水曜会@YS町田

水曜日しか休みが取れないという小松さんが、6月30日(水)夜にイエローサブマリン町田店のデュエルスペースでゲーム会を催しました。

あらすじ

夕方17時にイエローサブマリン町田店に到着しました。ちょうど入店しようとしたところで小松さんに会いました。YSメンバーの登録を済ませてデュエルスペースへ。高校生ぐらいの男の子たちがTCCをやってました。

二人で『Galaxy(ギャラクシー)』や『RoyalCassino(ロイヤルカシノ)』などしていると、タコさん、とみさん、E藤さん、Nariさんが到着し、その後21時頃までずっとゲームでした。

プレイ報告

プレイしたゲームは以下の通り。小松さんと新井は全てに参加しました。

『Galaxy(ギャラクシー)』

最初は軽く、『Chief Herman's Holiday Fun Pack』(Cheapass社)の中から『Galaxy(ギャラクシー)』をプレイ。交互に星系を掌握してより多くの得点をとるのが目的です。1回のゲームに5分ほどしか掛からないお手軽なボードゲームです。

1回目はインストを兼ねてプレイし、小松(13点)、新井(18点)でした。2回目は、できるだけ相手に得点を与えないようなプレイで、小松(10点)、新井(13点)でした。

小松「また20!」 < 初期配置の星を決めるダイス

トランプゲーム『Royal Cassino(ロイヤルカシノ)』

小松さんのおすすめトランプゲーム『ロイヤルカシノ』を教わりました。手札を使って場札を取るゲームです。大まかに言うと、ダイヤ2やスペード10やAやスペードなどをより多く取ると得点になります。21点先取で勝ちになります。真面目にカウンティングしながらプレイしたので圧倒的勝利しました。

新井「卓上打算機の二つ名はダテじゃないですよ?

『Crazy Derby (クレイジーダービー)』

タコさんが到着し、3人で『クレイジーダービー』です。これは『トレンディ』のリメイクで、亀や象や犬やラクダなどの動物レースが題材になっています。

1回目のプレイでは、小松62点。新井54点。タコ33点。

2回目のプレイでは、小松52点。タコ49点。新井30点。

『BASARI (バザリ)』

プレイ風景

更にE藤さんが来たので4人で『バザリ』です。市場を模した絵スゴロクです。移動するたびに、宝石か点数か追加移動を希望することができます。もし2人が同じモノを希望した場合は宝石を用いた交渉で優先権を争います。3人以上の場合はキャンセルになります。

3人キャンセルが続き、タコさんが一挙に有利になる展開でした。

『Temptation (テンプテーション)』

プレイ風景

小松さん、タコさん、E藤さん、Nariさん、新井の5人プレイです。『ギャンブラー』のリメイクで、サイコロをゴロゴロと振ってボードに示された役を作っていくゲームです。マイナスの役の処理の仕方にプレイヤーの性格がよく表れます。

結果は、E藤(400)、タコ(270)、Nari(220)、小松(160)、新井(150)でした。

E藤「失うものは何も無い♪」 < このゲームでは所持点がマイナスになることは無いのです。

『Saboteur (お邪魔者)』

さらに、とみさんを交えて『お邪魔者』をプレイ。ドワーフとなって金鉱を掘っていくゲームです。6人プレイの場合はそのうちの2人がお邪魔者になります。

1ラウンド目はE藤さんと新井がお邪魔者。2ラウンド目はNariさんと小松さんがお邪魔者。3ラウンド目は閉店時刻のため省略。

新井「私は自称・良いドワーフです。クレタ人は嘘を吐きません」。

E藤「なんでドワーフが暗闇で見えないのだ?」< 多くのファンタジーゲームにおいてドワーフはインフラビジョンを備えているのです。

その他

ところで、『中原の征服者(特典カード無し)』が300円で売られていたのは何かの罠でしょうか?

新井「じゃ、4時間後には報告を私のWWWサイトにアップしておくよ」。< 2時間後にアップしました。

リンクなど

Satoshi ARAI ( arai@rumic.gr.jp )