠していたとしても)彼女さんを悲しませてしまう。でも、気持ちが欲望よりも強いなら、いつか彼女さんも君を受け入れてくれるさ。

別に、欲望を押さえるばかりが愛の形ではないけど、そういう形の愛もあるのだよ。少しでも無理があるなら、さっさと別れたほうが双方のためだね。

いっそのこと、その彼女さんにこう言ったら?。「君が望むなら、君が全ての悪夢を思い出せなくなるまで、頭のてっぺんから足のつま先まで愛してあげる。なにかあったときでも僕のことしか思い浮かばなくなるまで、君の心と体に入り込んであげる。君が身篭ったら堕ろさせない。ぜったいに産んでもらう。そして一緒に育てよう」。ただし、その言葉には責任を持つこと。本当に避妊具なしでやること。

トラウマの上書きともいえる方法です。もちろん自己責任で

二人が無理なく付き合う為に…

しばしば「恋人関係が婚約関係になるととたんに倹約になる」と言われます。要するに、相手の気を引き続けるための見栄や恰好付けなどをしないで済む関係になれば普通に倹約するようになるということです。

人間関係は無理してその距離(近距離であろうと遠距離であろうと)を維持するようなものでもありません。実際に、付き合い続けることに無理が多いのであれば、その関係は長続きしません。いつまでも無理し続けなければならない関係は、もともと見込みのない縁なのです。

だからこそ、どのように付き合っていくのかを、できるだけ早い段階で二人で話し合うべきなのです(婚約うんたらはそれより後のことです)。努力してなお無理ならさっさと別れるべきです。さもないと、学ぶことも少ないまま時間を浪費することになりかねません。

もっとも、それを話し合うことができる関係になるまでがそれなりに難しいのですが…(笑)

破局工作用テンプレート

気の毒だけど、君は愛されてないよ。君は彼のオモチャでしかない。彼氏さんはそれを否定するだろうし、「愛してる。ごめん」と言うさ。でも、それは「愛してる」と本気で誤解し思い込んでるだけ。彼が望んでいるのは「彼女を持っている状態の自分」さ。そして、君は彼の「ご機嫌取り(媚び)」を「愛情表現(優しさ)」だと勘違いしてた。そう考えれば納得いくでしょ?

別れることを強くおすすめするよ

まったく予想していない彼氏さんは、謝るだろうし「別れたくない。これからは大事にする」と駄々をこねるでしょう。そりゃそうさ。自分のオモチャなんですから。「彼女持ちという状態の自分」を失いたくないでしょうから。それに、時間稼ぎをすれば、君が他の男と知り合うこともなくずっと自分のものになるでしょうから。

もし、そのご機嫌取り工作がうまく行かなかったら、逆恨みする可能性が高いよ(もし君がその悲劇を容易に想像できるなら、間違いなく君は愛されていない)。もし他の女性を得る自信がない男性なら、君と別れないために暴力でも脅迫でもストーカーでも何でもやりかねない。

それに、別れるのは彼氏さんの為でもある。早めに別れないと、彼氏さんも新しい選択肢を得られないだろうからね。

二人とも他の選択肢を得る時間はそれほど多くない。そして、選択「この選択肢しかない」となる日はもう近い。そんなわけで、少しだけあせったほうがいいと思う。

アドバイスはした。もし君が必要なら、ストーカーされにくい別れ方のアドバイスもできる。決めるのは君だ。

それは愛情じゃなくて嫉妬だよ

自分の彼女が他の男と話すのを禁じるのは愛情なんかじゃない。自信がないから嫉妬してるだけさ。

男友達の一人もいない女はあまり魅力的でないとすら私は思ってます。たくさんの男友達を見たうえで自分を選んで欲しいですな。

大事なこと

大事なのは「その人が誰を好きか?」よりも「自分が誰を好きか?」ですよ。

すれ違いの構図その1

女「悩んでる。どうしたらいい?」

男「愛しているよ(なでなで」

すれ違いの構図その2

女「だって〜〜でしょ。違う?」

男「…分ったよ。何が欲しい?」

チャットで調教しやすい仕組み 20070811

「なりきりチャットのプレイヤーにMな子が多い理由」を考察しました。

肉体的には抵抗できるけど心理的に抵抗できない状態で相手の責めを受け入れてしまうと、それを受け入れてしまった自分を納得させるために自分はMだと思い込む逃避行動が発生します。

そして、チャットにおいてはロール描写によって「抵抗できなかったという結果」を簡単に発生させることが出来ます(なりチャならなおさら簡単です)。ちなみにリアルにおける「言葉責め」も同様です。

そして未熟なプレイヤーは、ハンドルネームの人格(なりチャにおいては担当キャラ)はなく、錯覚して自分自身を納得させてしまいます

いったん自分を納得させてしまうと、あとは相手のコントロールになされるがままです。ハンドルやキャラクターではなく本体プレイヤーが相手の責めを受け入れてしまうので、今度は錯覚による納得ではなく本当に調教された状態になってしまいます。

チャットナンパの展開例を紹介しましょう。なりチャで出会い、そのロール回しによって、相手の本体を心理的にMにし、相手の本体を自分だけに従うよう調教します。本体の悩み事を相談させるように誘導し、それに優しく応えてあげるのです。画像送信させる練習をさせて、顔写真あるいは性器写真を送らせます。そうすれば、あとはリアルで会って食うだけです。場合によっては、本体の個人情報を相手に教えないまま食い逃げすることもあります。

調教された女の子が、自分が「調教済み状態」にあると自分で気が付くことがあります(自分がそうであるかどうか考えてみてください)。でも、けっして手遅れではありません

対応方法はケースバイケースですので、信頼できる大人に相談して下さい(この文書を読んだ人の相談は私が受け付けます!)。難しいかもしれませんが、「もう私は完全なMなんだ」という暗示や「他の人に相談せず、御主人様だけに相談しなさい」という指示を乗り越えて下さい。

チャットで女漁りや浮気

ネットは、別世界ではなく、私たちが現に住んでいるこの世界の一部です。だから、ネットから始まる交際や恋愛があってもいいと思っています。単に、最初に出会った場所がネットかそうでないかの違いだけでしかありません。

チャットHだってメールHだってリアルHだって別にかまわないと思っている。交際のあり方は当人たちの問題であって、他人が口をさしはさむべきことじゃない(ここらへんは、他のサイトの管理人さんたちと意見が違ってます)。

ただし、判断力に未熟な子供を誘引することなどは犯罪だと思っています(ネットは現実世界の一部だからね)。例えば、中学生に対するエロ写メの要求などは十分に反社会的行為です。相手の自称する年齢が真実であるか否か確認できないなら、手を出すべきではないでしょう。

また、相手のエロ写メを持っている状態で相手に更なる要求(例えば更なる交際の要求)をするのは、場合によって犯罪にもなりえます。

そして、いやがる女性にHを強要するのも同様です(セクハラよりずっとひどいのです)。ただし、チャットHやテレホンHは相手が逃げることができるので、既遂罪ではなく未遂罪になることが多いです。強制猥褻しようとして失敗しても無罪にはならんのだよ。

私たちが住んでいる文化圏においては、浮気や女漁りは信義に反する行為として扱われ、社会的制裁の対象です。

それらはハンドルネームを使っていても成立します。なんせ、ネットは現実社会の一部ですから。例えば、「テレクラで偽名を使って女を漁り、テレホンセックスあるいはリアルHする」と「チャットでハンドルネームを使って女を漁り、チャットHあるいはリアルHする」との相違点を考えれば分かりやすいと思います(ちなみにエロ写メはリアルHの一部に分類されると思う)。

同時に何人をも好きになって構わないが、性愛的な意味で付き合うのは同時に一人までにすべきだね。要するに、一晩であろうと他の女とH(チャットHもテレホンセックスもリアルHも含む)するなら今の女と別れてからにすべきだってことです。

使い分けできない子供が真似するよ 20070831

自分がキャラクターとプレイヤーとを使い分けることができても、使い分けできない子供がその言動を真似してしまうことがあります。キャラクターとして口説きまくっても、それを模倣してしまう少年がいることは常に忘れないで欲しいです。

ARAI Satoshi